« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月30日

●近況ご報告。

最近このサイトのサーバが大変調子が悪く、ご迷惑をお掛けしております。
SWC1を絶賛ご予約受付中のタイミングなのに、なんと間が悪いことでしょう…orz
で、随分お久しぶりなので近況などを。

続きを読む "近況ご報告。"

2009年04月21日

●ギャッパーなのに。

P1000401.JPG
ああしまった。Sさんのお洒落ファッソンが見えて無い…。

さて、ワタクシはユニクローネ(by ぶーさん)であり、ギャッパーです。
つまりファッションにはとんと疎いのです。
出来るだけ薄汚いカッコにだけはならないようにだけ注意しています。…そのつもり、です。

それなのに、只今某超オシャレファッション名門誌のお仕事を手がけています。
青山通りの超オシャレなオフィスの、超オシャレな会議室に入るといつも緊張します。
企画は自分の専門領域ですから良いのですが、コンテンツのファッションの部分になると
いつも萎縮して、パートナーのT先輩に任せきりになってしまいます。

しかしながらこの雑誌、時計情報もメチャクチャ充実しています。
なんでも編集長さんが大の時計好きだそうで。
ちなみに担当のSさんはロレックス(多分EXP-I)をされていました。
ファッション死ぬほどカッコいいです。ああ見習いたい。
ちなみに、Sさんのブログに僕らのことを載せて頂きました。
写真がパパイヤ鈴木氏に似ていてヘコみました。 orz
246を挟んだ北青山と南青山で、こんなにも違うのかしらん…。

このお仕事がスタートすると、多分僕のようなファッションが苦手な人にも福音になります。
洋服屋さんに入ると、いつ店員さんに声を掛けられるかとビクビクする人向けのコンテンツもあります。
時計は、新作もそうじゃないのもガッツリ楽しめます。ここは絶対僕が担当します。
正式発表できるようになったら、皆さんもぜひ遊びにきて下さい。
元よりお洒落な人には、素晴らしいコンテンツがラインナップされます。ご期待下さい。

ちなみにこの超オシャレファッション雑誌の、現在発売されている号
B-BarrelのBB0030がプレゼントされています。なんと3本も当たります。
その辺のお手伝いもさせて頂きました。
皆さん是非本誌を読んで、応募してみて下さい!

いつかこの雑誌で、SWC1が取り上げられるといいなぁ。。。

続きを読む "ギャッパーなのに。"

2009年04月17日

●魔界の話題だけど時計じゃなくて。

今回は音楽の話題です。

魔界ってやっぱすげーや。
笑いすぎて死ぬかと思いました。いやマジで。
下記リンクから6曲聴けます。長ぇ。

動画百式:中国のヒップホップが凄すぎる件

2009年04月14日

●時計以外のお仕事も。

さて、最近はSWC1の話題ばかりだったのでたまには他のお仕事のことも。

先日、畏友ippeichanと企画を温めておりました、某FM局での番組企画が
どうやら本決まりになりそうです。今までトライしたことのないスタイルの番組です。
スタートは7月のミッド改編辺りでしょうか?嬉しいなぁ。

また先程、ラジオNIKKEIKプロデューサーから電話があり、
新番組が決定したとのご連絡が。わーお!今月2本目じゃないですかー!
ただ…今回のネタは相当ハード。
そもそも構成作家は専門ではないので、これもうんと苦しみそうです。
週刊日経トレンディ」の台本も、いつも当日の朝とかに納品してるからなー…(^^;)
こちらの番組は、5月下旬にスタートです。あの女子アナが…!(意味深。)

とは言え、お仕事がたくさんあるのはありがたいことです。
皆さんにかけて頂いたご恩を忘れず、2期目のSEVENも頑張って参ります!

<…で、SWC1の余談。>
ちょっと面白い話。SWC1は、SSケースとGPケースの2種類がありますが、
時計ヲタ好きの方は、SSケースを選択し、
そうでない方はGPケースを選ぶという傾向があるんですよ。
これ、何か意味があるんですかね?

ぜひぜひ皆さまもSWC1、ご検討下さい。近日GPケースモデルの写真もアップします!

2009年04月10日

●SWC1・先行公開!

IMG_1090s.jpg
今回の写真は、全てクリックすると拡大されます。

さて、株式会社SEVENが無謀にも時計業界に参入するにあたり
ファーストモデルとしてご用意した「SWC1」。
前回のエントリーで、がばさまやロベルタスカルノ院長にコメントを頂いたので、
思い切って本ブログにて先行公開致します。

なんだかIWCランゲ&ゾーネの中間のような名前の「SWC1」ですが、
これはSeven's Watch Collection #1の略称です。
B-BarrelのBB0037をベースに、若干のカスタマイズを施したものになります。
僕が現時点で最も好きな時計をモディファイして、独自のブランドを冠することが出来たのは
ひとえに"なにわのニコラス・G・ハイエック"ことぶーさんのおかげです。
ぶーさん、本当にありがとうございます!

IMG_1088s.jpg
最近のデジカメって、本当に綺麗に撮れるんですね。

BB0037と違い、SWC1はムーブメント(TY3600系手巻き式/21600振動/手彫りエングレービング)を
GPカラーに統一しています。これはロベルタスカルノ院長のご明察の通り、GPムーブのみ青ネジが
使われているからです。美しいエングレービング(機械で彫ったものを、手作業で仕上げています)や
ブルースティールの針、クラシカルなスリーフィンガーブリッジ等の美しい姿に、青ネジでアクセントを
着けたいというのがこだわりです。

IMG_1093s.jpg
ね?美しいでしょう!

このTY3600系の魔界ムーブには、ロング緩急針・チラネジまで奢った逸品がありますが、
先日痛い目に遭ったので、今回は信頼性重視でBB0037と同じ仕様になっています。
ロング緩急針+チラネジバージョンは、いずれB-Barrelでデビューするでしょう(無責任)
或いは…SWC2でとか。出来るのかなー。

ちなみに、今回のバリエーションは下記の通りとなります。

【標準モデル】
大変申し訳ありません。各限定数を間違って居りました!

SWC1-SN・SSケース/GPムーブ/黒革ベルト/限定10本
SWC1-SB・SSケース/GPムーブ/茶革ベルト/限定10本
SWC1-GN・GPケース/GPムーブ/黒革ベルト/限定20本
SWC1-GB・GPケース/GPムーブ/茶革ベルト/限定20本(いずれも9時側ケースサイドにシリアル刻印)

【特別モデル】
上記の標準モデルから選んで頂いた上で、オプションとして
下記の特別セットにすることができます。

mutaのEnamel Perch Carbonベルトをセットアップ
・mutaのEnamel Perch Goldベルトをセットアップ
※標準のベルトも勿論お付けします。
※各色限定5本

尚、このSWC1については、B-Barrelの中国工場で製造されています。
また、保証についてはB-Barrelのご協力により、同社と同じ内容でサポートさせて頂きます。

魔界時計に魅入られて、気付けば引き返せない所まで来てしまいました(笑)
この時計が売れれば、セカンドモデル・サードモデルとシリーズを展開していき、
完全オリジナルモデルにも発展していける…かもしれません。否、そうさせて下さい!
皆さまからのご予約、お待ちしております!

ちなみに、ケースサイドの限定シリアルは、レーザー彫刻で「No.XX/60」のように刻印します。
番号は1から60までで、在庫があれば番号をご指定頂くことも可能です。
既に幾つかの番号は予約済みになっておりますので、ご予約はお早めに。
お問い合わせやご予約は、このエントリーのコメント欄にお願いします。
その際はメールアドレスの入力をお願いしますね。
(このブログのコメント欄は、僕が承認しないと表示できないので安全です。)

あ…まだ値段決めて無かった…。
多分、BB0037よりずっと高い!ってことにはなりません(^^;)

IMG_1089s.jpg
世界で一番小さいメゾンのファーストモデル。或る意味レアものです(笑)

【23:00追記】
調子に乗って、こんなものまで作ってみました。仕事しろよ…。

2009年04月07日

●Time has come!

4月に入って最初の更新。ちょっとご無沙汰しちゃいました。
スタジアム通りに面したSEVENの窓からは、神宮球場に向かう人の波が見えます。
球春来る。心躍らせ、思わず早足になる人たちを見ながら
新しい季節の訪れを実感しますねぇ。

そんな中、大阪のぶーさんから荷物が。

P1000390.JPG
P1000394.JPG

昨年の秋から密かに進めていた計画が、間もなく走り始めます。
いち年度にひとつ、新しいことを始めたいと創業の時に思っていたのですが
昨年はHawaii101FMへの経営参加という形で実現することが出来ました。
そして今年度は、これで頑張ってみたいと思います。
春って、良くも悪くもフェイズが変わる時ですよね。気忙しいですが頑張って参りましょう。

で、この目論見の正式発表は間もなく。どうぞご期待下さい!

P1000397.JPG
ちなみに朝着けていたのは、トゥールビヨンでした。