« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月30日

●まだ改編ベースで動いてます。

さて、今週は多忙の為なかなか更新できずに居ました。
忙しいのはありがたいこと。ただ体力がどこまで持つか…(不安)
因みにこんな一週間でした。

【ラジオ】
今週はラジオのお仕事が沢山ありました。

・半蔵門のFM
 ⇒えふえむフェスティバルの立ち上げが間もなくです。Webも印刷物も事務局も超多忙。
  果たしてローンチに間に合うのか?頑張ります!
 ⇒某自動車メーカーご提供の全国ネット番組の企画が通った模様。よかったよかった。
  辞めても番組表に新しく自分の企画が載るのはありがたいことです。
 ⇒その一方で、在籍時に企画した幾つかの番組がこの改編で終了。
  今日クルマでラジオを聴いていたら、偶然自分の企画の終了を知りました。無念。

ラジオNIKKEI
 ⇒いよいよ本日から、ワタクシが構成・作家を担当しております「週刊 日経トレンディ」の
  Podcast配信がスタートしました。みんなRSSを登録してください!
  明日の日経朝刊に、この番宣が掲載されるそうです。駅で日経買ってみるか。

FMサルース
 ⇒ハワイの101FMとのコラボレーション企画「Weekend Music Break?From Hawaii」が
  いよいよ10月6日(土曜日)からスタートします!結構感無量です。
  俺のラジオ仕事も、遂に太平洋を越えるか…ムヒヒ。(出張は叶わず。)
  ちなみにスポンサーを本気で募集中。安くて効果出ますよ!詳細Takまで!

 ⇒で、自分の番組「Salus Beat Press」はこの改編で時間移動します。
  次回オンエアから毎週土曜日の17:30-17:57となります。3分間短縮だー。
  打ち切られなかったのはラッキーですた。N編成部長ありがとうございます!

・そのほかのラジオ
 ⇒何やら在阪AMラジオ局のお仕事の話が来ました。明後日最初の打合せ。
  決まるといいなぁ。

…ただ、この手の各ラジオ局のお仕事をしていると気になるのが、某局の仕事の振り方。
ラジオ局の業務の中核を丸投げして、後は知らん振り…ってのはちょっとマズくないですか?
モノによってはプレゼンまで僕がクライアントに行って。
放送局が、中流から下流の工程を外注に依存しているのはもうある意味仕方の無いことですが
上流工程まで完全外注ってのは、まさに産業の空洞化を地で行くようなものでしょう。
僕はそれがお仕事になっているから良いのですが。ちょっと心配。

【PRエージェンシー業務】
先日まで来日していた某外国人エステティシャンの来日PR・広報業務に初挑戦。
取りあえず無事に終了しましたが、やはり初めての業務なので反省点が多かったです。
この仕事は、メディア企業へのネットワークを広げたい僕達からすれば良い仕事なので
この分野でもしっかりお金を取れるクオリティと業務実績を残して行きたいと思います。

【イベント】
南町田で担当しているレギュラーイベント「グランベリー・ミュージック・ブリーズ」が
昨日初の雨天中止。エアフレイムで過去20本近くイベントをやってきて初めてです。
結構晴れ男・晴れ女ぞろいのスタッフなのですが。残念!

【その他お仕事】
その他にも、某レーベルとの業務提携のお話や、いよいよ来週コンペの結果が発表される
某大手プロダクションへの新規事業計画提案。某ITポータルへの事業計画提案など
比較的大きい話が、この数週間でどんどん動いています。身体が幾つあっても足りないよ!
最近、ホンキで秘書が欲しいと思うときがあります。
できればタイトミニのスーツが似合う、桜井幸子系の女性秘書という方向で。(バカ)

【時計】
最近時計の記事多すぎない?と、某O氏やH氏にツッコまれつつ、それでも書いちゃう。
昨夜も買っちゃいました。Swatchのデッドストック。ちょっとかわいいでしょう、これ?

swatch.jpg
12時位置のオープンテンプがフレデリック・コンスタント風。

このSwatchのAutomaticシリーズ、97年前後のデッドストックが安く出回っていまして
この"Virtual Silver (SAK128)"もなんと3,000円を切った価格でゲット。いやー超安いよね!
…なあんて思って居たのですが、考えたら10年死蔵されてる機械式ムーブって、絶対に
油が揮発しきっちゃってますよね。Swatchってメンテやオーバーホールをしない前提で
商品を作っているので、搭載されているムーブも、ケースから取り出すことさえ出来ず…。
ま、半年くらい使えたらヨシとしましょう。その後は緩急針いじりの実験台にでもしよう。

ところで、この時計に乗っているムーブメントはETA2842という代物。
2824や2892系ならウチにも沢山あるのですが、これは初めて見る型番。…と思ったら、
どうやらこの2842ってのはSwatch専用ムーブのようですね。23石・デイト付き…ですが
Virtual Silverは三針のみじゃんよー。

ま、そんなこんなで、昼はラジオ稼業、オフタイムは時計と
相変わらずヲタ臭い日々を過ごしております。目下の悩みは生活に色気がないこと。
どうも最近オトコとして終わっているような…。
ちょっとヤバくない? 終わるの早すぎじゃない?

※検索避けの為、一部文言を修正しました(1105)

2007年09月24日

●秋の味覚。

sanma.jpg
お魚の食べ方には自信があります。

本日の晩御飯は秋刀魚。
会社の若手・Sくんのご実家から、綺麗な秋刀魚が沢山送られてきたのです。
みんなでありがたく頂戴して、本日の食卓に登りました。
大根おろしをたっぷり使って、美味しく頂きました。ありがとうございました。
この時期の秋刀魚は本当に美味しいですね。大満足でした。

また、昨夜は久しぶりにお寿司屋さんに。
そろそろ季節になってきたあん肝を、ポン酢ともみじおろしで頂いたり、
舞茸やシメジなどの茸を軽く揚げた天婦羅を頂いたり。ああこれも旨いねぇ。

色々な技術が進み、いつでも様々な食材が楽しめる昨今。「旬」という概念が
少し薄くなってしまっていますが、それでも秋は美味しいものがたくさん。
今だけ楽しめるものを、時間と予算(笑)が許す範囲で味わっていきたいなと思います。

嗚呼、また太る…。

2007年09月23日

●ぐがぁぁああっ!


zei.jpg
確かに心の隅で引っ掛かっていたのだが。

先程、仕事の合間にコンビニにタバコなどを買いに行き、
帰りにポストを覗いたらFedExから封書が一通。
なんじゃらほい?と思って開封したら…税金の請求書でした(涙)

先日個人輸入した、JeanRichardの付加価値税+関税だったんですねぇ。
そりゃ確かに時計にしちゃ高い方だけどさ(JeanRichardはジラール・ペルゴと同じ
イタリアのソーウインド・グループ傘下のブランドです。最近かなり高い。)、
とは言え個人輸入ですよ。しかもそんなに高いラインを買ったわけじゃないのにさ。

数千円程度の税額ですが、なんとなく納得いかないなぁ。
個人輸入で時計を買う上で、こりゃ注意しないといけませんね。
みなさんもご注意を。

2007年09月22日

●今週も矢鱈忙しかった。

さて、最近矢鱈と忙しいのですが、今週も色々ありました。
備忘も兼ねて、仕事やなにやら雑記してみます。

【お仕事】
FM ふぇすてぃばるや某来日外国人のPR業務(そんな事もしてます。)などで慌しいのに加えて、
更に2つのラジオ局の10月新番組のお仕事依頼が。ありがたいことです。
ラジオNIKKEIの番組では構成作家兼リサーチャーを、TOKYO えふえむの番組では企画を担当。
どっちも面白い番組になるといいなぁ。そりゃ俺の責任だな。
いずれの番組も全国で聴けるので、みなさまスタートしたら宜しくです。

【ラジオ】
FM Salusでの番組も、おかげさまで2クール目を乗り切れそうです。
番組は3クール目に突入しますが(N編成部長、いいんですか?)、放送時刻は変更。
どうやら同じ土曜日の夕方になりそうです。

【音楽】
昨年のFM ふぇすてぃばる "ロック ON ロック" グランプリのELECTRIC ママのレコーディングが
いよいよ始まりました。リリース日もほぼ決定。もうすぐ全国のFMでオンエアされます。

s-rec.jpg
EMIの天王洲のスタジオにて。綺麗だった。

本人達のこれからの意識の成長を、どれだけ支えてあげられるかが僕らの仕事でしょう。
原盤権・出版件の話やPV制作のお話もあるので、一所懸命頑張らなければ!
リリースの際は、ミナサマぜひ宜しくお願いいたします。聴いてあげて下さい。

【BOSSのCM】
どうやらトミー・リー・ジョーンズの地球調査シリーズは終了のようですね。
結構好きだったんだけどな。Youtubeで2006年版の総集編を発見しました。


いい味出てるよねー。

んで、古いBOSSのCMを流れで観ていて、やっぱコレおもろいわ、と思ったのがコレ。


これ、字幕は戸田奈津子さんだよねぇ。

やはりBOSSのCMは秀作が多いですね。勉強になるなぁ。

【時計】
収拾がつかなくなってきたので、新しいコレクションケースを発注。
少し整理せんとなぁ…。などと考えていたら、先日購入した雑誌「WATCH BEAT」で
オメガ・スピードマスター・マーク40・コスモスという時計の存在を知ってしまい。

s-3520-50.jpg
またヤバい…。

元々スピードマスターには殆ど興味がなかったのですが、トリプルカレンダー+クロノ
という組み合わせがツボに入っちゃった。嗚呼、これを買うおカネなんかないってば…。
なので、いま必死になって「マーク40を買わない理由」を探しているところです(苦笑)

大阪では観測史上最も遅い真夏日が記録されたりして、相変わらず暑いですね。
仕事の方も、ここから改編や下期などを睨んで忙しさが止む気配はありませんが、
みなさん、お互いに体調に気をつけて頑張ってまいりましょう!

※検索避けの為、一部文言を修正しました(1105)

2007年09月19日

●COMPLEX & PRIDE

…と言っても、布袋寅泰&今井美樹ご夫妻のことではないのよ。(駄洒落)

今日、仕事で凄く嬉しいことがあったのです。
人一倍コンプレックスが強くて、それ故に遮二無二前に進もうと
子供の頃から、もう37年近くも毎日足掻いて居る訳ですが
ようやっとプライドを持てるような、そんな嬉しいことがあったのです。

子供の頃から抱き続け、半ば強迫する様に僕にまとわり付く劣等感。
それが前に進む力になっていたのだ、と思うことが出来ました。

勿論、今日のその一つの事柄だけで、この凝り固まった劣等感が拭えるものでは
ないのですが、ねじ一本分、少し気持ちが楽になったような気がします。

泣きべそをかきながら、何度も何度も後ろを振り返りながら、
それでも前に進めたのは、僕の周りに素敵な人たちがいてくれたからこそ。
それを忘れず、感謝の気持ちを持ち続け、そして慢心しないように気を引き締めて
また明日から頑張ります!

よし、今日はトータルでいい日だったっ!

2007年09月17日

●ハワイの筈がニュージーランド。

昨夜は仕事もないのに恵比寿へ。
家人を連れて食事に出かけたのです。
本当はTSUNAMIでハワイアンな食事を…と思っていたのですが、意に反して満席。
あら、人気なのねぇ。

結局、その近所にあるアオテアランギで、ニュージーランド産のワインを
同じく当地のグリーンマッスル(ムール貝)で楽しみました。
大葉とサルサソースで仕上げられたムール貝は大変美味でした。ワインは白ですっきりと。
ま、グルメじゃない僕には、恵比寿の小洒落た店は似合いませんな(笑)
やっぱハワイアンフードぐらいで丁度いいのかも。

んで、帰宅後はやっぱり時計をチェックして回ったり。
そしたら、凄いカッコいい時計を見つけちゃいました。セイコーの"DISCUSBURGER"。
MOVING DESIGN COLLECTIONというラインの商品らしいのですが、これはいい!
国産で初めて目を奪われる素敵なデザインを見つけました。

seiko.jpg
これ、カッコよくない!?

シャウアーの「デジタルIII」に似ていると云えなくもないですが、
両面をハーフスケルトン処理にして、僅かに開けた表示窓からディスクによる
デジタル表示で時・分・秒を見せるこの美しさ!おそらくハーフスケルトンの盤面は
うっすらとディスクが回転する様が見えるのでしょう。これいいなー。
ちなみに、裏面も表面によく似たデザインモチーフとし、窓からはテンプが見えます。

seikoura.jpg
裏面も凄く綺麗。

こんなに美しい機械式デジタルが10万以下で買えるなんて、日本はいい国だなぁと思います。
写真ではよく判りませんが、これでケースサイドもハーフスケルトン処理がされていれば、
世界限定50本・115万円のデジタルIIIを買う理由がないですな。
いやーこれは欲しい…多分買っちゃうな。取りあえず来月以降にしとこう(苦笑)

2007年09月16日

●またBOSSのCMネタ。


最初にランボが出てくるのもポイント。

さて、以前のエントリー(これこれ)でも誉めたサントリー・BOSSのTVCM。
今回は駄洒落ネタなんだけど、なんと言っても選曲がいい!
あの「刑事コロンボのテーマ」がBGMなんですよね。懐かしい&カッコいい。

ところが調べてみると、あの曲、純粋にはコロンボのテーマソングじゃないんですね。
当時アメリカのNBCでコロンボが放送されていた「NBCミステリー・ムービー」枠の
テーマなんだそうで。言ってみりゃ「火曜サスペンス劇場」の「聖母たちのララバイ
みたいなもんか。(例えが悪い?)

子供の頃、NHKでの放送を親が楽しみにしていて、なんとなく観ていたコロンボ。
今観たら面白いんだろうなぁ。
ちなみに、この曲のフル尺は、こちらのサイトで聴けます(MIDIだけどね)。

で、本日も時計買っちゃいました。今年何本目だよ…。
先日「三越ワールド・ウオッチ・フェア」で、買う気満々だったブライトリング
スーパーオーシャン・ヘリテイジ46」が、現物を見たら今ひとつ気に入らなかったので
何か良いダイバーズ系の時計がないかなーと物色していたのです。
そしたら、セイコーインスツル(SII・旧第二精工舎)の海外向けブランド「J.SPRINGS」の
BEB007を発見。激安だったので速攻でゲットしちゃいました。

beb007.jpg
スタンダードだけど古くないデザイン。

僕が好きな三針+デイデイトのダイバーズモデルで、最近のトレンドに乗った
40ミリオーバーのケースと裏スケのデザイン。ブレスの一部を除いてヘアラインで
仕上げてあるのも好印象です。ポリッシュ仕上げって本当に一部分だけでいいんだよね。
防水は100メートル(10ATM)ですが、まあ海に入るわけじゃないし(笑)
ただ、ケース厚が15ミリを越えているのと、重さが170グラムってのが凄いなぁ。
やたら大迫力の時計です。
これで裏から見えるムーブメントがもう少し色っぽかったら最高だったんだけど。

因みに、スーパーオーシャン・ヘリテイジ46の定価と、BEB007の購入価格には
実に100倍近い差があるのはナイショです(爆笑)
普段使いの時計にしーようっと♥

2007年09月15日

●これ、ダメかね?

今日から三連休ですね。
今日は午後から番組の収録や、10月にスタートする(遂に決定しました!)ハワイの局と
FM Salusの共同番組の素材のやり取りの為のVPN(Virtual Private Network)の日本側の設定や
今度デビューする新人のレコーディング打合せなど忙しくしておりました。

※ここでお知らせっちゅうかお願い。
誰か60?70MB位のファイルを高速にやり取りできるFTPストレージとか知りませんか?
僕が持ってるサーバで、特定のディレクトリにのみアクセスできるFTPアカウントを発行する
方法を見つけたのですが、これが残念ながら50MBまでしかやり取りできないのです。
現段階ではMEGAUPLOAD等を考えているんですが、例えばGmail Driveを大容量ファイルで
使えるような、そんないいシステム知りませんか?
ちなみに、hamachiのようなP2Pはどうも上手く行きません。共有設定が難しくて…。
知ってたらこちらまで!(しかし俺、何で技術やってんだ!?)

とは言え、夕方には帰宅して、のんびり出来るのは嬉しい。
そうすると、色々下らんことなども考えたりしてしまいます。

で、こんなことしてみたんですが。
どうですかね? これ、カッコ悪いですかね? (家人には大不評だった。)

double.jpg
一応「ダブルリスト」なんですが…。

いや、なんか斬新でカッコいい時計の仕方がないかなーと思って…。

ZENITHちゅう時計ブランドのCEOにティエリー・ナタフというおっちゃんが居るんですが、
このおっちゃんがドえらくカッコいい訳です。
社長のクセに、時計技術もわかるし、経営が出来るし、しかもデザインまで自分でする。
しかも自分自身をモデルとしてどんどんメディアに露出し、彼のおかげでゼニスは急成長。
今ではチョイ悪系ファッショナブルブランドとして、出色の存在にまで育てたのです。

そんなティエリー・ナタフCEOが写真に写るときの特徴が「ダブルリスト」。
ゼニスの派手カッコいい時計を、左右両方の腕にしちゃうのです。
こんな感じ。

nataff.jpg
これが社長。カッコいいよね。

で、狙いとしてはこのダブルリストの発展系だったのですが、
一体なにがいけないんでしょう?時計の組み合わせかな?

小人閑居して不善を為す、を地で行く土曜日ですた。あはははは。

2007年09月12日

●シリーズ・この時計が欲しい!(その1:エロカッコいい編)

corum2.jpg
もうね、スケスケ。そこがエロカッコいい♥

思いつきで始めたこの「シリーズ・この時計が欲しい!」
今回は「エロカッコいい編」と題しまして、コルムのゴールデン・ブリッジをご紹介します。

さて、今回ご紹介するコルムは、1924年にスイスのラ・ショード・フォンで産声を上げ、
1955年からCORUMの商標を掲げるウオッチメーカーです。
他のブランドには無い、エキセントリックなデザイントレンドが特徴のこのブランドは、
バブル期にヨットの信号旗をインデックスにあしらった「アドミラルズ・カップ・シリーズ」で
一気に国内での認知やシェアを拡大しました。
現在でも、ジョリー・ロジャース(海賊旗のドクロね)や、殆どマンガにしか見えない
シャークを文字盤にあしらった時計などが特徴的です。

そのコルムがここ数年プレミアムなラインで展開しているのが、このゴールデン・ブリッジ・シリーズ。
機械式時計は香箱(ゼンマイ)やテンプなどの数十?数百の歯車や部品を複雑に噛み合わせて
駆動するのですが、それら(「輪列」と云います。)を垂直に渡したブリッジ一本に集約し、
表裏両面をサファイア・クリスタルのガラスで挟んだデザインが秀逸です。
先日日本橋三越で開催された「三越ワールドウオッチフェア」で実物を見て、イチコロですた。

縦一直線に輪列を並べ、それを両面スケルトンで魅せるこの時計。シンプルなのにエグい。
しかもご丁寧に、ケース両側もくり抜いてスケルトン化し、横からも輪列が眺められます。
もう本当にスケスケ。エロいったらありゃしない。超艶っぽい。

ケース素材はホワイトゴールドやローズゴールドの無垢から、ダイヤモンドをびっしり埋め込んだ
宝飾モデルまで、様々なバリエーションがあります。
僕はホワイトゴールドの無垢ケース・クロコダイル革ベルトのモデルが大好きなのですが、
お値段なんと2,190,300円!!(税込/世界の時計市場
そんな予算なら、ブレゲやヴァシュロン・コンスタンタンといった超高級ブランドまで買えちゃうよ・・・。

仕方ないので、コンセプトだけが近い時計を買って、せめてもの救いにしています。
それがこれ。テクノスのTBM682(リンクしようと思ったらディスコンだった)。

tbm.jpg.jpg
に、似てない…。

全然似てないよね…。
でも、駆動部分が集約されてて、かつ両面スケルトンの時計って、これかコルムしかないんだもん!
ちなみに、リューズは普通に3時位置にあるので、真ん中のムーブメント(クオーツです…)から
伸びた棒がイヤになるほど目立ちます(溜息。)
最初の写真を見ると判りますが、ゴールデン・ブリッジは、その為にリューズを6時位置に置いてます。

いつか大金持ちになったら、是非とも欲しい一本です。
ブレゲ、ヴァシュロンが優先なので、欲しい時計リスト第3位なんですが・・・。

超シンプル。なのに超ゴージャス。
和風美人なのに、物凄いプロポーションのいいオンナのようです。←例えがもう全然ダメ。

2007年09月11日

●情報は人を幸せに出来るのか。

911.jpg
この写真さえ、情報としてどう捉えられるかを考えなければ。

間もなく、米国の同時多発テロから6年を迎えようとしている。
2001年9月11日の深夜、残業から帰ってきた部屋のTVに映し出された映像は
ハリウッドのどんなプロデューサーさえ思いつかないダイナミズムを持つものだった。
かつて神戸で見た、阪神大震災で崩壊した街と同様、僕の想像を遥かに超える衝撃だった。
SF映画で描かれるスペクタクルでは、主人公のヒロイズムに隠されてしまう
人々の血の匂いと絶望の叫び。そして死と、想像出来ないほどの不条理な哀しみが満ちていた。

あの日以来、世界は明らかに不穏な方向に走っている気がする。

それ故に。
メディアに携わる身として、時々「情報は人を幸せに出来るのか」ということを考える。

先史の頃から、情報を持たない大衆は常に虐げられ、不利益を被ってきた。
しかし為政者に搾取される大衆は、情報を持つことで自らの運命を変えてきた。

グーテンベルクが活字を発明し、出版の隆盛はやがて新聞というメディアを生み出し
電気通信の技術はグラハム・ベルやエジソンにより、メディアに強大な力を齎した。
遠い街で起きていることをリアルタイムに知ることで、人は世界の動きだけでなく
社会を恣意的に運用する存在の悪意を知り、手遅れになる前に対抗することができた。
21世紀に入り、インターネットという新しいメディアを得て
今や12歳の少年でさえ世界中に情報を発信し、世を驚かせることができる。

欧米の市民革命だって、日本の明治維新だって、東欧の民主化だって、
活字やメディアの力がなければ起きなかった事象だろう。
メディアの発達は、人々の幸福追求の思いが後押ししたと云えるだろう。
「ジャーナリストは民主主義の下僕である」という言葉が、それを端的に顕していると思う。

ところが、最近は情報が人の悪意を拡大し、暴発させるトリガーになっている事象が多い。

昨日裁判にかけられたある男は、社会への逆恨みを、電車内での自爆テロで晴らそうとした。
自爆テロという手法、爆弾製造の手法はWebで得たらしい。
或いは携帯サイトで知り合った見ず知らずの男たちが、何の罪もない女性を殺す。
おそらく彼らは、独りでは人を殺すなどという行動は取ることができないだろう。
2ちゃんねるで繰り返される犯行予告とその結果は、
誰でも参加できる「究極の民主的メディアでの情報発信」という形で
自己の歪んだレゾンデートルを満足させるものではないか。

もっと大きな話をすれば、自由主義と共産主義のイデオロギー対決が終結した後の
宗教対立―主にイスラム対非イスラムの―は、「情報」が煽り、加速させてはいないか。
情報を流通させるメディアに悪意が無いとしても、世界各地で発生する過激なテロリズムや
それに対する報復は、メディアを通じて瞬時に世界に配信され、眠っている誰かの悪意を呼び覚ます。
そんな可能性があるのではないかと思っている。
例えば中国の金盾のような情報制御が、かの国の真の民主化を妨げていることには間違いないが、
その一方でアルジャジーラで放映されるテロリストの犯行声明が、過激なインティファーダを惹起し
異なる価値観の対立(憎悪の方が正しい表現か。)を加速させてはいないか。

※誤解を避けるために敢えて記述するが、これは「寝た子を起こすな」的議論ではない。
 暴力の高度化・大規模化に対する懸念であると受け止めて欲しい…難しい書き方だけど。

また或いは、湾岸戦争以降より強くなっている「戦争のTVショー化」というものや
ゲームやエンタテインメント等が、死の持つ意味や暴力が持つ不条理を軽いものにしていないか。
これ位の力で殴れば人は死ぬ。
そんなことさえ分からない人間が増え、世に殺人は加速度的に増えていく。
それが個の殺人であれ、戦争の大量虐殺であれ。

情報は情報でしかない。
ただ、それを伝えるメディアは「演出」を排除することはできない。
言葉の選び方、カメラのフレーミング、映像の編集、BGMの選択。
これらには全て、制作者の意図が絶対に入る。
カメラの定点観測でさえ、そのカメラの設置位置に制作者の意図があるのだから。

メディアマンは―否、ジャーナリストは、その「無意識の演出」の危険性を意識しなければならない。
今や、僕たちは地球の裏側で起きた些細な出来事さえ、発生から10分で知ることができる。
それ故に、自らが送り出す情報が、誰にどのような形で受け止められるかの想像力を要求されると思う。
今、僕たちは、情報が持つ可能性と危険性を天秤に掛けなければならない。
それはギリシャ神話のアストレイアの天秤にこそ似ているものの
死者の魂を量るものではなく、人を幸福にするための秤でなくてはならない筈だ。

米国同時多発テロから6年。
かの悲劇の地、グラウンド・ゼロに建つ「フリーダム・タワー」の名の通り
いつか人類すべてが、平和のうちに自由を享受できるように
メディアマンとして、その礎石たる矜持を以って働けるように、頑張ろうと思う。

2007年09月09日

●最近お気に入りの時計。


s-bem5u002c9-2.jpg
健気で可愛いのよ。

さて、最近お気に入りの時計はオリエントの逆輸入モデル
三針・デイデイト(日付と曜日ね)のシンプルな機械式時計です。
この時計、会社にしていくことは稀ですが、イベント現場などはほぼ100%の稼働率。
ホコリっぽい現場で常に動き回り、汗や傷を気にせず使えるのがいい。
帰ってきたら、水道でジャブジャブ洗えるし。
また意外と精度が高いので、信頼して使えるというのもあります。(日差±10秒程度)
日本製ムーブって、安いのに造りがいいよなぁ。
先日購入したジャンリシャール(ムーブはETA2824-2)と比較すると余計にそう思います。

基本的に中東や南米で販売されているこのオリエントのスリースター・シリーズですが
デザインがとても豊富で、なかなか人とカブらないのもGood。着けてる人居ないけど(笑)
自分の好きなデザインをじっくり探す楽しみがあります。
mixiのコミュなどを見ると若い人にもファンが多いようですね。
最近のトレンドであるデカ厚系ではありません(ケース径36ミリ位です)が、
文字盤も手抜きせずに綺麗に造っていますし、荒っぽく使うにはいいのではないでしょうか。

ただ、ブレスが巻きなので物凄く安っぽいのと、ハック(秒針の強制停止)機能が
付いていないのが問題ですね。これはどうにかならんものか。
最近は中華機械式時計でさえステンレス316L素材で、無垢ブレスなのに…。
また、ハックしないので秒単位での時刻調整が出来ないんですよねぇ。

ま、一長一短ありますが、過酷な現場でも健気に頑張ってくれるこの時計は
長く付き合っていけそうな一品です。

2007年09月08日

●灼熱の一日に夏の終わりを確認した。

0065.jpg
本当に日暮れが早くなってた。

さて、本日は溝の口でノクティ・ミュージック・コンテストのライブイベント。
出演してくれた3組のアーティストのみなさん、お疲れ様でした。
チャンピオン大会まで、しっかり頑張って曲と腕を磨いてください。

んで、今日は大変に暑い一日で、台風一過の言葉通りの晴天だったのですが
本日の2ndステージの途中、想像以上に早く日が暮れていく空を見て
夏の終わりと、秋の訪れを強く感じました。
冒頭の写真は、その時に撮ったもの。
僕の人生で最も長いと思われた夏が終わろうとしています。
今年の秋は、いい季節になるといいなぁ。

んで、帰宅後ここ数日の体調不良と疲れを取る為に、近所のマッサージ屋さんへ。
実はこの手のお店に行くのは初めてだったのですが、いやー気持ちよかった。
マッサージしてくれた店員さんの話では、僕の身体はカチカチに凝り固まっているそうで
足の裏のどの反射区を刺激しても、悪い反応しか返ってこないとのこと。
予想以上に凝ってたのね。。。

明日は日曜。お休みですが、取りあえず来週のためにマニュアルを一本仕上げたいな。
皆さん、ゆっくり過ごせる時はのんびしましょう。
季節の移ろいを感じる余裕、ちゃんと持ってますか?
9日は、重陽の節句です。

2007年09月07日

●俺たちは梁山泊を目指す!

今日は夕方から恵比寿。
ある事業プランを打ち合わせたのです。
中味は極秘。勝算は、あり。
2時間がっつり打ち合わせました。

この事業計画は、僕の究極の理想を押し通しています。
僕が最も信頼してきた仲間たちを引き合わせ、連携し、その上で新しいビジネスにするのです。
表参道のOさん、YGPのGさん、独り立ちを目論むOくん、そして僕。
音楽業界・IT業界・広告業界・コンテンツ業界の30代が集結し創り上げる事業計画。
打合せは力強く進み、その後はTSUNAMIで楽しい酒を呑みました。

僕たちの夢はそれぞれ違いますが、それぞれの夢を理解し、何を提供出来るかを考え、
そして力を合わせることに真剣に考えを巡らせています。
これだけ各界のプロが集まれば、イノベイティブな仕事が出来るはず!
全員の夢の実現に向けて、とにかく頑張って走ろうと決意しています。

僕が尊敬できる男達が集まるこのプロジェクトは、まさに僕にとっての梁山泊。
楽しんで頑張りまっせーっ!

2007年09月05日

●某大物ミュージシャン極秘情報など。

さて、本日は目黒区某所のレコーディングスタジオで打ち合わせ。
昨年のLOCK ON ROCKで大変お世話になったH袋T泰さんの、
ニューアルバムのレコーディングにお邪魔したのです。
H袋さんにお会いするのは半年ぶり。色々ありますが元気かなぁ…。
ヴォーカルトラックの収録が一息ついたところでブースに入ります。

Tak:「H袋さん、ご無沙汰してますっ!(最敬礼)」

H袋さん:「おー!久し振り!元気だった?(超いい笑顔)」

Tak:「(握手しながら)はいっ!おかげさまで。H袋さんもお元気で…」

…ちょ、H袋さん…なんでそんなに太ってるんですかっ!?(心の声)

半年ぶりのH袋さんは、まっ黒に日焼け&えらい太ってらっしゃる…。
先週夏休みと打ち合わせを兼ねてハワイに行っていたH袋さん。6日間で5キロ太ったとのこと。
いくらハイカロリーメシばかりのハワイとは言え、よくもまぁそこまで…。

ちなみに、僕と会話している間もデザート食ってました(苦笑)

ま、お元気ならいいんですけどねー。
現在制作中のニューアルバムは確か12月発売予定。残念ながら音は聴けませんでした。
早く聴きたいなぁ。

ちなみにこのスタジオ、トイレがえらくシュールなことになっとります。
なんと!トイレの天井にミラーボールが回っているのです。フィーバー感満点。なんでやねん。

benki.jpg
ちなみにミラーボールの後ろの細長い四角形はBOSEのスピーカー。

プロユースのレコスタって、寛いで制作できるように豪華な造りになっている所が多いのですが、
こんなに凝ったトイレは初めてみました。なんか落ち着かないよ!

で、本題の打ち合わせはそのH袋さんプロデュースでメジャーデビューする
某アーティストのレコーディングに向けたビジネスサイドのスタッフ打ち合わせ。
なかなか進まなかったこのプロジェクトも、ようやく前進し始めました。楽しみだ!
我がエアフレイムも、オフィシャルにこの件に噛めるので頑張ります。

最近なかなか忙しくて、ヘバることも多いのですが、こういう仕事があると楽しいですね。
ハワイのプロジェクト同様、楽しみながらもしっかり頑張りたいと思います!

2007年09月04日

●現実逃避企画第2弾。

えー…、明日の朝一番に持って行く企画書が全然出来ていないTakでふ。
本当にヤバいのに筆は進まず、再び現実逃避しております。

meiji.jpg
う、美しすぎる…。

最近目にする明治製菓のTVCFが、非常に佳作だと思ったのでご紹介。
もちろんこの花嫁さんも美しくて大好きなのですが、CMのストーリーと
最後の「花嫁さんじゃない人」の笑顔が…。

とにかく見て下さい。お勧めです。
Youtubeにはなかったので明治製菓のサイトにダイレクトリンクします。

あー…早く帰りたい…。
今日に限ってスーツなんだよなぁ…(エアフレイム入社以来3度目。)

【追記】結局終わったの27:30だった…。

●現実逃避企画「Takをさがせ」

070fb5e3.jpg
1,200人も入ったらしい。
※クリックで拡大します。…って、ホントに探すの?

さて、これは一昨日のエントリーで書いたOUTRAGEの20周年ライブの写真。
ドラムの丹下眞也さんのブログに貼ってあったものです。
私はどこにいるでしょー?


本気で探せた人には、豪華プレゼントと「日本一のヒマ人」の称号を差し上げます。


あー、こんなことやってないで早く明朝の企画書書かなきゃヤバい…。

【5日15時追記。】
えー、本企画は見事!正解者が出たため終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
しかしOちゃん…きみ「日本一のヒマ人」だよ?(笑)

2007年09月03日

●鋼鉄のカリスマ。

アウトレイジ
アウトレイジ
posted with amazlet on 07.09.02
OUTRAGE アウトレイジ
ワーナーミュージック・ジャパン (2007/06/06)
売り上げランキング: 12483
おすすめ度の平均: 5.0
5 原点

さて、本日は夕方から川崎へ。
CLUB CITTAで、我が鋼鉄のカリスマ・OUTRAGEのデビュー20周年記念ライブがあったのです。
1980年代初頭に結成されたこのヘヴィ・メタルバンドは、かつて「名古屋の秘密兵器」と
呼ばれ、まだネットもなかったこの時代、87年に出たたった3,000枚の限定レコード(!)は
福岡の高校生には全く手の届かない代物でした。

その後88年にポリドールの洋楽部門と契約してメジャーデビュー。
当時は国内初のスラッシュ・メタルバンドのメジャーデビューでした。
1st「Black Clouds」の2曲目・「Under Control of Law」を聴いた時の衝撃から約20年。
僕にとっては未だにヴォーカルの橋本直樹氏は偉大なるカリスマです。

柔軟に音楽性を変えながらも、独特の切れ味とヘヴィネスを誇ったOUTRAGEですが
98年にはその橋本氏が脱退し音楽業界を引退。
その後バンドはベースの安井氏がヴォーカルを兼任してトリオで活動を継続しますが
僕の中では橋本氏のシャウトあってのOUTRAGEだった為、次第に心が離れてしまいました。

偶然ネット上で見かけた今夜のライブ情報に、「ゲスト:橋本直樹」の文字を見たとき、
本当に心が震え、全身に鳥肌が立ちました。
もう二度とライブでは聴けないと思っていた、カリスマの怒声に逢える!

やはりオールドファンはみなそう思っていたのでしょうか。
開場時のチッタは、とてもスラッシュのライブとは思えないほどの大行列。

s-0061.jpg
多分1,000人は来てた。

前座に、かつてOUTRAGEがその前座を務めていたANTHEMが登場。
余り興味は無かったのですが、やっぱ上手い。そして良い曲が多い。
特に「Bound to Break」や「Venom Strike」は歌っちゃったよ。
きっちりオーディエンスを温めて、彼らはカッコよく去っていきました。

それから20分後、遂に・遂に・遂に! オリジナルメンバーのOUTRAGEが登場!!!!
「MEGAROMANIA」から怒涛のスラッシーなサウンドが炸裂します!
かつてのライブがそうであったように、オープニングはMCナシのファストナンバーのラッシュ。
こりゃ付いて行くのは体力的に無理かな…と思っていたのですが
4曲目「Death Trap」・5曲目「Call of the hunter」で10代の頃の血がメラメラと燃え上がり
6曲目「Brind to Reality」で遂にブチ切れ。絶叫しながらヘッドバンギング!
大暴れしながら、橋本氏のヴォーカルに時折涙ぐんで居りました。感動だー!

MCで橋本氏は、何回も何回も「ありがとうね。」と言っていました。
直樹さん違うよ。それは俺たちのセリフだよ!
…あの会場を埋めたファンの7割(皆30代中盤以上)はそう思ったことでしょう。
あの翼を拡げるような腕のアクションも健在。あー生きてて良かった!
その後、「Just Believe in me」・「Fangs」・「Veild Sky」・「Curtain of history」・
「Madness」など、橋本氏在籍時の名曲が怒涛のラッシュ!
途中までなかなかキッカケを掴めなかったディストーションヴォイスの出し方も思い出し、
腹の底から歌い、ヘッドバンギングし、モッシュしました。
周りのオールドファンの殆どは棒立ちだったんだけど、ちょっとハッスルし過ぎたかしらん?

で、ラス前の「Under Control of Law」、1回目のアンコールの「My Final Day」、
2回目のアンコールの「Step On It」で完全燃焼しました。もう歩けない…。
最後はバンドとオーディエンスで記念撮影。アンセムのMADと森川も出てきて
「Blitzkreig Bop」でフィナーレとなりました。

帰りの電車の中では、疲労困憊。
喉は痛いし、首から上は完全にムチ打ち状態。。。
なのにこの至福感はなんでしょう。久しぶりに全力疾走した後の余韻に浸っておりました。

なんにでも真っ直ぐで、どんなことにも有り余るパワーをぶつけていた10代の頃。
あの頃には解らなかった、彼らの最高傑作「Blind to reality」の歌詞が身に沁みます。

Sometimes dreams are real.Sometimes reality is dream. Yeah! Seach! Don't give up!
Always short of courage. Don't know how to fight! Always running away! Never taste of victory...

ともすればこれが現実さ。と嘯き、現実に目を背け、戦うことを避ける…。
そんな大人になることを、果たしてあの頃の僕は願っていたでしょうか?

10代の頃のカリスマに、今再び力を貰いました。
明日からの毎日も頑張ろう!
ありがとう、OUTRAGE。ありがとう、直樹さん!
My fangs are so long yet!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2007年09月02日

●9月に入りました。

8月の終わりから急に涼しくなりましたね。
昨夜は久しぶりに冷房を入れずに眠ることが出来ました。
このまま涼しくなってくれればいいですが…残暑があるだろうしねぇ。

仕事はなかなかひと段落、というところには行きませんね。
グランベリーのイベントは、ようやく山場を越えましたが
この後FMフェスティバルもありますし、某ヘアサロンのWebプロデュースが
思ったように進んでいない。慣れない領域のプロデュースは難しいっす。
また、ほぼ決定だと思っていた案件がキャンセルとなり、営業も頑張らなきゃ。
うーん…なかなか厳しいぞ…。

とは言え、悪いことばかりでもないのです。
ハワイの案件は、予想よりも順調に進行しています。こりゃ本当にハワイ出張か?
ただ、ハワイに一週間も行ける程予定に余裕が無いような(苦笑)
更に、先週某FM局3社にご依頼頂いた企画書を納品したら、とっても喜んで頂けたようで。
「感動しました。この企画書で勉強します!」とメールをくれたのは某大阪局のS氏。
僕の企画書で、メディアの若手社員の方が学んでくれるなら、嬉しい限りです。

TOKYO FMを退職して半年が経過し、この夏は本当に沢山の経験をしました。
いいことも悪いことも。嬉しいことも悲しいことも。
ともすればルーティーンに乗って、そつなく全てをこなして(こなせて)しまえる
30代中盤を、アタフタしながらも忙しく過ごせることはいいことなのかもしれません。

ラジオに限らず、様々な領域のコミュニケーション活動をプロデュースする立場として
新しい出会いを貪欲に追いかけ、常に新鮮なプランを描ける立場でありたいと思います。
なので、みんな色んなお話を持ってきてくださいねー!(←営業。)