« ただのにっき。 | メイン | 地獄の一週間終了…。 »

2009年01月19日

●実用時計を買う。

090118_1327~01.jpg
ベゼルが小さく、文字盤面積が大きいのでかなりデカ目になります。

さて、先日よりちょこちょこと書いていた「新しい時計」なんですが
今回はオメガのシーマスター・アクアテラ(2502.34)を購入しました。
2009年最初の時計です。(先日のインチキマネタスは昨年発注分。)
今回は、長く使えるスタンダードな実用時計が欲しい!というコンセプトで選びました。

スタンダードな時計とは云えど、これまでのコレクションには無いサムシングが欲しいので

コーアクシャル脱進機
クロノメーター規格

の2つがトピックとなるこのアイテムを選びました。
普段、ロレックスやオメガといった「まさに定番ブランド!」は避けているので
ちょっとヘンな気分です。(高くて買えないというのも大きな理由ですが。)

このアクアテラに積まれているコーアクシャル脱進機は、第一世代のCal.2500。
既に第二世代のCal.8500系が流通し始めていますが、流石にお値段が張るのでムリ。
まあベースがETA2892-A2で信頼感はありますし、デビューから8年を経て熟成も進んでいるでしょう。
このコーアクシャル脱進機の搭載により、2892-A2と比較すると21石が27石に、パワーリザーブは
47時間が42時間に変更されています。

一番興味深いのは、2892-A2は8振動(28,800bph)なのに対し、Cal.2500は7振動(25,200bph)に
なっていること。2001年のリリース当時は8振動だったのが、熟成過程で7振動に落としているんですね。
これは何故なんでしょう?
まあ、メカニックの話は聞いても「?」になっちゃうんですが…。
ちなみにCal.8500系は最初から7振動のようです。
レバー式脱進機がほぼ常識となっている現状で、唯一大量生産されている新しい脱進機…ということで
ヲタ的な感性をくすぐられました。

クロノメーターについても僕にとっては初物。まあこれは「そういうのも欲しかった」という程度なのですが。
ちなみにケース径は竜頭を除いて約42ミリ。3サイズ展開しているアクアテラでは最大です。
僕のような腕回り18センチ程度の場合は、1サイズ下のメンズサイズ(2503 / 39ミリ)の方が適正です。
ベゼルが控え目の為、その分文字盤の面積が大きくなることからかなり大きく見えます。
某時計店でちゃんと下見をした上でラージサイズでいいやと思ったのですが、予想より大きいですね。
フラッシュフィットと一体型のラグも結構大きいので、手首を覆いつくすようになっています。
実勢価格はラージサイズが一番安いのですが、注意して選んでくださいませ。
同じサイズのカーキ・ネイビー・GMTと比較してもかなり巨大に見えます。

針とインデックスはローズゴールド。ケースをRGに、というと大変なのでこの辺で妥協(笑)
文字盤の色味と併せて、精緻な感じがするので好印象です。

取りあえず5日間使用し続けて、日差は平均で-1秒。
マイナスなのは気に入りませんが、精度そのものは悪くないのでもう少し様子見です。
ちなみに、金曜日にお会いした某音楽プロダクションの社長(時計マニア)に見せようとしたら、
その社長、腕にはミルガウスが輝いており、しかも
「明日さあ、アクアノート買うんだよねぇ。楽しみなんだー♪」とのこと。
ま、負けました…orz

【購入の際、参考になったサイト】
現代、最高の『実用時計』とは」(ちょい枯れオヤジの腕時計指南)
Omega Cal.2500とRolex Cal.3130」(かみのるすぶろぐ)

コメント

ふ、普通だ(笑
ところでオメガのクラスプって耐久性どうなんでしょう?

そういや今思い出したのですが、機械式時計を買い漁る切っ掛けは、当時4万(いや5万?)くらいのショボいケースのオメガ(新品、ムーブはETA 2824?モデルは何か知らない)を見て、もともとブランドに関心ないし、こんなの買うんだったらもっとカッコいいスイス時計買えるよなあと思った事だったような気がします(実際は余りカッコいいスイス時計は持ってませんが:笑)。

>アイスストーンさま

まあ、たまには一般的な時計も(笑)
クラスプも含め、アクアテラのブレスは若干心許ないです。値段の割には…という感じですね。
アイスストーンさんの「きっかけ時計」はオメガでしたか。比較的手頃な価格で買える時代もあったんですね。

ちょっと不思議なのは、スウォッチグループが、オメガのブランドレンジを徐々に上げていること。基本的にはロレックスの対抗に持って行きたいみたいですね。
んで、ゼニスなんかもティエリー・ナタフが高級ブランドにしたじゃないですか。
普通ブランドビジネスを考えた場合、ハイレンジのブランドから、ディフュージョンブランドを産んで下にターゲットを拡げていくのは、ブランド側も消費者側も理解できるじゃないですか。でも、元々そこまでじゃないブランドをハイレンジに押し上げるって、良く消費者が納得するなぁと思うのです。
時計とかがレアケースなんですかね。

月に12本時計を買うような人間になる前は、生涯で9本(うち自動巻5本)しか時計を買ってない人間でしたからね。

そんな普通?の人間の時はセイコー5を3本買った経験がありました。
・大学生くらい、DIY店、¥2980、日本製で4時くらいの辺りにある竜頭がケースに埋まってる奴。裏は透けてなくて、ケースも薄め
・社会人なりたて、アキバのオジイチャンと外国の人がやってた露天、¥5000、海外組立製で3時に竜頭が出てる奴、ガラスにホログラム、裏は透けてなくて、ケースは現行のように厚くなった
・10年位前?、DIY店、¥5000、海外組立製で4時くらいの辺りに竜頭が出てる奴、裏透け

当時の僕の中では「時計は1万円以下で買うべきモノ」でしたね。今では「原則2万円以下、例外結構アリ」になってしまいました。

消費者云々の件ですが、普通は「以前の価格を知らない」人ばっかりだと思いますよ。時計に限らず、一般的な消費者がチェックするのは自分が買いたい時の相場だけですよ。高級時計のように、何かのお祝い的なキッカケで買うような要因の一見さんが多い奢侈品であれば尚更です。僕の経験的には、時計は結婚関係とか出産、育児関係なんかの概念と殆ど代わらないと思いますよ。過去の情報(明確な金額、品質が良い・悪いなど)は一般的には継承されません。継承されるのはブランド等の「イメージ」くらいなもんですよ。

それに本当の金持ちは多少値上がっても関係ないですしね、金持ではない時計コレクターでも、自分の持ってる時計の値段が上がって価値が上がったって喜んでいる人もいるかもしれないし。

まあ、あくまで僕の主観ですけどね。

>アイスストーンさま

月に12本!?
それはさておき、確かにブランド時計なんてそうそう頻繁に買うものじゃないでしょうから、「その時の価値(価格)」以外はあんまりフォーカスされないんでしょうね。
「いい時計」って部分だけで充分でしょうから。
その部分は、ヲタの視点から離れきれていませんでした。勉強が足りんなあ。

ちなみにセイコー5、何故か一本も買ったことがありません。
「アトラス」とか、いつも欲しいなと思っているのですが、それ以外の候補に負けて後回しになっちゃうんですよねー。

>月に12本!?

ここ参照です。
http://nui.cc/2008/01/post_133.html

セイコー5は、普通に使ってればオーバーホールなしでも精度殆ど狂いませんしね。今週二代目(恐らく買ってから15年以上)を使ってましたが、一度も時間調整しませんでした。
ちなみに、3本買ったうち2本は弟にあげましたが、彼はどちらも破壊してしまったらしいですが・・・。

要は、誰向けに売るかなんですよな。5はオタ以外にも訴える価格(安い)ではありますが、ステイタスは全くありませんし。

>アイスストーンさま

おお!最初にコメントを頂いた時に記述がありますね。内訳がぜひ知りたいです。

セイコー5は本当にいい時計だと思います。ただ、僕の「欲しい!」感性にフックするものが少ないんですよね…。
ちなみに楽天の「お気に入り」には常に数本入っているのですが。
やっぱり一本買ってみようかな…。

>セイコー5は本当にいい時計だと思います。ただ、僕の「欲しい!」感性にフックするものが少ないんですよね…。

ズバリ要らんでしょう。売ってる物には日本製ファイブもあって、性能も結構高いでしょうけど。
日本の安時計は、ガラスがとにかくショボイんですよね、あとブレスも微妙。僕はスイス時計買い漁るようになってから、ファイブは1本も買ってません。

ハッキリ言ってファイブは白物家電と似たような概念で存在してるんじゃないかな?耐久性も値段も性能もバランスが取れているんだろうけど。

>アイスストーンさま

アハハ、ホントにズバリですな(笑)
確かに、あのブレス(巻きが多いですよね…無垢も薄いし)はちょっと、という感じがします。
もう少し色気があればいいんだけど。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)