« 940円差でも負けは負け。 | メイン | B-Barrel BB0037は絶対買い! »

2008年11月09日

●夢の超特急、終着駅へ。

20081109181135s.jpg
さよなら運転に自分のメッセージを載せることができますよ。

♪ビュワーン ビュワーン 走る
 青いひかりの超特急。時速250キロ…
                   (「はしれ超特急」)

1970年生まれの僕が子供の頃、絵本や童話、そしておもちゃ…
周りのあらゆる環境に溢れていた「夢の超特急・ひかり号」。
1964年10月1日、東京オリンピックの9日前に営業運転を開始した東海道新幹線は
1975年に博多まで延伸。以来今日に至るまで、日本のビジネス・旅行の大動脈として
そして、日本の高度成長と技術力の象徴として輝き続けている。

特にその世界に誇る超高速輸送システムを支えた初代・0系新幹線には
思い入れの多い大人も多いのではないだろうか。
ビュッフェ、冷凍みかん、駅弁、修学旅行、就職試験…。
旅の非日常を象徴するモノも、成長と共に増えていく記憶にも、0系の登場機会は多い。

その0系新幹線が、今月一杯で営業運転を終了する。
今や3編成・18両にまで減ってしまった0系は、それでも往年の青/白のドレスをまとって
日々新大阪と博多を結んで駆け抜けている。
僕はさしたる「鉄」ではない(?)が、乗り納めしておきたいな、と思っている。

JR西日本が開設している「ありがとう0系新幹線スペシャルサイト」を観ていて、
何度も涙がこぼれそうになった。幼き日のときめきや若かりし日の感傷が、そこにはあった。

このサイトには、これから暫く、毎日18:21に0系新幹線が到着する。
12月14日のさよなら運転には、僕のメッセージが僕の代わりに乗車する。
ああ、0系に乗って旅したいなぁ…。


小学校の修学旅行のとき、生まれて初めて新幹線に乗った友人のF君は
興奮のあまり小倉駅からの発車と同時に鼻血を出した(笑)
そんな彼が、南極越冬隊員として活躍したんだから
永い時間が経ってるんだよなぁ。
そんな思い出もある、0系。お疲れ様でした。

コメント

この間、博多駅で0系見ました。
反対のホームに停車のN700系で東京まで行きました。帰りは700系。

おめでとう!

>軽い乗り鉄さま

…ねちょくん?
お久し振りです。相変わらずヘヴィな乗り鉄っぷりやね。
新幹線で博多?東京間とは…。

ちなみに先日、高山本線に初挑戦。
名古屋から下呂までワイドビューひだで往復しました。

あー。0系乗りたい!

おぉ!地方交通線ですか。
あの電話の後に行ったのかな?

当方次回は、ひかりRS、こだま、しらさぎ、北陸を乗り継いで行く計画よ!

>軽い乗り鉄さま

そうそう。あの電話の後色々調べて
結果高山本線にした訳です。

北陸まわってどこ行くの?東京?
だとしたら相当深刻な症状だね…(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)