« 本日は短信。 | メイン | ワクワクすること。 »

2007年10月11日

●ほん魔界な?

gc1.jpg
文字盤にAUTOMATICとは書いてあるが…。

さて、10月7日のエントリーにも書いた通り、最近中国製の機械式時計がアツいのです。
これまでスイスやドイツ、日本でしか作れなかった複雑機械式時計の製造に中国は熱心で、
今や時計産業の第三極として、香港及び中国の動向は無視できない存在となっています。

ただ中国の複雑機械式時計は、スイス・ドイツの高級メゾンのコピー商品(贋作)製造を
起点にし、発展してきた経緯から、余り評判がいいものではありません。
せっかく製造技術や精度を高めても、どーせニセモノ用だろ?…と見られている中国製時計は
水準の高さ、異様な安さ、そしてインチキ臭さを総合して「魔界時計」と呼ばれています。

んで、僕はコピー商品ではない魔界時計が好きなのですが
今回、eBayで魔界製・超複雑機械式時計(グランド・コンプリケーション)を落札しました。

「超複雑式」を標榜するグランド・コンプリケーションと呼ばれるには、
下記のいずれかの機能を2つ以上持っている必要があります。

<1>トゥールビヨン
<2>ミニッツ・リピーター
<3>パーペチュアル・カレンダー
<4>スプリット・セコンド(ラトラパンテ)

※上記の機構のそれぞれの説明はこのサイトをご一読あれ。
※これに時折クロノグラフを入れることもあります。

で、今回落札したMINORVAのグランド・コンプリケーションは、
パーペチュアル・カレンダー、ラトラパンテ、クロノグラフ、ムーンフェイズ(月齢計)と
恐ろしく多量の複雑機構をブチ込んでいます。
これに似た時計を、スイス複雑式時計の名門フランク・ミュラーが出していますが
そのお値段は、なんと定価680万円です。
トゥールビヨンもそうですが、グランド・コンプリケーション時計は簡単に1,000万円を
突破してしまうくらい貴重な代物です。

この時計、表面だけで針が10本。
2014年まで修正不要のパーペチュアル・カレンダーは、なんと閏年表示機能まで付いており
表示スペースが足りないためか、クロノグラフ系の表示はなんと裏面で行います。

gc2.jpg
もはや何を表示するのかさえ分からない。

で、このグランド・コンプリケーションを…
なんと今回、6.50$で落札したのです。
寧ろ送料が30$と高いのですが…(笑)

余りにも安過ぎるので、実際にモノが届かなければ
これが本当にグランド・コンプリケーションであるかどうかさえ疑わしいのですが
到着を楽しみに待ちたいと思います。

ちなみにこの時計、他のeBayのオークション結果を見ても25$くらいで落札されてるんですよね…。
怪しいなぁ。
流石「魔界時計」です。

【26:13 個人的な追記】

s-fm7000df.jpg
これが証拠だ!

この時計の裏面のクロノグラフは、タキメーター(速度計)・テレメーター(距離計)
そしてパルスメーター(脈拍計)であることが判明した…のだが、それと同時に
この盤面が、フランク・ミュラーの7000DFのまんまパクリであることも発覚。
ダメだ…この時計もパチもんベースだ…orz

【関連記事】
グランド・コンプリケーション顛末記(2007年10月17日)