« たまげた…。 | メイン | 1年4ヶ月ぶりの帰郷。 »

2008年08月31日

●懐中時計に手を出す。

P1000168.JPG
クラシックなので白黒で撮ってみました。

さて、最近買った時計シリーズの続き。
とうとう懐中時計に手を出してしまいました(笑)
昨年の11月に、ブレゲの伝説の時計「No.160-マリー・アントワネット」が
発見されたというニュースを見て以来、懐中時計欲しいなぁ病が発生しておりました。
今年のバーゼルでは、そのNo.160を復刻した「No.1160」が発表されていましたね。
で、実際に購入したのはフレデリック・コンスタントのRef.435MP5。
既にカタログ落ちしているのですが、正規品の在庫を見つけたのでゲットした次第です。

もともと懐中時計は1個欲しいな、と思っていまして
ロンジンかフレデリック・コンスタントのような、クラシカルなデザインで探していました。
細かいギョーシェ文字盤。スモールセコンド(インダイアルはレコード引き仕上げ)。
ローマンインデックスにブレゲ針。
サイドはコインエッジで仕上げてあります。ケースはK18GP。
うーん、クラシック!

ムーブはETA6497-1。所謂ユニタスの5振動・48時間パワーリザーブの方です。
ユニタスの場合、スモセコの位置によって6497と6498に分かれるようです。
んで、5振動が「-1」、6振動が「-2」になるんですね。
これまで「マネタス」と呼ばれる中華製のコピーモノは持っていましたが
スイス製は初めてです。ロービートの響きが大変心地よい一品となって居ります。

裏側はシースルーバックになっていますが、如何せん地盤の仕上げが素っ気無い。
正直あまり萌える要素はありません。テンプの大きさが目立つくらいですかねー。

P1000169.JPG
出来ればコート・ド・ジュネーブで仕上げて欲しかった。

初めてのフレデリック・コンスタントでもあり
トータルでは非常に満足度が高い、良いお買い物だったのですが
普段ポロシャツ・ジーンズで仕事をしているワタクシが
この懐中時計を持ち歩く機会は果たしてあるのでしょうか?
なんとなく鑑賞専用になっちゃいそうな予感がします…(苦笑)