« 9月に入りました。 | メイン | 現実逃避企画「Takをさがせ」 »

2007年09月03日

●鋼鉄のカリスマ。

アウトレイジ
アウトレイジ
posted with amazlet on 07.09.02
OUTRAGE アウトレイジ
ワーナーミュージック・ジャパン (2007/06/06)
売り上げランキング: 12483
おすすめ度の平均: 5.0
5 原点

さて、本日は夕方から川崎へ。
CLUB CITTAで、我が鋼鉄のカリスマ・OUTRAGEのデビュー20周年記念ライブがあったのです。
1980年代初頭に結成されたこのヘヴィ・メタルバンドは、かつて「名古屋の秘密兵器」と
呼ばれ、まだネットもなかったこの時代、87年に出たたった3,000枚の限定レコード(!)は
福岡の高校生には全く手の届かない代物でした。

その後88年にポリドールの洋楽部門と契約してメジャーデビュー。
当時は国内初のスラッシュ・メタルバンドのメジャーデビューでした。
1st「Black Clouds」の2曲目・「Under Control of Law」を聴いた時の衝撃から約20年。
僕にとっては未だにヴォーカルの橋本直樹氏は偉大なるカリスマです。

柔軟に音楽性を変えながらも、独特の切れ味とヘヴィネスを誇ったOUTRAGEですが
98年にはその橋本氏が脱退し音楽業界を引退。
その後バンドはベースの安井氏がヴォーカルを兼任してトリオで活動を継続しますが
僕の中では橋本氏のシャウトあってのOUTRAGEだった為、次第に心が離れてしまいました。

偶然ネット上で見かけた今夜のライブ情報に、「ゲスト:橋本直樹」の文字を見たとき、
本当に心が震え、全身に鳥肌が立ちました。
もう二度とライブでは聴けないと思っていた、カリスマの怒声に逢える!

やはりオールドファンはみなそう思っていたのでしょうか。
開場時のチッタは、とてもスラッシュのライブとは思えないほどの大行列。

s-0061.jpg
多分1,000人は来てた。

前座に、かつてOUTRAGEがその前座を務めていたANTHEMが登場。
余り興味は無かったのですが、やっぱ上手い。そして良い曲が多い。
特に「Bound to Break」や「Venom Strike」は歌っちゃったよ。
きっちりオーディエンスを温めて、彼らはカッコよく去っていきました。

それから20分後、遂に・遂に・遂に! オリジナルメンバーのOUTRAGEが登場!!!!
「MEGAROMANIA」から怒涛のスラッシーなサウンドが炸裂します!
かつてのライブがそうであったように、オープニングはMCナシのファストナンバーのラッシュ。
こりゃ付いて行くのは体力的に無理かな…と思っていたのですが
4曲目「Death Trap」・5曲目「Call of the hunter」で10代の頃の血がメラメラと燃え上がり
6曲目「Brind to Reality」で遂にブチ切れ。絶叫しながらヘッドバンギング!
大暴れしながら、橋本氏のヴォーカルに時折涙ぐんで居りました。感動だー!

MCで橋本氏は、何回も何回も「ありがとうね。」と言っていました。
直樹さん違うよ。それは俺たちのセリフだよ!
…あの会場を埋めたファンの7割(皆30代中盤以上)はそう思ったことでしょう。
あの翼を拡げるような腕のアクションも健在。あー生きてて良かった!
その後、「Just Believe in me」・「Fangs」・「Veild Sky」・「Curtain of history」・
「Madness」など、橋本氏在籍時の名曲が怒涛のラッシュ!
途中までなかなかキッカケを掴めなかったディストーションヴォイスの出し方も思い出し、
腹の底から歌い、ヘッドバンギングし、モッシュしました。
周りのオールドファンの殆どは棒立ちだったんだけど、ちょっとハッスルし過ぎたかしらん?

で、ラス前の「Under Control of Law」、1回目のアンコールの「My Final Day」、
2回目のアンコールの「Step On It」で完全燃焼しました。もう歩けない…。
最後はバンドとオーディエンスで記念撮影。アンセムのMADと森川も出てきて
「Blitzkreig Bop」でフィナーレとなりました。

帰りの電車の中では、疲労困憊。
喉は痛いし、首から上は完全にムチ打ち状態。。。
なのにこの至福感はなんでしょう。久しぶりに全力疾走した後の余韻に浸っておりました。

なんにでも真っ直ぐで、どんなことにも有り余るパワーをぶつけていた10代の頃。
あの頃には解らなかった、彼らの最高傑作「Blind to reality」の歌詞が身に沁みます。

Sometimes dreams are real.Sometimes reality is dream. Yeah! Seach! Don't give up!
Always short of courage. Don't know how to fight! Always running away! Never taste of victory...

ともすればこれが現実さ。と嘯き、現実に目を背け、戦うことを避ける…。
そんな大人になることを、果たしてあの頃の僕は願っていたでしょうか?

10代の頃のカリスマに、今再び力を貰いました。
明日からの毎日も頑張ろう!
ありがとう、OUTRAGE。ありがとう、直樹さん!
My fangs are so long yet!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメント

リマスター版じゃないLIFE UNTIL DEAFを去年中古で買って持ってます。僕が聴いた事がある音源はそれだけで「このバンドはスラッシュじゃないよな?」という印象でしたが、YouTube見て一変しました(当時の処理の仕方のギターとドラムの音にチョットニヤリとさせられたり:笑)。

スラッシュはMetallicaの...AND JUSTICE FOR ALLから入ったのが災いしてか、余り良い印象を持てなかったので殆ど聴いた事が無かったのですが、勿体無い事をしてかもしれないです。

>アイスストーンさん

あらま!音楽でも接点が!
つくづくニッチな所で共通点がありますね(笑)
ちなみにアウトレイジは、メジャー4枚目(FINAL DAY)あたりまでがオススメですね。
特にメジャー2ndの「BLIND TO REALITY」は、
千年の名作だと思います(おおげさ?)

きょうBURRN!誌読んでて気づいたのですが、橋本が完全復帰したらしいですよ。
http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=1000434222&blogID=355938490
http://www.myspace.com/outrageousjapanese

>アイスストーンさん

もちろんチェック済みですよー!
ただ、3月のライブは残念ながら行けません。
とりあえず今は、新譜が楽しみです!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)