« 「脳内メーカー」って知ってる? | メイン | 6月が終わりますね。 »

2007年06月29日

●【速報】デジラジ終焉の嚆矢?

そろそろ寝るか、と思っていたら
LunascapeのRSSティッカーに衝撃のニュースが。

デジタルラジオ、’11年以降に現行機で受信できない恐れAV Watch

実はこの情報は、早くからキャッチしていた。
総務省のVHF帯域の周波数割り当てプランが当初の計画とは変わりそうだということ。
結果、前日の情報通信審議会情報通信技術分科会の答申は予想通りで
デジタルラジオの割り当て周波数は大幅に変更になった。

DRPは、今後総務省や関係機関・メーカーと協議し新しい帯域での本放送を目指すと
しているが、僕は今回の事態はデジタルラジオ終焉の嚆矢になるのではと踏んでいる。
もうちょっと正確な言い方に修正すると、「3セグデジタルラジオの終焉」。
この中核を担ってきた某社は、これを機に撤退戦に突入する気がするのだ。

これまで業界においてほぼ孤軍奮闘の状態で戦ってきた某社は、これまで協同していた
業界外部の超巨大企業との関係を破綻させずに撤退する為の口実として、今回の
決定ーつまり「お上の鶴の一声」を利用するのではないか。

奥歯にモノが挟まったような中途半端な物言いで申し訳ないが
ここから先の動きは、かなり正確にシミュレートできると思う。
これについては、WWW領域でヘタな放言は避けておこう。
興味のある人はメール下さい…って、これ読んでるラジオマンはもう理解してたりするか?


…今回、VHF帯域の割り当てプランを変更する必要が本当にあったのか?

今回の割り当て変更を望んだのは、総務省か。それとも通信業界か。

それとも…?