« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月31日

●似合うオトコになろう。&告知!

TS3J0028s.jpg
巧く撮れたのでアップ。クリックで拡大します。

さて、ちょっと古い話なのですが
2週間ほど前に、銀座のニコラス・G・ハイエックセンターに行って参りました。
そう。先日のエントリーでご紹介したブレゲ・No.1160を観に行ったのです。

14階のシテ・ドゥ・タン・ギンザには、このNo.1160
プチ・トリアノン宮殿のオークで作られたケースしか展示品は無かったのですが
それぞれの圧倒的な存在感で、時間を忘れて仕舞うほどでした。

ひとつ僕が間違っていたのは、このNo.1160の原型となるNo.160は
マリー・アントワネット自身が発注したものではなく、彼女の信奉者が、彼女にささげる為に
発注したものなんだそうです。プレゼント用だったんですね。

ロックサファイアの文字盤の奥の輪列は、それが何の為にあるかが判らないほど複雑で
それぞれがゆっくりと動く様は、およそ200年前の技術で作られたとは思えない程の素晴らしさ。
ただ、超複雑機構のスケルトンは実用には耐えがたいので(実用するもんじゃないでしょうが)
実際に使用する際は、ケースに収められていたエナメル文字盤じゃないと辛いだろうなと思ったり。

ちなみに、センターにスモセコとは別に独立秒針(クロノグラフの原型となったものだそうです)が
あるのですが、これがステップ運針なんですよ。これにも驚きました。

ブレゲ・ブティックのOさんによれば、もう日本に来ることはないでしょうね、とのことでした。
まあそれは無いでしょうが、今このタイミングで謁見出来たことはとても嬉しい事でした。
今日で展示は終わってしまうので、もう一度観に行こうかなと思ったのですが
仕事があったので断念しました…。

その後、同ビル3階のブレゲ・ブティックで数々のアイテムを拝見。
いやもう…こんなに美しい時計が世の中にあるなんて…。
特に個人的に好きなトラディション(Ref.7027)やRef.5140(ギョシェもエナメルも)は
息を呑むほどの美しさ。
嗚呼、今すぐにでも欲しい…。
実際その後、すぐ近所の銀座日新堂でも少し時計を観たのですが
ブレゲの後だと、ロレックスが如何に「実用時計」かが分かります。(時計の価値ではなく)
昨年話題になった、シードゥエラー・ディープシーでさえ、胸に響かなかったもんなぁ。
パテックやバシュロンも美しいのですが、僕はやっぱりブレゲのデザインが大好きです。

とは言え、帰り道にちょっと考えたのが「自分の品格」。
少なくとも現時点での僕は、ブレゲのクラシックが似合う品格や分別が有りません。
例え欲しいモデルを購入できるだけの資金があったとしても、今は買っちゃいけないような気がします。
取りあえず今はアエロナバルで我慢、ガマン。

たかが時計。されど、時計。
他の人からの評価もそうですが、何より自分が自分を「いいオトコ・いいオトナ」として認められるようになりたいです。
いつか自分自身が納得してブレゲを着けられるように、努力しなきゃなぁ、なんて思いました。

ちなみに、銀座のブレゲ・ブティックには
世界限定1個(…ってカタログには書いてあるのに、サイトでは6個になってる!)の、
No.5完全復刻版が展示してあります。
お値段何と199,500,000円!
流石にこれは買うとか買わないとかの話にはなりませんが
大きな文字盤に反比例した、異様なまでに細かい手彫りのギョシェは一見の価値があります。
銀座にお立ち寄りの際は、是非ご覧あれ。

P1000445.JPG
ちなみにNo.5は、これ専用のカタログがあります。凄い。

【18:00追記】
忘れてました!先日ちょこっと書いた新番組の告知です!

新番組「日経ヴェリタス 大江麻理子のもやもやトーク」
6月2日からスタートします! ポッドキャスト&ラジオNIKKEIで聴けますよ!
NIKKEI NET(毎週火曜配信開始)&ラジオNIKKEI(第1放送・毎週火曜22:30-23:00)

テレビ東京アナウンサーの大江麻理子さんが、遂にラジオに初登場!
日経ヴェリタスの記者さんと、激動するニッポン経済&世界経済を解説。
皆さんのビジネスや投資活動に役立つ最新情報をお届けします。
この番組は、構成として参加させて頂いております。皆さん是非お聴きください!
ちなみに大江アナ、本当に頭脳派で、しかも美しいです…。

個人的には、これで夢の「ラジオマングランドスラム」(AM・FM・短波・コミュニティFM・Podcast・海外局)を達成!
お客さん、ラジオ全種類企画&制作をやってる会社なんて、株式会社SEVENくらいのもんですよ!
ラジオご出稿&番組企画&コミュニケーションプランの立案はぜひ弊社まで!

2009年05月26日

●ここ数週間

一日に数回、自分で自分の衝動をコントロール出来なくなります。
理性を失い、焦燥と苛立ちに突き動かされ、一頻りの忘我の後に我に返ります。
その後、虚脱感と恐怖感が同時に襲い掛かって来ます。

それ以外の時間は、比較的普通に?過ごして居るのですが…。

不惑まで1年半を切ったのに、この体たらく。
何とかしなければとは思っているのだけれど。

どうやったら、感情って完全に制御できるんでしょうね?

2009年05月25日

●中華は別腹。

TAM661SB_02s.jpg
こっ…これはっ…!?

さて、書きたいネタは沢山あるのですが
業務多忙に付きなかなか更新出来ません。
SWC1の出荷情報も含め、あと少しお待ち下さいね。

表題の件も、その時に詳細をば。請うご期待(笑)

2009年05月18日

●ホントにどーでもいい話。

P1000442.JPG
どうですかね?

 先週の金曜日に提出予定だった、新番組の企画が
まーったく思い浮かばず、苦戦している月曜の夕方なのですが
ふと気付いてしまいました。

実は雨が降った日などの為に、会社にオリエント・スリースターをスタンバイさせているのですが
(バイク移動なので、結構時計がずぶ濡れになってしまうのです)
それを見ていて「このオリエント、アクアテラに似てね?」と思ったのです。

んで、写真に撮ってみた、という訳なのですが
良く見るとあんまり似てませんね…。

ホントにホントにどーでもいいお話でした。スリースターは良い時計ですヨ!(フォロー)

2009年05月17日

●軍用時計をもう一つ。

P1000439.JPG
機械式にしとけば良かったのに。

さて、今日は夕方から「Salus Beat Press」の収録でたまプラーザへ。
物凄い強風で、セミオープンカーである社長車は風に煽られて大変でした。
そんなヘヴィな天候の時に登場するのが、ハミルトンカーキ・キング・デイデイト
こちらは4年前のゴールデンウイークに購入したものです。

普段遣い用の時計として、イベント現場などの厳しい環境にも耐えてくれた
素晴らしい時計ですが、帆布のベルトは裏側が再起不能なほどに傷んでしまい、
かつ汗染みが表にまで出てしまっているので、最近の稼働率は低くなっていました。
クォーツというのも、余り使わなくなった一因かもしれません。

とは言え、今日改めて使ってみて
きちんと目盛りまで達した時分針や、長く見易い秒針。
フルスペルの曜日表示や、ハッキリしたルミナス発光のアラビア数字インデックスなど
軍用時計の系譜を組むカーキシリーズならではの、デザインの良さを見直しました。
先日購入したアエロナバルも、その辺の節度感が大変いい感じです。

もう直ぐ梅雨ですし、NATOベルトにでも付け替えて、ガンガン使いましょうかね!

2009年05月16日

●こちらの記事は

公開を終了致しました。

2009年05月15日

●No.1160が日本上陸!

090513bre300.jpg
これは見るべし!

2007年に発見された、アブラアン・ルイ・ブレゲの最高傑作・「No.160
通称マリー・アントワネット。
断頭台の露と消えたフランス最後の王妃が、時間と予算に制限を設けずに
当時世界最高の技術を持った時計師に発注した伝説の懐中時計は
1827年、実に44年の歳月を経て完成しました。

発注した王妃も、受注した時計師さえもその完成品を見ることが出来なかった
この時計は、その後数奇な運命を辿りつつ現在イスラエルに鎮座しています。

そして、このNo.160を現代に甦らせた二号機「No.1160」は
2008年のバーゼルワールドにて、ニコラス・G・ハイエックによって発表されました。
しかしそれ以降、No.1160さえスイスを出ることはありませんでした。
その位、貴重な時計なのでしょう。

そのNo.1160が遂にスイスを出て、初めての旅先を日本としました。
しかも、我々民草も謁見を許されるそうです。
これは何がなんでも見に行かなければ…!
期間は僅か半月。伝説の時計をこの目で見て、シビレちゃいましょう!

『マリー・アントワネットへのオマージュ』展
※SGJによる公式サイトはこちら※

開催期間:5月16日(土)-31日(日)
開催場所:東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター14階
       シテ・ドゥ・タン ギンザ(Cite du Temps Ginza)
開館時間:11:00-20:00(毎週日曜日は19時まで)
休館日:5月23日(土)・観覧料:無料

お問い合わせ:スウォッチ グループ ジャパン ブレゲ ブティック銀座
       Tel:03-6254-7211

【関連エントリー】「懐中時計に手を出す」(2008年8月31日)
         「似合うオトコになろう。」(2009年5月31日)

【おまけ】No.1160の動画がありましたよ。

2009年05月11日

●今日の日記は 【改訂】

P1000431s.jpg

※mixi及びWebChronosに書いた日記を、ようやく転載できました。一部加筆修正※

遂に本日、手許にブレゲが届きました。
Type XX アエロナバル(Ref.3800ST/92/9W6)です。
流石にクラシック系は買えませんでした…
と言うか、30代…と言うよりも、今の僕のライフスタイルでは
クラシック系はまだ早いかな、と。

アエロナバルは、ブレゲのラインナップでは最廉価モデル。
正直、トランスアトランティックにしようかなとも悩んだのですが
Type XXの歴史や、最初だから敢えて一番安いものから、などの理由で
アエロナバルにしました。

今回は「ブレゲが欲しい」という理由でこれを選びましたが、
39.5ミリという適正サイズと、麗しのコインエッヂ装飾、そして
カジュアルスタイルにも合わせ易いデザインにもゾッコンです。
クロノグラフというスポーツ系の時計でありながら、ブレゲならではの
エレガンスを感じるのは流石というところでしょうか。

ちょっと頑張ったのは、現行ではなく比較的初期のモデルを探したこと。
これ、トリチウム針が付いてるんです。
なので、6時位置のクレジットは「T-SWISS-T」になってます。
ちょっとだけレアかなーと思っております。

ただ、もう当分時計は買いません、というか買えません。
次は40代に突入してからにしましょう。
次のブレゲは、トラディションorクラシックだー!

【参考サイト】アエロナバル(ごめんなさい。作者さんが分かりません)

2009年05月10日

●「海軍航空隊」

3800.jpg

買っちゃいました…。
どうしましょう…。

2009年05月03日

●サーバを移転しました。

さて、ここ数週間全くダメだったこのサイト。
原因はサーバにあって、サーバ屋さんからも調整中とのステートメントが出ていたものの、
サイトは表示されない、コメントも投稿できない、エントリーも出来ない
仕舞いにはFTPやメールまでダメという悲惨な状況になったので、移転を決意しました。

続きを読む "サーバを移転しました。"