« 外苑前の駅で。 | メイン | 前へ、前へ。 »

2010年06月22日

●オリエントが届いた!


0622DSCF0261.jpg
コストパフォーマンスが高いのは間違いなし。

さて、5月29日のエントリーでご紹介したオリエント時計の60周年記念モデル・WV0021DT
本日寝坊をして慌てている所に到着いたしました。
普段は宅配便さんが来るような時間には自宅には居ませんから、ラッキーでした。

このWV0021DT。発売前から某掲示板などでは結構話題になっておりまして
世界限定1,500本。うち国内デリバリー分が300本(YG/SSそれぞれ)ということもあり
早々に予約完売するWebショップが多かったのです。

特にAmazonで予約した方の中には「予約分の商品を確保できなかったのでゴメンね。」と
一方的に逆キャンセルを喰らった方も多く、僕も商品が届くまでは大変不安でした。

で、実際の時計ですが…。
非常にクラシカルな意匠のこのモデル。アンティークな雰囲気さえ漂っているので
スーツではなく、カジュアルスタイルにも使えそうです。39ミリと結構大きいですしね。

DSCF0262s.jpg
手首周り18センチの僕の腕でこんな感じです。

ボックスクリスタルの風防に、先曲げ処理が施されたドーフィン針。旧ロゴが刻まれた竜頭。
どれも良い感じでまとめられています。
12時位置のパワーリザーブインジケータとカレンダーは賛否が分かれる部分ですが、
僕はセンター秒針ならばこれで良かったのではないかと考えています。
スモールセコンドならどっちも要りませんでしたが。

0622DSCF0258.jpg
ちゃんと針先が曲げてあるのがニクい。長さが残念。

また実際に扱ってみて嬉しかったのが、巻き上げ時の感触。
ETA28XX系など、自動巻きのムーブを巻く時のような心許ない感じではなく
キリキリと小気味良い音を上げて巻き上がって行きます。これはかなりヒット。

ただ定価47,250円、実売3万円台の時計ですから限界はあります。
例えば型押しカーフのベルトは決して質感が高いとは言えませんし、
カレンダーの書体や窓周辺の処理なども価格相応というのが正直な感想。
また、インデックスに届いていない分針にはかなり残念な気分になります。

とは言え、普段使いの時計として考えれば、非常にコストパフォーマンスが高く
かつとても気持ちのいいデザインです。着けている時の満足感はかなり高いですね。
裏蓋には限定の証(…たって、1,500本って限定と言っていいのかね。)である
シリアルナンバーが刻印されています。
国内向けのシリアルは1001番から1300番らしいのですが、僕のは1077番。
別にぞろ目でもキリ番でもありませんが、自分の会社の名前から考えれば大当たり。
とても嬉しくて、にやにやしてしまいます(笑)
この後数日使用して、日差なども見てみたいですね。楽しみです!

0622DSCF0259.jpg
1111番を引き当てた人とか、嬉しいでしょうね。

※そう言えば一般的には、黄色人種にはYGの時計は似合わない、と云いますが
 この時計をしていると、そうかなぁ?と思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか?

コメント

社名なら1007じゃないとダメですよん!
なので7月7日生まれの私に下さい(笑)

>まー提督閣下

うほ!提督は七夕生まれですか。もう直ぐお誕生日ですね。
でもこの時計はあげましぇん。
提督、アジェンダ持ってるし、Mac-Aiもあるでしょ!(笑)

Takシャチョ!
お早うございます!

オリエントオメでございます。

まあ、確かにインデックスに分針が届いてないのはヲタ的にはちょっとマイナスですが、それでも47,250円なら文句なしの出来ではないですか!

YG良くお似合いだと思いますよん♪

それとオヤジの誕生日が7月7日の私にも下さい!

>ロベルタスカルノ院長

おお、院長のお父様も七夕生まれなんですね。
こちらももうすぐおめでとうございます!ですね。

この時計、Amazonだと33,000円でしたので、
凄く安い買い物だったと思います。
ポイントが10%ついたので、それでCDでも買おうかとw

でも上げませんってば!(爆笑)

ブログとは関係ないけれど、
いまだに地デジなので、雰囲気しかわからなかったけれども、「アド街ック天国 大手町」にチラッと映っていたのは間違いなく Takさん。出演、おめでとうございま?す。

>やーさま

うわっ!あんな1秒くらいしか映ってないのに、良くお気づきになりましたね。

…ということは、やーさんは僕の知り合いの方ですか?何方でしょう…?

ちなみに僕もまだアナログTVです。映るからいいじゃん!といった塩梅で(笑)

WV0021DTの写真を拝見。思っていたよりずっと出来が宜しいですね。
オリエント時計も美しい時計を時に出すんですよね。ケバいのが多いのですけれど……

>蘇嶽學人さま

確かにオリエントは「ケバい」時計が多いですね。
派手じゃなくて、ケバい。これはいい表現だー(笑)

このWV0021DTは、本当に出来が良いと思います。
高級感ではなく、端正さで人目を惹く時計ですね。
これで分針がもうちょっと長ければ完璧だったのですが…。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)