« 6月に入りました。 | メイン | 夜行に乗って。 »

2010年06月01日

●ブレゲ・ブティックからお便りが。


Image306b.jpg
とても凝ったつくりです。

さて、昨日までニコラス・G・ハイエックセンターで行われていた
SGJの新作発表会に行き損ねてしまい、あーあ…と思っていたら
今日もブレゲ・ブティックからお手紙が。(Iさん、いつもありがとうございます。)

クロノグラフ輪列に切り抜いた便箋を、窓からのぞかせるという
非常に凝ったつくりの封筒を開けると、今度はシテ・ドゥ・タン銀座での展覧会のご案内でした。
シテ・ドゥ・タン銀座は、去年No.1160を観に行って以来ですね。

今回の催しは「ブレゲ クロノグラフ200年の歴史」展だとか。
No.1160も、ごく原始的なクロノグラフの一種と言えますが(独立秒針がそれですね)、
今回は1820年に開発された、「二重秒針時計」以降のものが展示対象となるそうです。

なんでも案内文によれば、アエロナバル(フランス海軍航空隊)の為に開発された時計…
つまり、Ref.3800ST "アエロナバル"の始祖が観られるかもしれないのです!
これは行かねば…。
ブレゲファンの方も、そうでない方も、是非観てみましょう!

TS3J0028s.jpg
勿論その時はアエロナバルを着けて行きます!(クリックで拡大します)

『ブレゲ クロノグラフ200年の歴史』展
※SGJによる公式サイトはこちら※

開催期間:6月5日(土)-13日(日)
開催場所:東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター14階
       シテ・ドゥ・タン ギンザ(Cite du Temps Ginza)
開館時間:11:00-20:00(毎週日曜日は19時まで)
休館日:6月8日(火)・観覧料:無料

お問い合わせ:スウォッチ グループ ジャパン ブレゲ ブティック銀座
       Tel:03-6254-7211

…全くの余談ですが、No.1160に関する自分の記事を読んでいたら
昨年の5月31日に、「まだまだクラシックを着ける品格は僕に無い。アエロナバルで我慢」と
書いているのに、僅か半年後の11月26日にはクラシックを買っちゃってるんですよね。
嗚呼、この堪え性の無さ…。

コメント

その6ヵ月後には・・・・・・

コンプリですか?  シャッチョサン

>提督閣下

無理無理無理無理無理無理無理無理w

…まずは5907が欲しいです♥

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)