« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月30日

●慌しい…。

P1000301.JPG
本日の時計。TICINOのレギュレーター・トゥールビヨンです。
これは同ブランドの中華ビヨンの第一弾。今は3rdモデルがリリースされています。

さて、どうにもこうにもここ数週間忙しいのです。
経営に参加させて頂いている3つの会社のうち、2つが2月決算なので
決算だけではなく、次年度の事業計画や営業的な仕込み、プレゼンテーションなど
幾らでも仕事があるのです。
特に、自分の会社は今回初めての決算なので、税理士さんに相談しながら
おっかなびっくり作業しているような状況で…。
明日も昼過ぎまで番組収録があり、その後取締役会がありまふ…。

ま、自分で選んだ仕事の仕方なのだから頑張らなければなりません。
ストレスが溜ったら、最近楽しくなってきたスポーツクラブで汗を流して
その後お風呂に入ればだいたいはOKです(単純だなぁ)。
あ、あと時計磨きに集中しているとこれも癒されますね!(バカ)

来週は広島・福岡と出張があり、東京での稼働時間が減るので
もっともっと頑張らなくてはいけません。
よし、気合を入れ直して一気に行くぞー!

2009年01月25日

●地獄の一週間終了…。

090125_0109~01.JPG
本日の時計。ロベルタスカルパのRS6036
キンキラキンですが、妙に愛着が湧きます(笑)

やっと地獄の一週間が終了。
木曜日に8時間の会議とか、金曜日に6時間の会議+3時間の会議とか
とにかく会議だらけの一週間でした。会議キライなのに…。
今日番組を3本収録して、ようやく落ち着きました。
あ、でも来週収録の「週刊日経トレンディ」の台本書いてない…。

そんな中でも、B-Barrelも出展していた「第1回国際時計展」を見に行ったりして
それなりに面白い写真なんかも撮ったのですが、流石にレビューを書く体力は無く…。
来週、時間が空いたときにゆっくり書きます。

さあ、今日は思いっきり寝るぞー!

2009年01月19日

●実用時計を買う。

090118_1327~01.jpg
ベゼルが小さく、文字盤面積が大きいのでかなりデカ目になります。

さて、先日よりちょこちょこと書いていた「新しい時計」なんですが
今回はオメガのシーマスター・アクアテラ(2502.34)を購入しました。
2009年最初の時計です。(先日のインチキマネタスは昨年発注分。)
今回は、長く使えるスタンダードな実用時計が欲しい!というコンセプトで選びました。

スタンダードな時計とは云えど、これまでのコレクションには無いサムシングが欲しいので

コーアクシャル脱進機
クロノメーター規格

の2つがトピックとなるこのアイテムを選びました。
普段、ロレックスやオメガといった「まさに定番ブランド!」は避けているので
ちょっとヘンな気分です。(高くて買えないというのも大きな理由ですが。)

このアクアテラに積まれているコーアクシャル脱進機は、第一世代のCal.2500。
既に第二世代のCal.8500系が流通し始めていますが、流石にお値段が張るのでムリ。
まあベースがETA2892-A2で信頼感はありますし、デビューから8年を経て熟成も進んでいるでしょう。
このコーアクシャル脱進機の搭載により、2892-A2と比較すると21石が27石に、パワーリザーブは
47時間が42時間に変更されています。

一番興味深いのは、2892-A2は8振動(28,800bph)なのに対し、Cal.2500は7振動(25,200bph)に
なっていること。2001年のリリース当時は8振動だったのが、熟成過程で7振動に落としているんですね。
これは何故なんでしょう?
まあ、メカニックの話は聞いても「?」になっちゃうんですが…。
ちなみにCal.8500系は最初から7振動のようです。
レバー式脱進機がほぼ常識となっている現状で、唯一大量生産されている新しい脱進機…ということで
ヲタ的な感性をくすぐられました。

クロノメーターについても僕にとっては初物。まあこれは「そういうのも欲しかった」という程度なのですが。
ちなみにケース径は竜頭を除いて約42ミリ。3サイズ展開しているアクアテラでは最大です。
僕のような腕回り18センチ程度の場合は、1サイズ下のメンズサイズ(2503 / 39ミリ)の方が適正です。
ベゼルが控え目の為、その分文字盤の面積が大きくなることからかなり大きく見えます。
某時計店でちゃんと下見をした上でラージサイズでいいやと思ったのですが、予想より大きいですね。
フラッシュフィットと一体型のラグも結構大きいので、手首を覆いつくすようになっています。
実勢価格はラージサイズが一番安いのですが、注意して選んでくださいませ。
同じサイズのカーキ・ネイビー・GMTと比較してもかなり巨大に見えます。

針とインデックスはローズゴールド。ケースをRGに、というと大変なのでこの辺で妥協(笑)
文字盤の色味と併せて、精緻な感じがするので好印象です。

取りあえず5日間使用し続けて、日差は平均で-1秒。
マイナスなのは気に入りませんが、精度そのものは悪くないのでもう少し様子見です。
ちなみに、金曜日にお会いした某音楽プロダクションの社長(時計マニア)に見せようとしたら、
その社長、腕にはミルガウスが輝いており、しかも
「明日さあ、アクアノート買うんだよねぇ。楽しみなんだー♪」とのこと。
ま、負けました…orz

【購入の際、参考になったサイト】
現代、最高の『実用時計』とは」(ちょい枯れオヤジの腕時計指南)
Omega Cal.2500とRolex Cal.3130」(かみのるすぶろぐ)

2009年01月14日

●ただのにっき。

P1000273.JPG
本日の時計はブルガリ・エルゴン(EG40BSSD)。ゲンを担ぎたい時に着けます。
ちなみにムーブはETA2892-A2。精度は上々です。

本日はエアフレイムの取締役会。
僕は今度の2月で一応役員としての任期が切れるので、
株主の皆様に続投を前提とした将来構想などをお話ししました。
不甲斐ない結果で終わった2008年。ここでおめおめと引き下がる訳には行きません。
苦しいからこそ留任して、逆転してからその任を終えたいものです。

苦しい時ほど前を向き、哀しい時こそ笑顔を絶やさず
日々一所懸命頑張りたいと思います。
いつか自分の価値を、自分自身で信じることが出来るように。

そうだ!今日は新しい時計がおウチに届いてるんだ!
さて…ワタクシの2009年1本目の時計はなんでしょう?待て続報!(バカ)

2009年01月13日

●修羅場と楽しみ。

090113_1428~01.jpg
ちなみに本日の時計は、J.SPRINGSのBEB004
このシリーズ、カラバリ3色揃えてます(バカ)。

さて、只今絶賛修羅場中。
明日の取締役会の言い訳報告も考えなきゃいけないし、
明後日収録の「週刊日経トレンディ」の台本は2本とも全く手付かずだし、
明々後日の某社団法人のセミナーの準備もまだまだ沢山あるし、気が抜けません。
とか言いながらブログを更新しているのはまったくの現実逃避でしかない訳ですが(笑)

とはいえ、そんな修羅場な今週にも楽しみがある訳で。
昨年末から悩んでいた時計を遂に購入し、今週中に届く予定。
今回は久々に長いこと(3週間も!)悩んだので、余計に楽しみです。

色々仕事したり、考えたりしなきゃいけない問題は山積みなのですが
取りあえずひとつひとつやっつけていくことにします。頑張るぞ!

2009年01月12日

●魔界からのいやげもの。

090106_1144~02.jpg
素人は手出し無用ってことですかね…(涙)

さて、先日eBayを通じて購入した魔界製のスケルトン時計。
中華ユニタスを美しくエングレーブしたその様は、B-BarrelのBB0037にそっくり。
地盤のくり抜き方(3本指とかはナシ)やエングレーブの違いなどで見分けが付きますが
おそらく同じような商品だろうと思っておりました。
実際エングレーブはかなり頑張ってます。BB0037に較べると、細部がちょっとボケ気味ですが。

090106_1144~01.jpg
金色がBB0037。こうやって見るとホントに似てる。

一番の違いは、今回のブツはテンプにチラネジが付いていることと、異様に長い緩急針。
まー先生のお手許にも似たような一品(これはかなり上物らしい…)があるようですが、
これって、IWCのポルトギーゼ・F.A.ジョーンズのパクリが源流だとか。
もちろんこのスケルトンデザインそのものはパクリものじゃないのでご安心を。

090112_1130~01.jpg
美しいのは美しいのよ。

で、この時計。BB0037の販売価格よりかなり安く入手できました。
やっぱeBayで直接買い付けると安いのねー、なんて思っておりましたら
やはりタダでは済みませんでした。

何が凄いって…。

まず日差120分。
「120秒」ではありません。マジで24時間で120分進みます。もう緩急針とかの問題じゃない。

そしてムーブがきちんと固定されてない。
腕に着けていると、揺れたときにムーブがカタカタ鳴っております…orz

その他にも、青い針は当然塗り。針の裏側を見ると、未塗装の部分に表の塗料が
ところどころベットリとはみ出てたりします(諦笑)
ロベルタスカルパのRS6042の針も塗りですが、全然クオリティが違います。
(第一RS6042の中華ユニタスは杭州産ですが、非常に正確ですよ。)

当然、こんなの実用には使えないわけで。一応コレクション棚には置いてますがね。
150$近く掛けて時計風オブジェをお取り寄せしたようなものです。
実は今回のアホ時計は、あの悪夢の魔界コンプリケーションを寄越してきたのと同業者(笑)
僕も懲りないですよねぇ…。

あのね、今回非常に良く判ったのですが
魔界時計は、見た目が同じでもモノによって全然クオリティが違ったりします。
今回のブツは、安いしチラネジ付いてるし緩急針が長くて萌えるスペックではありますが
時計として使えなければなーんの意味も無いのです(泣)
この時計、まー先生ご所蔵の一品にとても似ているんですが、おそらくまともには出荷できない
B級品(っていうかZ級品)だったのでしょう。
その辺、ちゃんとしたルートが確保できるか、何回でも懲りずにリトライする決意がなければ
やはりB-Barrelのようなちゃんとしたところの商品を買うべきです。
(しつこいようですが、BB0037は本当におススメなんですってば!)
ちなみにケースは同じもののように見えますが、厚みなどが違います。
あと、ベルトのクオリティにもかなり差がありました。

僕はちょっと懲りたので、しばらくは直接買い付けはやめときます…。

090112_1703~01.jpg
本日の時計。スウォッチのYCS1005 "TIME CUT"
アルミニウムの一体型ケースと、ラバーベルトがいい感じ。
本日はスポーツクラブの日だったので、こんなのもいいかと。
あ、ちなみにプラスチック風防も萌えポイントです。

2009年01月11日

●機械式時計の入り口は?

090111_1608~01.jpg
これはホントにいい時計。

さて、今回は皆さんに聴いてみたいことがあります。
機械式時計にハマったきっかけとなった一本はなんですか?
僕は、ハミルトンカーキ・ネイビー・GMTです。
2005年に購入し、ずっと愛用しています。

GMT表示は9時位置の窓で行い、インナーベゼルでは24都市表示。
ムーブはETAの2893-1です。僕の場合、仕事の関係上ホノルルの時間を表示させています。
42ミリの大型ケースにガッチリしたリューズガード、そして表示の多彩さに
イチコロでやられました。当時はバリエーションはそんなにありませんでしたが、
いまでは様々なブレス素材やインナーベゼルの表示などで、結構種類があるみたいですね。
PGPモデルなんかもあって驚きました。
(更にオフィシャルサイトを見たら、ハリソン・フォードコラボモデルみたいなのもありますね。)

とは言え、やはり僕がお勧めしたいのはクロコベルトのモデル。
他のモデルより若干高くはなりますが、それだって7万円台で購入可能です。
(この時計、当時はかなり安く買えたのですが…確か5万円ちょっと。)
このクロコベルトが、3年以上経過して実にいい飴色になっているんですよ。
ベルトの茶色の光沢とケースの銀色、文字盤の黒が非常に調和していて
とても雰囲気のある時計になっています。

ハミルトン自体はスウォッチ・グループの中では比較的下位のブランドですが、
リーズナブルでカッコいい時計を沢山リリースしている良心的なブランドだと思います。
この時計は多分、いつまでも大切にすると思います。
初めての機械式ではありませんし、特別な思い出と結びついている訳ではないのですが
純粋に機能と美しさで、飽きさせない一本です。
是非、皆さんの「これでハマった!」という時計も教えてください。


ちなみに楽天だとここが一番安かったです。(クロコモデルね。)

2009年01月08日

●残業中の独り言。

P1000272.JPG
またまた本文とは関係なく、本日の時計。
本日はeposの3377-2BKです。

亀の甲より年の功、ではないけれど
人が嘘や誤魔化しをしようとした時、それを敏感に感じることができる歳になってきた。
それを突こうとすると、話題を逸らして逃げようとする姿勢も
大概の場合、すぐに読み取ることができる。

信頼…というか、気持ちだけで支え合う関係ならば
そういう誤魔化しって、致命傷だと思うんだけど
そうではない、と考えたり、誤魔化しきれる、と思う人も居るみたい。

俺も軽く見られたもんだなー…。

以上、愚痴っぽい独り言でした。失敬。

2009年01月07日

●夜の習慣。朝の習慣。

090106_1224~01.jpg
出勤前の小さな幸せ。
本日はロンジン・コンクエスト・クラシックでした。

2009年の仕事も、次第に本格化してきました。
特に来週末行われる某社団法人のセミナーでは演者側なので、その資料を作らなければ。
うわっ!しかも来週って「週刊日経トレンディ」の収録もあるし、取締役会も入ってる…。
寒さも仕事も厳しくなるぞー!

そんな慌しい日々でも楽しめるのが時計趣味の良いところ(笑)
毎日寝る前に、翌日着ける時計を3つから4つ程度まで絞込み、
ゼンマイを巻き上げ、時刻とカレンダーを合わせます。
で、翌朝その中から一本を選んで出勤する…という習慣になっています。

こうすると、朝と夜の2回時計を選ぶ楽しみがありますし
出掛ける前に慌てる必要もありません。おススメです。

…と云いながら、実際には決め切れなくて遅刻したり
前夜の候補とは全く違う一本を選んでしまうことも多いのはナイショです。

※私信 キングレコードさん、ありがとうございました!

2009年01月05日

●浪漫鉄道、走る!

今、興奮が止まりません。
僕が「世界一の社歌」と信じ、鉄道ファンにも大人気の
JR九州社歌「浪漫鉄道」が、遂に、遂に、遂に!
CD化されるのです!(詳しくはこちら!
いやーもう、本当にこれはタマラン。

え?聴いたことないんですか?
それは大変!今すぐ下の動画を観てみてください!
歌は、これまた僕が大好きなハイ・ファイ・セットです!!!


コメント表示をOFFにした方が読み込み早いです。
Firefoxをお使いの方で、上記フレームの表示がおかしい方はこちらをご参照下さい。

この「たのみこむ」のページでも判る通り、熱烈なCD化へのラブコールが止まなかったこの歌。
ただ単に旅情・郷愁を掻き立てられるだけでなく、九州出身であることへの誇りを思い出させ、
尚且つ音楽的にも大変素晴らしい出来であることも特筆すべきポイントです。
これを聴くたびに涙が出るほど感動してしまうのは、僕が鉄ちゃんだからという訳ではないと思います。(多分)

JR九州に勤める、小・中学校の同級生H君(超ど鉄。それが昂じてJR社員ですよ…。)から
カセットテープに入ったこの曲を貰って以来、15年近く待望したこのCD。
とにかく発売日にゲットしなければ!
勿論、FM SalusでもHawaii101FMでもかけまくります!
あ、FM Salusは東急電鉄系だった…。

※業務連絡。キングレコードのプロモーターの方、CDは自分で買いますので
 是非新譜資料をご送付下さい。ご連絡はこちらから
 絶対オンエアします!CDレコメンドします!

ちなみにハイ・ファイ・セットは、この曲もお勧めです。超泣けます。

2009年01月04日

●休暇も終わり。

P1000267.JPG
本日もフレコンでした。最近かなりお気に入りです。

さて、日並びが異常に良かった年末年始休暇も今日で終わり。
僕も今日のお昼、帰省先の福岡から自宅に戻ってまいりました。
紅白歌合戦なんて、初めて最初から最後まで観ちゃいましたよ!
ラジオ局時代には、年末年始って間違いなく仕事だったからなぁ。
あとは…テレビでお笑い番組を沢山観ましたが、面白くない芸人さん増えすぎです。
あれでどう笑えというのでしょうか?(フンガイ)
明日からまた忙しくなりますね。お互いに頑張りましょう…。

ちなみに、12月最終週からずーっと悩んでいる時計が一本あります。
というか、流石に家庭の理解が得られ難くなっており、説得に難儀しております(笑)
2009年こそは、時計は買い過ぎないように気をつけようと思います!

2009年01月01日

●2009年の目標。

logo_ols.jpg
これも真面目な目標です。

明けましておめでとうございます。
昨年は仕事でも、趣味でも、沢山の方々のご助力やご指導、ご鞭撻を頂き
幸せの裡に終えることが出来ました。ありがとうございました。
2009年は未曾有の不況と巷間囁かれては居りますが
そんな時こそ、夢の力・自身の力・人の和の力を信じて、笑顔で前進しましょう。
今年も何卒宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------------

さて、元旦なので一年の計。
昨年はじめに立てた2008年の目標は、一部のものこそ達成できたものの
主軸であったエアフレイムの事業について立てた数的目標は、未達どころか
却って大きく前年割れという厳しい結果になりました。
確かに広告市況が大きく縮小したという外的要因はありますが、一部の大型案件に依存する
業務ポートフォリオのいびつさに振り回されたことが最大の反省点であります。
それを踏まえ、2009年の目標を下記の如く定めました。

<大目標>
・不況時こそ大いなるチャンスと心得、大いに戦うこと。
・夢を夢で終わらせず、柔軟な姿勢で仕事に臨むこと。

<個別目標>
【エアフレイム】
・大幅な事業体の再構築、スリム化。
・利益体質への確実な転換。
・累積赤字の解消。

【SEVEN】
・足腰の強い事業体としての、ライツ事業部門のレギュラー案件獲得。
Hawaii101FMを中核とするメディア事業部門の安定収益源化。
・コンテンツ事業部門における、雑誌等紙メディアへの早期復帰。
・前年200%を超える成長と、それによる取引企業との共栄。

この目標とともに、2009年の「夢事業(昨年はHawaii101FM事業スタート)」として
本日、「独自ブランドによる時計事業への参入」を発表いたします。
昨年晩秋から暖めてきたこの事業は、既に某社長のご助力を得て動き始めています。
Hawaii101FM事業と共に、自分の趣味を仕事に転じた無謀な企画ではありますが、
やる以上は必ず利益を出したいと思っています。
今回は事業のスタートそのものと、ブランドロゴの発表しかできませんが
詳細は2月ごろ発表できる予定です。どうぞお楽しみに!

それでは、今年も宜しくお願い致します!