« 初イベント無事終了。 | メイン | 凄くいい一日。 »

2007年06月05日

●物凄いコストパフォーマンス。

agem-at-br-1.jpg
これが問題の時計。

さて、ワタクシは地味に時計が好きだったりします。
基本ファッションアイテムには何の興味も持たないですし、ブランドに関心も無いのですが
時計だけには意識が行くのは、やはりメカヲタの習性でしょうか?(苦笑)

別にロレックスフランク・ミュラーなどの高額時計が欲しい訳ではないので、
基本的に僕のウォッチケースには矢鱈とスウォッチグループの時計が多いです。
ロンジンとかハミルトンとかスウォッチそのものとか。
(…とか云いながら、ブレゲブランパンは持ってない。)
ただ、機能デザインの美しい時計に心惹かれるという特徴はありますかねぇ。
出自が全く分からない両面スケルトンの機械式なども転がってます。アハハ。

んで、昨夜も楽天市場を彷徨っておりましたところ、凄い時計が出てきました。
なんと!

・ハートビート(一見トゥールビヨン風)
・レトログラード(カレンダー)
・パワーリザーブ
・シースルーバック

※用語についてはこちらで解説されております。

…で、3,333円!(税込・送料除く)
なんじゃこの時計は?
どうも中国製のようですが、しかしこれで商売になるってんだからすげーや。
本来、パワリザやレトログラードって、なんじゅうまんえん!もする高い時計にしか付かないでしょう。
結構な複雑時計なんですよねぇ。。。

但しトノー型のケースは死ぬほどデカいようです。
僕が持っている時計の中で最大のものよりも更に一回りデカイ。
複雑機構を小さくまとめるのは流石に無理なんでしょうね。

他の写真を見ると、どうも文字盤にはギョーシエ彫りもあるようで、いよいよ凄いな、と。
しかし、しかしですよ。
ここまで頑張っておきながら、ケースとベルトの安っぽさだけはどうにかならなかったのか?
これ、ケースをサンド仕上げとかにして、ベルトをまともなカーフベルトにすれば、
それだけで10,000円級には価格を押し上げられただろうに。

どうも東シナ海の向こうの人達の考えが判りません。
美意識とかが違うのかな。うーむ。

とにかく、この時計は非常に興味をそそられました。
騙されたと思って買ってみます。
レポートはおいおい。

【本日のおまけ】
ブランパンの本物のトゥールビヨン。これが付いてるだけで23,520,000円