« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日

●11月も終わり。

Image421.jpg
ロケ地:川崎市宮前区三田橋(笑)

いよいよ冬がやってきた、と思わせる寒気に耐えて
246を西に20キロ。
バイパスを降りた途端に、いよいよ周りは暗くなる。

もう誰も歩いていない深夜の商店街。
どの軒も灯を消したその中に
ぽうわり、ラーメン屋の看板だけが光ってる。

おしぼりでたっぷり浴びた排気ガスを拭って
やっと出てきた温かさを、モノも云わずに胃の中へ。
今日も明日もいろいろあって、考えなきゃいけないこともたくさんあるけれど
取りあえず人心地つくまでは、無念無想。

腹の中に、ほろほろとした温かみを宿して店を出る。
見上げた空は、冴え冴えと澄み渡っていて
三日月がとても綺麗でした。

11月ももう終わり。
いよいよ師走。
いい一年だった。と思えるように
ラストスパート、がんばりましょうね。

2010年11月23日

●分かってるなぁ!

さて、いよいよ東北新幹線の延伸開業が来週の土曜日に迫りました。
グリーン車を越える「地上のファーストクラス」グランクラスなどが既に話題ですが
僕はなんと言っても、JR東日本のTVCFに注目しています。
特に今月13日から放送が始まった「開業編」は、ある観点で素晴らしいと思います。
(ただ投下GRPがさほど多くないので、見る機会が少ないですね…)
ぜひこれをご覧下さい。


泉谷しげるも、吉幾三も、三浦春馬もいい貌してます。

新青森駅に入線する一番列車?を、泉谷駅長から新米駅員の三浦春馬くんまでが
一斉に敬礼して迎え入れる。という内容なのですが、これを観た新幹線ファンは
間違いなく、この動画を思い出すのではないでしょうか。ご覧下さい。

こちらは、2008年の12月の0系新幹線最終運転時の広島駅において
駅員が一斉に敬礼をするシーンです。この動画では観られませんが、車内清掃のスタッフなど
あらゆる関係者が敬礼で0系を見送っています。
個人的には、今回のJR東日本「開業編」を制作した方の頭には、
この動画があったのではないかなぁ、と考えています。

鉄道員の敬礼には、遠く旅する列車とその乗員・乗客への敬意のほかに
安全で快適に列車を運行するための決意や誇りが込められているような気がするのです。
そしてその矜持を敬礼という形で見た時に、自然と感動してしまうのです。
春夏秋冬、雨の日も風の日も、毎日当たり前のように定時運行が行われているその裏には
鉄道員の方々のたゆまぬ努力があることに、改めて気付かされるのです。

先程の「開業編」では、駅員やアテンダントがワクワクしながらホームに集まる様が
描かれています。ここもこのCMの大事なポイントだと考えます。
乗客の方々だけでなく、我々鉄道員も、新青森に新幹線が来ることを楽しみにしています…
という心情を、瑞々しく描き出しているような印象を受けるのです。

今回の作品は、ちゃんと鉄道が持つロマン、新幹線が持つロマンを解っている方が
制作されたのではないかなー、と嬉しい気持ちで居ます。
CM論評というには余りに感情的かもしれませんが、良い広告だと思います。
ちなみにこの広告、連作になっていますので、ぜひこちらでご覧下さいね。

新幹線には、様々な人の、様々な人生が載せられているように思います。
通勤列車だって勿論そうなのですが、もっとそれが色濃くなるというか…。
だからか、新幹線のCMには名作が多いですよね。
同じJR東日本の20周年記念CMも素敵ですよ。

ちょっと止まらなくなりそうなので、今回はこの辺で。
ああ、新幹線で旅に出たいなぁ!

【関連記事】夢の超特急、終着駅へ。(2008年11月9日)

2010年11月15日

●この記事は

公開終了致しました。

2010年11月10日

●美しいムーブメントが欲しい。その2

20090518_4s.jpg
どんなもんでしょう?

さて久し振り(?)に時計の話題。
相変わらず美しいムーブメントの時計が欲しいなぁと夢想しているのですが
最近ショパールのL.U.C Mark III Classicが再び気になっています。
驚いたのですが、並行品だと36万円台にまで価格がこなれてきているのです。
これ、ちょっと凄くないですか?

ショパール自体が、グラン・サンク(パリ五大宝飾店)にしてマニファクチュール。
ジュエラーの美意識と、マニファクチュールとしての技術を持っている訳です。
加えて、このMark IIIは廉価モデルながら

・マイクロローター(ラチェット式両方向自動巻)
・65時間のパワーリザーブを誇るダブルバレル
・クロノメーター規格(L.U.C 3.96はジュネーブシールは取得できず)

…のマニファクチュール・ムーブメントです。
しかも上掲の写真を見る限りは、面取りなどもちゃんと行われているようですし
これは相当お買い得なのではないでしょうか?
もちろん、ケースや文字盤の仕上げも素敵です。

luc3c.jpg
スーツには最適かも。黒文字盤もあります。

一点だけ不明なのが、どの写真を見ても、このL.U.C 3.96(L.U.C 1.96の廉価版)の
ローターには「22K」の刻印があるのに、この記事では「タングステン+金メッキ」となっている点。
他の記事ではほぼ全て22金ローターと書いてあるので、どちらが真実か判りません。
また懸念ポイントとしては、ショパールは並行差別があるという点ですね。
僕は並行差別が無いメゾンの時計しか持っていないので、ここはちょっと不安です。
ETAのように大量に生産していない分、故障率が高そうな感じがします。
その辺がマニファクチュールの心配なところではないでしょうか。

とは言え、ETAのエボーシュを組みなおして「マニファクチュールでござい!」と
凄い値段をつけるメゾンに較べれば、この時計は相当良心的だと思います。

名門で、マニファクチュールで、美しいムーブメントで、マイクロローターで…
評価すべきポイントが山盛りのL.U.C Mark III Classic。
対ユーロの円高は、対米ドルのそれに較べて随分落ち着いていますが
状況によってはもう一声!が狙えるかもしれませんね。アンダー35万とか…。
買える当てはありませんが(笑)アフォーダブル・マニファクチュールとして
ぜひ注目したい一本です。

【関連記事】美しいムーブメントが欲しい。(2010年2月20日)

2010年11月08日

●四十にもなると。

ref_3210BB.jpg
本日の時計はブレゲのRef.3210BB!着けてるだけで健康になれそう!?(クリックで拡大)

さて、表題の通り
四十にもなると、嘗ては「健康だけがとりえです!」なんて云ってたのに
身体のあちこちにガタが来るようです。

少なくとも30歳までは風邪や腹痛くらいしか病気をせず
バイクで事故った時以外は救急車のお世話にもならず
盲腸も骨折も無縁な生活を送ってきました。

32歳の時にアタマの具合が悪くなった時は、4か月ほど休業しましたが
一年半ほどお医者さんにかかった後は大変元気に生活しておりました。

ところが今は、アレルギーが頭皮に出るという面妖な症状に悩まされ
かれこれ半年以上お医者さんにお世話になっており
あまつさえ2・3ヵ月程前からは、酷い四十肩に悩まされております。
(今日お医者さんに伺ったところ、四十肩は鍼灸院などの民間療法の方がいいとか。
帰りに薬局で薬は無いかと尋ねたら、無いですね!と言われた…)
また最近は、肩凝りが常駐するようになってきたもの悩みのタネ。
更に言えば、一番深刻なのは肥満だなぁ…。

まあ、40年も碌にメンテナンスせずに酷使し続けている訳ですから
調子の悪い部分が出てきても仕方が無いのは理解できるんですけどね。
身体も、時計のようにオーバーホールできればいいのにー。

ちなみに昔から病院に縁が無い生活を送ってきたからか
未だに病院やお医者様は苦手で、注射も薬も嫌い。
アホみたいな話ですが、今回のアレルギーのお薬によって
やっと粉薬をまともに飲めるようになった位です。

また最近、個人的にちょっと色々なことがあったので
(特定の病気とかが契機では無いのですが)
それに輪を掛けて病院が心情的に苦手になっています。
勿論日々健康に留意して、お医者様のお世話にならないのが一番大切ですが
この「病院・お医者さんがニガテ」というメンタリティはなんとかせにゃいかんとも思います。

あー…我ながら爺むさいエントリーだ…
どなたか、四十肩に効く何か、ご存じじゃありませんか?
ガツンと効果のあるものをご紹介して下さった方には、ワタクシが秘蔵して居る
グランド・コンプリケーション時計をプレゼント致します(笑)

2010年11月02日

●注目されるという重要性。

Image379.jpg
メディアは自身の価値に敏感であるべきですね。

さて、今日は「週刊 日経トレンディ」年に一度のロケ収録。
ANAインターコンチネンタルホテル東京で行われた、日経トレンディ12月号の恒例企画
「2010年ヒット商品ベスト30」及び「2011年ヒット予測ランキング」の発表会に行ってきました。
15時の情報解禁とともに、Yahoo!のヘッドラインなどで発表されましたし
各テレビ・新聞などでも報道されるでしょうから、皆さんが目にされる機会は多いと思います。

1987年の日経トレンディ創刊以来続くこの企画は、今や在京テレビ全局が取材に来るほどの存在。
渡辺編集長は発表会のプレゼンテーターを務めた後は各局のインタビュー取材に八面六臂。
僕ら「週刊 日経トレンディ」取材班はかなり待ちぼうけ待機しなければならないほどでした。

この発表会の盛況を眺めながら、二つのことを考えていました。
自戒とその備忘を兼ねて、以下に書き連ねます。
(すごく長いです。ご興味のある方は続きをどうぞ)

続きを読む "注目されるという重要性。"