« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月24日

●これはカッコいいぞ!

さて、久し振りに音楽の話題。
最近Puddle of muddというバンドを知ったのですが
彼等の「Blurry」という曲が大変気に入っています。
この曲です。騙されたと思って聴いてみて下さい。

ちなみに歌詞については、こちらのサイトさんが和訳していらっしゃいます。
メロディに違わず、結構切ない内容です。

僕は元がメタルなので、ダウンチューニングでガリっとディストーションが効いた
ギターが好きです。とは言え以前と違い歳も取りましたし、ジャズやポップスも好んで
聴くので、この辺のエモ系が非常に心地良いんですね。
例えば他に、Jimmy eat worldなんかも好きです。"Sweetness"とか。
ちょっと哀愁を帯びたメロディと、ソリッドなオケが絡むとグッと来ちゃいますね。

僕がメタルを一番聴いていた90年代初頭は、所謂ヘア・メタルがほぼ絶滅しかけていて
メタルとハードコアがクロスオーバーし(D.R.I.とかですね)、グランジが勃興期で…と
比較的メタルっぽい音づくりが他のジャンルに影響を与え始めた頃。
当時はメタル一筋で、そういう派生系の音は毛嫌いしていたのですが
こういうの、いいかもしれません。

2010年10月19日

●ジャケ・レマン916A続報。

いや、あの、続報という程ではないのですが
どうもこの時計を気に入ってしまい、写真を撮ったので…。
画像はクリックすると拡大されます。ディテールも是非ご覧下さい。

・文字盤の装飾

1016DSCF0292.jpg

文字盤の装飾は、うろこ状のギョシェが中央部分とインデックスの外周部分に。
レコード引き仕上げがインダイヤルとインデックス部分に施されています。
文法的には間違っていないのでしょうが、このデザインにタキメーターが必要だったかは謎…。

・全体の表情

1016DSCF0293.jpg

全体の表情で一番気になるのが視認性。結構時刻の読み取りに難儀します。
また、ポインターデイトの日付表示部分にギョシェが施されていて、その上に日付が印字されているので
19日から31日までの部分はかなり読み取り辛いですね。
ローマ数字のインデックスは植字されていて、これは良いアクセントになっています。
ただかなり大きいので、ミニッツマーカーの表示が少なく、時刻合わせはタイミングが肝要です(笑)
24時間計の針だけが夜光塗料を盛られており、それ以外は夜間は一切読み取れません。
24時間針については、おそらくETAからの出荷時にそうなっているのでは、と推測しています。
違うかな?
ムーンフェイズの窓は写真で見るより綺麗。このお月さまには顔が入っています。
時針・分針の視認性は最悪ですが、ポインターデイトだけ針先が赤いのですぐに見つけられます。
同じ916でも、このモデルのような配色ならかなり見やすいのかもしれませんね。

・ケースと針

1016DSCF0295.jpg

ケースはベゼル部分がホグネイル仕上げ。サイド部分がコインエッヂ仕上げになっています。
いずれもブレゲ様式ですね。コインエッヂはアエロナバルのそれより若干ぼけている程度。
まあ、本家と比べちゃ酷ですが…。全体を引き締めるには非常に良いアクセントになっています。
文字盤と併せてかなり装飾が強いので、40ミリにしては小さく見え、一方で存在感は充分です。

12時位置の時針と、30分積算計の針を拡大して見比べて頂きたいのですが
どちらも針の厚みが同じくらいなのですね。その分、時針・分針の存在感が薄くなっています。
筒カナ(でいいのかな?)から4本もの針が伸びている訳ですから、或る意味仕方が無いのかなと思いますが
針の色や立体感を換えることで、随分違ったのではないかと考えています。

また、分針の先曲げ処理は施されていません。研ぎに関しては期待しちゃいけないでしょうね…。
「ブレゲの林檎」の部分が、12時・6時・9時の各インダイヤルの針の根元を通過するようになっていて
これは結構好きですね。
長さに関しては、きちんとミニッツマーカーに届いているので合格!

それから、竜頭やクロノグラフのプッシュボタンは物凄く押しにくいです。
指先が痛くなります(^^;) まあデザイン優先ですよね。何もない平板なボタンよりは良いです。

色々ケチをつけましたが、それでも全体としては非常にエレガントなデザインだと思います。
こんぷりけーしょんのとけいだー!という高揚感と併せて、充分満足できる質感を持っています。
比較用にブレゲのRef.3210BBの写真を観ていて思ったのが
このような細かい装飾を、手作業で仕上げているブレゲはやはりとんでもない仕事をするなということ。
この916Aですら美しいのですから、況やブレゲをや、ですね。
この916A。6万円台なら超お買い得、と自分では思っています。

2010年10月16日

●円高ばんざい!

さて、最近つとに円高傾向が進んでおりまして
経済界や政界ではそれを憂慮するような発言が相次いでおりますが
もともと通貨高というものは、自国の貨幣価値が騰がることを示唆していますから
海外から物品を購入するには非常に都合が良い訳です。

で、この機を逃す手はあるまいということで、かつてJeanRichardを購入した
アメリカの時計ディーラー・Upscaletime.comから、一本お取り寄せ致しました。
今回はオーストリアのメゾン、ジャケ・レマン(Jacques Lemans)の916Aというモデルです。
Valjoux 7751を搭載した、トリプルカレンダー+ムーンフェイズ+クロノグラフという
プチコンプリケーションの時計ですね。
オーストリアのメゾンですが、製造はスイスです。

1016DSCF0289.jpg
黒い文字盤は写真が撮り辛い…。
ちなみにクリックすると大判の画像がご覧頂けます。

元々7751搭載の時計をずっと狙っていたのですが、余りお手軽な価格のモデルがありませんで
貧民の味方・eposですら13万円から17万円位するのです。
それがなんと、今回は時計本体が745ドル。送料が45ドルということで、6万円台で入手できたと。
これは相当にお買い得なのではないでしょうか。まさに円高ばんざい!な訳です。

7751搭載の時計は、オメガのMark40アラン・シルベスタインのものを除くと
殆どが似たようなデザインになります。先程のeposやクロード・メイランのモデルのような感じですね。
ところがこのジャケ・レマンは、ワタクシ好みのブレゲ風。
ブレゲ針(かなりペラペラですが)にコインエッヂのケースサイド。クラシカルな竜頭など
エレガントなデザインになっております。

このジャケ・レマン。国内ではF1公認の時計で有名ですが
過去にはこのような機械式時計も結構ラインナップしていたようです。
現在は殆どが廃番になっているようで、この916Aもオフィシャルサイトでは確認できませんでした。
F1ウォッチもそうですが、ジャケ・レマンの時計は非常にリーズナブルなのが特徴でして
この時計も定価でもおよそ3,300ドルです。
文字盤の植字インデックスや細かいギョシェ(プレスでしょう)はそれなりに雰囲気が出ていますが
裏スケから見える7751は、涙が出るほど素っ気ない…所謂「ETAぽん」感が満載です。

1016DSCF0288.jpg
間違いなくエボレートですよね…。

とは言え、7751の楽しみは何と言ってもプチコンプリとしての表示の多彩さですよね。
8つの針に3つの窓。文字盤と針の色から、視認性は最悪クラスです(笑)
12時位置のインダイヤルは、30分積算計に曜日・月表示。
6時位置は、12時間積算計にムーンフェイズ(合わせるのがメンドくさい)
9時位置がスモールセコンド+24時間計(短針と連動)となっています。
センターからはクロノ秒針、時針、分針、そしてポインターデイトの針が延びています。
ゴチャゴチャしていますが、それが機械式マニアには萌えポイントなのではないかと。

ケース径は40ミリですが、デザインが詰まっているので大きさは感じさせません。
ただし厚みは16ミリとかなりありますので、スーツで使うと袖口が煩いかもしれません。
ベルトはオーストリッチ(ダチョウですね)と珍しく、ディプロイメントバックルが付いています。

この916Aは、Upscaletimeで見ると非常にバリエーションが多く
文字盤やブレスの組み合わせで様々な表情を醸しているので、
興味のある方はのぞいてみて下さい。
7750のモデルもありますね。
ちなみにこのディーラー、ハミルトンがアホのように安く
このブログでもお勧めしているカーキ・ネイビー・GMTが4万円を切っていたりしました。
(リンクを貼ろうと思ったら、売り切れたのか表示が無くなっていました。残念!)
円高の今は、時計購入のチャンスかもしれませんよ。

2010年10月01日

●10月になりました。

Image329.jpg

神無月だから、でしょうか。この僅かな時間に幾つかのお別れを経験しました。

10月1日を迎えるとともに、名古屋のRADIO-i(愛知国際放送)が停波・閉局しました。
1951年9月1日、午前6時30分。
「JOAR、JOAR。みなさま、おはようございます。こちらは名古屋のCBC、中部日本放送でございます。」
このアナウンスから、日本の民間放送の歴史が始まりました。
そして、21578日と17時間半を経て、同じ名古屋の地で、初めて民放局がその灯を消しました。
最後の音楽、そして最後のクロージングアナウンス。その終了2分後に始まる永遠のノイズ。
おそらく最後は、主調整室(マスター)を落としたと思うのですが、それを見守ったスタッフの心中は
如何ばかりのものだったでしょうか。

意外ですが、民間放送の歴史はまだ59年と1か月しかありません。
そのうち、僕が民間放送の世界で仕事をしたのが17年と6か月。
三分の一、歴史を共有しています。

僕がこの世界の最初の一歩を踏み出した時、既にバブル経済は弾けていましたが
まさかこんな瞬間を迎えるとは、正直思っていませんでした。
僕らラジオマンは、否、放送人は、今日から新しい時代を迎えたと言えるでしょう。
関わったことの無い局の終焉ですが、感慨は想像以上のものがあります。

僕らが、民放ラジオ最後の世代とならないように
もっともっと考えて、もっともっと工夫して、もっともっと努力して
沢山の人々に必要とされ、愛されるメディアとして輝けるよう前進しなければなりません。

一方で、僕が取締役を務めていた会社が、本日旧オフィスを引き払いました。
午後から夕方まで、その手伝いに行きました。
辞任まで机を置いていたオフィスは、もう在りません。
がらんとしたフロアを眺めて、そこに居たスタッフの表情や、そこに在った思いが残っているようで
少しだけ、遣る瀬無い気持ちになりました。

その他にもふたつ、自分の中で大切なことがありましたが
それは自分の胸の裡に秘めて、いつか最終処理をしたいなと考えています。

感慨に鹹めとられては、前に進めません。
前途が厳しくとも、気概を以って、笑顔で頑張りましょう。
それぞれのお別れが、それぞれに意味があったと言えるように。

出会いがなければ、別れも無いのだから。


Image328.jpg
今日選んだ時計が、民放の歴史とほぼ同じ
オリエントの60周年記念モデルだったのは、多分偶然。