« ゴクリ…。 | メイン | お知らせとお知らせの予告。 »

2009年03月01日

●地球の反対側から。

090301_1228~01.jpg
これで70歳ですよ。

さて、先日のエントリーでちょっと書いた時計。
今回はeBayで、アンティークのジラール・ペルゴーを購入しました。
なんとアルゼンチンはブエノスアイレスからのお取り寄せです。
インターネットって便利だなやぁ。

1930?40年代の所謂ドクターウォッチで、文字盤外周のスケールは
タキメーターではなくパルスメーターです。
ムーブメントはValjoux22、2カウンターのクロノグラフです。
Valjoux22は、1940年代に入るとプッシュボタンが殆ど2つになっているようですので
モノプッシャーのこの時計は、かなり古いものでしょう。

090301_1230~01.jpg
怖くてクロノは作動させられません。

文字盤はおそらくリダンされていて、プラスチック風防も交換されていますが
そのおかげで非常に程度が良く、日常使いできそうなコンディション。
精度はいま測っていますが、意外と悪くなさそうです。
ただ時々引っ掛かるみたいで、既に2回ほど止まっています(軽く叩くと動き出します)。
ちょっといい革ベルトを付けて、スーツに合わせてみたいですね。
ケース径は竜頭を除いて35ミリですが、形状的にかなり大きく見えます。

第二次世界大戦のあと位まで、ブエノスアイレスは南米では突出して豊かな街だったようで、
eBayでアンティーク時計を探すと、彼の地からの出品がかなり目立ちます。
ちなみにブレゲの場合、トルコからの出品がありますね。
流石「トルコウォッチ」を作っていたブレゲだな、と感心したり。

eBayではつい先日痛い目にあったので(笑)、どうかなー…と思っていましたが
どうやら今回は当たりを引けたようです。
ただ…家人にバレたため、決済代金の即時返還を求められております。
嗚呼。orz

コメント

Tak様。

ぶーさんはどうしてeBayだと分かったのでしょうね?(笑)
でも、なかなかシックでエレガントな雰囲気ですね!
引っかかって止まるのは、ちゃんとオバホなされてるのでしょうか?

>ロベルタスカルノ院長

ああ、それは電話でお話しておりまして(^^;)
懲りないので笑われました。

ちなみに針の引っ掛かりですが、ムーブの動作も含めて少し動かして様子を見ようと思っています。
ヤバいようだったらオーバーホールでしょうね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)