« バカなんじゃないの!? | メイン | 只今暗躍中! »

2008年10月18日

●最近のヘヴィ・ローテーション。

さて、前回のエントリーでお話したeposの3377-2が無事到着。早速使っています。
3377の対称となる2モデルを揃えられたので、これはヘヴィ・ローテーションになりそうです。

P1000187.JPG
文字盤とインデックス、針が丁度対称になってます。

いずれもユニタスの6498がのぞけるスケルトンモデルです。
裏蓋側をギリギリまでサファイアクリスタルで可視化しており、輪列の美しさを楽しめます。
…が!この3377SL・3377-2BL共に、文字盤側の地盤の処理がヒジョーに甘いっ!
おそらくスケルトン処理しない普通の時計なら、地盤が汚くても問題ないのでしょうが
これだけスケスケにしたなら、見える部分はぜんぶきちんと仕上げて欲しかった…。
同じ価格帯の3369などは、地盤をペルラージュで仕上げているので余計に悔しいのです。
まあ…カッコいいからいいんですけどね(^^;)

で、epos2本と同じくらい最近活躍中なのが下の2本。
B-BarrelのBB0030と、ロベルタスカルパのRS-6042の"ディンクス・ブラザーズ"です。

P1000188.JPG
これはお買い得ですよ。おすすめ。

パテック・フィリップのように上品なBB0030(リンク先写真が綺麗です!)は、
シーガルのST17(21石・自動巻き)を収めた三針・スモールセコンドのクラシックモデル。
コールドエナメルの文字盤に、磨き上げた針やインデックスがとても美しい!
正直、これが1万円台前半で出せるならスイス製って…(以下自粛)と思える出来です。
手巻きした時の竜頭の感触が非常に滑らかなのも、質感の高さを感じさせます。
37ミリという絶妙なサイズも、この時計を積極的にチョイスする要因になるでしょうね。
あ!あと、この手の時計ではほとんど期待できない革ベルトも驚きの仕上がりですよ。

また直径50ミリに迫る超ビッグサイズのRS-6042は、中華製の「マネタス」が載った
スケルトンモデル。ローズゴールド(IP)のベゼルと同色に処理されたマネタスが
バッチリ拝めます。エングレーブ処理もeposに較べれば甘いものの、非常に美しいです。
買った当初は「流石に外に着けていくのは…」なんて思っていましたが、最近は
週末の番組収録などにフツーに着けて行ってます。超お気に入り♥

いずれも大変個性的な時計ですが、普段遣いできる気軽さが嬉しいですね。
最近、朝の時計選びにおそろしく時間が掛かるようになってきました(苦笑)

P1000186.JPG
中華トゥールビヨンも大活躍中です。

コメント

あれれ?Tak様。
ディンクス品番間違ってますよ(笑)
私もBB0030はお気に入りの一つで、うちのオヤジ所有のパテ(ゼンマイ壊れ中)と全く見劣りしない!と思っとります(笑)

それにしてもeposが二つ並んでると壮観ですね!
欲を言えば、黒文字盤もスケ部分を彫って欲しかったなあーと思います。

>ロベルタスカルノ先生

うわー!ホントに間違ってました!
早速修正しました。ご指摘ありがとうございました!
お父様ご所有のパテック…それはもう修理するしかないでしょう!
で、BB0030とパテックを使いまわすという魅惑のローテーションが…(涎)

ちなみに3377-2のスケ部分、確かに未加工なんですよね。
そんなところでケチらんでも、と思いますが
良心的価格でリリースするというのは、その分「あと一歩」の手間と
トレードオフするってことなのかもしれませんね。

いえいえ、どういたしまして!
うちの父のカラトラバは本当にタンスの上で埃被ってますよ。(ナントモッタイナイ)
何でももう2回もゼンマイが切れたらしく、修理代がバカらしいそうです(笑)
今は『一番頑丈だから』と言う理由でロレしかしてません。

>良心的価格でリリースするというのはその分「あと一歩」の手間と
トレードオフするってことなのかもしれませんね。

そこは悩ましい所ですね。
やはり、そこはぶーさんに中華で頑張って頂かないと!と思う今日この頃です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)