« スピードマスターを購入。 | メイン | 東京暮色 »

2010年01月22日

●レクサスに行ってきたよ。

Image193.jpg
なかなか気持ち良い空間です。

さて実に久しぶりにクルマの話題。
株式会社SEVENと青山通りを挟んだ向かいには、レクサス青山がありまして。
そこに、過日予約受付を終了したばかりのレクサス・LF-Aが展示されております。
4.8リッター・V10で、560ps/48.9kg-mを発生するこのモンスターマシン。
日産GT-Rが3.8リッター・V6ツインターボで485psであることを考えると
いったい何処で使うんだという感じがしますね。
独身の頃、Z30前期型のソアラ・2.5GTツインターボをCPチューンして
350ps程度にして乗っていましたが、足廻りが着いて来なくて物凄く怖かったなぁ。
(TEINのショックにkg-mのスプリングを巻いて、TRDの競技用ブッシュとクスコのタワーバーで
締め上げる…というそれなりの造りにしたのですが、それでもトルクに負けちゃう。)

Image192.jpg
ちょっとA80スープラの面影があるような。

これが最近流行りの顔だあね。と云われればそれまでなのですが
LF-Aのフロントはどうにも好きになれません。
特にボンネット先端の、グリルがあるのか無いのか判らない中途半端な仕上げとか。
もう少しスッキリ出来なかったんかなぁ、と残念な気持ちになります。

Image190.jpg
多分LF-Aが一番カッコよく見えるのはリアクォーターだと思う。

リアに回ると、3本出しのエキゾーストが目を引きます。
個人的には、リアランプの下のメッシュグリルが、北大路欣也の目の隈に似ているなぁとか
どうでもいいところにばかり興味が湧きます。
スーパースポーツには、エグいデザインが必要なのはよく解るんですが
出来ればトヨタ2000GTを現代的に再解釈したような創りにして頂ければ、
日本が誇るスーパーカーになれるのにと思います。どうでしょう?

ちなみにこのLF-Aとスペック的に、またキャラクター的に競合しそうなのが
ランボルギーニ・ガヤルド(e-gearの4WDモデル)。こちらは5.2リッター・V10で560ps/55.1kg-m。
パワー的にはほぼ互角。でもデザインは完全にランボの勝ちだと思うのです。
この2台の一番の違いはその価格。LF-Aが3,750万円で、ガヤルドが2,533万円。
これだったら僕は絶対ガヤルドですね。買えないけど(笑)
LF-Aは限定500台(国内165台)という希少性はあるものの、1,200万高いってのもねぇ。
そこまでしてレクサスブランドのスーパースポーツを欲する理由があるかどうか。

ちなみに面白かったのが、LF-Aは左ハンドル仕様なんですね。
世界で500台しか売らないんだから、そりゃそっちの方がいいんでしょうけど
個人的には敢えて右ハンドル仕様で「日本のスーパーカー」を演出したら面白いんじゃないかと思いました。

Image189.jpg
華やかな色遣いはカッコいいと思います。

こんな物凄いクルマに比べたら、ブレゲを欲しがるのなんて可愛いもんですよね(←言い訳)(←誰に?)

コメント

IS Fを試乗した事がありますが、あれでさえ、こんなにスペック要らんなあと思いましたよ(猫を轢きそうになって急ブレーキを踏んだ時の制動力とABSも効かずに全くスキールしない安定性には驚いたけど)。

殆ど乗った事が無いから見た目しか知らないけど、当時のトヨタは、とにかくタイヤが細くてブレーキが小っちゃかったからなあ。ソアラの16インチだと、カローラ・ルミオンの1.8lと同じなんですよ(苦笑

>アイスストーンさま

凄い!IS-Fを試乗されたんですね。
あれも相当速いでしょうね。
あの盛り上がったボンネットにちょい萌えです(笑)

30ソアラは標準16インチでしたっけ?
自分のはどんなの履いてたかなと確認したら

F/ギューン 235/45ZR17
R/DNA-GP 245/45ZR17

ですた。17インチか…。
18インチ当たり前の時代から見ると、ちょっと頼りないかもですね。
ちなみにブレーキはAPロッキードのローター(個人輸入しました)に
project-μのパッドでしたね。
キャリパーがそのままだったのでちょっと…という感じでしたが。
1J、いい音だったなぁ。。。(遠い目)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)