« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月15日

●週末は週末で慌しい。

090315_1755~01.jpg
ヘアライン仕上げの小傷取りって難しそうで。

さて、本日はFM Salusで番組収録4本。長かった…。
併せて、Hawaii101FMの春改編に伴うSalusとの協力体制についての打合せ。
お休みの日も、色々慌しく動いております。
今日打ち合わせたSalusとの新しい企画を現実に出来ると楽しいんだけどなぁ。

で、今日は久し振りにロンジン・オポジション(L3.623.4.78.6)を着けました。
僕が買った最初の機械式腕時計です。
ロンジンが安売りブランドに身を窶していた頃の一品で、
残念ながらプラスチッキーな文字盤(実際の素材は判りませんが)と、
高級感の感じられない針が大変残念な気分になります。
全体のデザインは決して嫌いではないのですが。

ただ、この時計にもいい所は勿論あります。
まずムーブ。ロンジンでは「L619.2」と称するETA2892A2ベースのそれは
ローターや地盤に丁寧なペルラージュが施してあり、結構美しいです。
精度的には日差+3秒程度で非常に優秀。安心して使えます。

090315_1753~01.jpg
L619.2は、ウィームスシリーズ(復刻版)など幅広く使われています。

またブレスの仕上げはカッチリとして隙が無く、観音開きのバックルを閉じると
ラグからラグまで一周するコマの連なりが非常にいい感じです。
またケースも薄く、38ミリ程度の径と併せて嫌味なく使えます。

決して質感の高さや所有感を満足させるサムシングはありませんが
長く使える良い時計だと思います。
もう7年位使っているので結構小傷があるのですが、磨き方が判らずそのまま。
ちょっと可愛そうなので、今度手入れしてあげましょう。

●ザ・ヒット・パレード

P1000362.JPG
お気に入りの店だからって、寝ちゃいけない。

今日は、ナベプロのA嬢のお勧めミュージカル「ザ・ヒット・パレード」を銀座で鑑賞。
ナベプロの創設者である渡辺晋氏と、その妻美佐女史を主人公にして
戦後の荒廃から起ち上がり、音楽の力を信じて未来を切り拓くその生き様を描いた作品です。
この作品、本来ならば懐かしいメロディと共に、日本の戦後エンタメの足跡を辿るのが
正しい楽しみ方だと思うのですが、僕はどうしても違う視点で観てしまいました。

音楽の力と自身の発想力、時代を読む力で瞬く間に巨大プロダクションを創った男が
何をモットーにしていたのか、何を支えにしていたのか。
そして時代の変化と共に、創業の苦楽を共にした仲間を失い、凋落を経験した男が
どんな苦悩を抱えていたのか。どんな孤独を感じていたのか。
この会社と長く付き合っているからこそ、その創業者の想いを知りたかったですし、
コンテンツを創る企業を営むいち経営者として、先達の視点を感じたかったのです。
また、旧来の業界の構造を変えていくイノベイティブな姿勢も学びたかったのです。

勿論ショーですから、その全てを学ぶことは適いませんが
得るものは確実にありましたし、今の自分との共通項を感じることもできました。
(ちょっとオコガマシイですかね…。)
時代やその舞台が変わっても、先達の足跡は即ち生ける教材であると思いました。
いい舞台だったなぁ。皆さんにもお勧めします。チケット取りますよ。
あと、戸田恵子さんのオーラが素晴らしかったです。輝いてるなー。

ちなみに、僕の2列前の座席で舞台を見ていた渡辺ミキ女史
(主人公夫妻の娘さんで、ワタナベエンターテインメント社長)は
どんな想いでこのストーリーを観ていたのかにも興味が湧きました。

その後、恵比寿のROSETTAで久し振りに食事。
相変わらずシャンパンとワインで酔っ払い、食後のラウンジで居眠り。
この悪癖はどうにかならんものか…。

2009年03月11日

●不景気だねぇ。

090310_0947~02.jpg
本日…ではなく、昨日の時計。
ロンジン・コンクエストとGPのオールドクロノ
新旧クラシッククロノを並べて撮ってみました。

どうもここ最近、景気の悪い話を聴くことが多いです。
自身の会社の経営が危殆に瀕しているという社長仲間や
あの局のネット枠から何社スポンサーが落ちた(契約終了)とか
あの局の春の改編は凄まじい内容になっているとか。
かつての同期が、退職勧奨にもとれる異動内示を受けているとか…。
どれも驚くような話ばかりです。
100年に一度の不景気は、身近なところにも強烈なインパクトを与えています。
マクロなところでは…
最近、証券口座のポートフォリオも余り見ないようにしています(苦笑)

うーん、なかなか厳しいなぁと思っていたら
足元の僕の仕事も、新年度の契約継続・新規契約が滞っていたり
昨年より厳しい内容で契約を更新したり、となかなか視界が開けません。
おかげで、売り上げ見込みが建てられずに難儀して居りますよ。

ただ、そんな時にこそ弊社のような小さな会社は、
その身軽さを武器に、状況に柔軟に対応できると信じて戦うしかありません。
警戒すべきは、己の経営判断の甘さと心の弱さです。
頑張らなくちゃ。

で、先程税理士の先生からお電話が。
確定申告をしたら、結構な額の所得税を追い払いしなければならないそうで…。

嗚呼、totoで6億円当たらないかしらん(2回目)

2009年03月09日

●シリーズ「今週のお花」その2

P1000357.JPG
僕の机がまるでスイーツなOLさんのそれのように…!

さて、先程オフィスで畏友・ippeichanと打ち合わせをしていたら郵便屋さんが。
なんと、Hawaii101FMでお世話になっているN社のM社長からのお祝いのお花。
M社長、お気遣いありがとうございます。とっても嬉しいです!

ちなみにこのM社長、番組制作会社の社長でありながら、絵本の原作者でもあります。
ハワイを舞台にした、とってもかわいくて元気になれるお話です。
お子さんの情操教育・英語教育に役立つだけでなく、とかく荒みがちな(笑)大人たちの
癒しにもなりますので、一度読んでみて下さい。


とってもかわいい絵本ですよ。

そう言えばM社長は、Hawaii101FMのオフィシャルブログも書いています。
たまにこのブログのネタが取り上げられて、恥ずかしい思いをしています…(^^;)

…と、ここまで書いてリンクのためにそのブログを開いたら
またワタクシのことが書いてありました…。

2009年03月07日

●どーでもいい時事ネタ。

さて、昨今玉置浩二氏のニュースが巷間を賑わせておりますが
それにより、完全に忘れていた記憶を思い出しました。

あれは20代の終盤だったか、30代の序盤だったか…
当時のガールフレンドとハウステンボス(ここも大変みたいですね)に行ったときのこと。
一日遊びまわって、そろそろホテルに戻ろうか…というタイミングで
じゃあ運河に掛かる橋の上で、記念写真を撮ろう!という風になりまして。

んで、すいませーん!写真撮ってもらえますかー!と
近くを歩いていた男性にお願いすると、いいですよ、と快く引き受けて下さり
「じゃあ撮りますよー!」としゃがんだその男性を改めて見てびっくり。
玉置浩二氏でした。
本来「あなたの写真を撮らせて下さい!」とお願いされがちな人に、
逆に写真を撮らせてしまったという(笑)
写真だけに、僕のピントのズレっぷりが際立ちましたよ、と(駄洒落)。

結局その後、玉置氏と三人でも写真を撮った筈なのですが
現像した写真を持っていないのは何故なんでしょう?
撮るだけとって、現像しなかったのかなぁ。

しかし、その時の記憶が完全に埋没していたことが
僕個人としては一番の驚きでした。やっぱ歳なのかねぇ。

P1000356.JPG
本日の時計、セイコーのSNP001P1。
この時計についてはこちら

2009年03月06日

●お知らせとお知らせの予告。

7logos.jpg

本日、株式会社SEVENは一周年を迎えました。
これも偏に皆様の温かいご支援とご尽力の賜物です。
本当にありがとうございました。

今後、2年・3年・10年と続いていくように。
そして、重ねていくその年輪が豊かで輝かしいものであるように
一所懸命、一生懸命頑張って参りますので
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

尚本日3月6日中に、一部地域を除く全国のラジオ関係者の皆様に
弊社より新企画のご案内を差し上げますので
宜しくご検討賜りますようお願い申し上げます。
「案内来ないよ!」と仰る方は、是非ご連絡下さい。

2年目も頑張ります!

2009年03月01日

●地球の反対側から。

090301_1228~01.jpg
これで70歳ですよ。

さて、先日のエントリーでちょっと書いた時計。
今回はeBayで、アンティークのジラール・ペルゴーを購入しました。
なんとアルゼンチンはブエノスアイレスからのお取り寄せです。
インターネットって便利だなやぁ。

1930?40年代の所謂ドクターウォッチで、文字盤外周のスケールは
タキメーターではなくパルスメーターです。
ムーブメントはValjoux22、2カウンターのクロノグラフです。
Valjoux22は、1940年代に入るとプッシュボタンが殆ど2つになっているようですので
モノプッシャーのこの時計は、かなり古いものでしょう。

090301_1230~01.jpg
怖くてクロノは作動させられません。

文字盤はおそらくリダンされていて、プラスチック風防も交換されていますが
そのおかげで非常に程度が良く、日常使いできそうなコンディション。
精度はいま測っていますが、意外と悪くなさそうです。
ただ時々引っ掛かるみたいで、既に2回ほど止まっています(軽く叩くと動き出します)。
ちょっといい革ベルトを付けて、スーツに合わせてみたいですね。
ケース径は竜頭を除いて35ミリですが、形状的にかなり大きく見えます。

第二次世界大戦のあと位まで、ブエノスアイレスは南米では突出して豊かな街だったようで、
eBayでアンティーク時計を探すと、彼の地からの出品がかなり目立ちます。
ちなみにブレゲの場合、トルコからの出品がありますね。
流石「トルコウォッチ」を作っていたブレゲだな、と感心したり。

eBayではつい先日痛い目にあったので(笑)、どうかなー…と思っていましたが
どうやら今回は当たりを引けたようです。
ただ…家人にバレたため、決済代金の即時返還を求められております。
嗚呼。orz