« ブレゲ・ブティックからお便りが。 | メイン | 僕は元気です! »

2010年06月03日

●夜行に乗って。

sunrise0603.jpg
僕は鉄っちゃんじゃないです。多分。

さて、3月位から身の回りで色々地殻変動的な出来事が重なり、ちょっとくたびれました。
会社のことや家族のこと、ごく個人的なことまで。
不思議なもので、大きな変化って短い期間に集中することが多いような気がします。
ひとつひとつは、それを受け止めるのに結構精神力を必要とするのですが、
一遍に複数の事案が発生すると、対処に追われて嘆くヒマさえ無くなってしまうので
それはそれで良かった、と評価すべきことかもしれません。

とは言え、それが2ヶ月も3ヶ月も続くと、流石に頭や心をリセットしたくなるので
久し振りに寝台特急に乗って、出雲に向かうことにしました。
今回乗るのは「サンライズ出雲」という列車です。
東京駅から出雲市駅までの953.6キロを、11時間58分で結びます。
寝台列車は、廃止一年前の「はやぶさ」以来なので2年ちょっとぶりになります。
その時の記事はこちら

これまで、博多-西鹿児島間を結ぶ「かいもん」(廃止)を皮切りに
「ムーンライトながら」で東京を目指したり、「ムーライトえちご」で新潟に行ったりと
鉄っちゃんでもないのに(?)結構夜行列車を利用しているのですが
個室を取ったのは初めて。この列車、B寝台個室の「シングル」という部屋が凄く素敵なんですよ。
詳しくはこちらのサイトさんの記事をご参照下さい。

夜行列車の魅力は、寝静まった街や駅を縫っていくその旅程にあると思います。
灯りを消したターミナル駅のプラットフォームを通過する時の、あの寂しいのにワクワクする感じは
鉄道旅行、夜行列車ならではのカタルシスがあるような気がします。
いつかは寝台特急「日本海」に、そして「カシオペア」に乗りたいなぁ。
繰り返しますが、僕は鉄ちゃんではありません。

目的地の出雲は、実に11年ぶり。
出雲大社に参詣して、前途の平らかなること、そして社業の隆盛をお願いしてきます。
そう言えば、11年前に出雲に行った時も色々あって疲れていて
しかも福岡からバイクで行ったなぁ。

この旅で、一旦まっさらな自分に戻ろうと思います。

なのでご関係の皆様。
どうか土曜の夜から月曜の夕方までは、そっとしておいてください…。

コメント

あたしも実家に帰りたい。

>mekadenさま

そうですよね。mekadenさんは地元ですもんね。
出雲大社には、バタ電で行こうと思います。
折角なので、Railwaysを現地で観られればとも考えています。

ところで、さっきのつぶやき、ちょっと気になります。
8月に何が!?

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)