« 思い入れって難しい。 | メイン | Cabotine »

2011年01月30日

●心震えるバラードを。

さて、今日は音楽のお話。
僕はヘヴィメタル・ジャズ・ムード歌謡・吹奏楽など
どうにも面妖且つ整合性の無い音楽が趣味なのですが(笑)
それぞれの中でも、バラード曲が大好きです。
勿論、ドカーン!!と来る激しい曲も大好きなんですけどね。

バラードというと、自分の中の寂しさをより強調するようなもの
自分の中のあたたかい感情をふわりと包んでくれるもの
そして、自分の中の闘志を揺さぶり、力を与えてくれるものなどがあると思うのですが
最近、特にその自分を奮い立たせてくれるこの曲を繰り返し聴いています。
VOWWOWの最後の曲である、「I'm gonna sing the blues」です。

日本が世界に誇るグループであったVOWWOW。
Hurricane」や「Nightless City」「Shot in the dark」なども超名曲ですが
この「I'm gonna sing the blues」は格別だと思います。
人見元基氏のソウルフルな絶唱は、どんな人の心をも震えさせる力があるのではないでしょうか。
この曲、歌詞が素晴らしく美しいのです。このサイトさんを覗いて見て下さい。
人見氏だけではなく、ネイティブの補筆が入っているようですが
意味合い、韻、言い回し。すべてが素晴らしい。

これを歌っていると、腹の底に力が湧いて来ます。
こんな音楽に出会えたことを、すごくありがたく思います。

コメント

当時VOW WOWといったらUKのバンドでしたね。
洋楽を知る前に夜ヒットで見たインパクトは未だに忘れられません
(というか、夜ヒットの記憶はVOW WOWしか残ってない。)。
曲に入る前のトークで「ギターがしゃべるんですよ」と振られてスベったのも覚えてます。
http://www.youtube.com/watch?v=j53D_IHiezo

>アイスストーンさん

そうですね。ラウドネスやアンセムは米志向でしたが
VOWWOWはレディングとかマーキーとかに出ていたような。
夜ヒットのスベり、観てみたいですね(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)