« スワンネックなマネタス。 | メイン | ちょいとお知らせ。 »

2010年04月09日

●静謐の美。

DSCF0147s.jpg
これも、そんなイメージで撮りました。
(ホントはクラシックで撮るべきなんだけど)

唐突ですが、京都は龍安寺の方丈が好きです。
3年前の2月、眠れなくてブラっと車を出し、京都まで行ってしまった時は
ここで3時間ほど過ごしてしまいました。

355988914_247.jpg
その時の写真です。
何の準備もないので携帯で撮影。不粋やなぁ。

白砂と15の石で大海を表現したこの方丈には、不思議なほど音がありません。
横で誰かがお喋りしていても、独りで眺めるこの景色には静謐が満ちています。
なのに、その静謐は限りなく豊かな情感を秘めているのです。
極限まで削ぎ落とした要素を、限りないイマジネーションを駆使して配置する情熱と感性。
それが受け手にも伝わるのでしょうね。

僕がブレゲ・クラシックに感じる魅力は、龍安寺方丈のそれに似ています。
静謐と、そこに込められた精緻さ、驚くべきこだわり。
僕は人を評する時に「佇まい」を意識することが多いのですが、これも相通ずるものが
あると思います。美しい人は、佇まいが綺麗なんですよね。男性・女性に関わらず。
飾らずとも滲み出る魅力、醸し出される空気が、その人を美しく纏うのでしょう。

そんな端正な美しさ。
憧れ、欲しているのに、自分にはいつまでも備わらなくて悩んでいます(苦笑)

※ぶー社長、本日はご来社ありがとうございました。
 厳しいご時世ですが、一所懸命・一生懸命頑張りましょう!

※それと、明日は「上原彩子 ゆんたく on the Green」の第2回OAです!
 InterFM/LOVE FM/FM沖縄のエリアの方、是非お聴き下さいませ。
 エリア外の方、近日こちらで再編集版をWeb配信する予定です。お待ち下さいませ。

コメント

いかんいかん,アエロナバルが欲しくなってきた・・・・・・

まー提督閣下

うふふふふふ…
いいですよね、アエロナバル…(誘)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)