« あらためまして。チェックマークのSEVENです。 | メイン | CIこぼればなし。 »

2011年03月02日

●みっともなくて、いいから。

大切な後輩の、哀しい報せを聴きました。
真面目で、穏やかな性格で、みんなから頼られる後輩です。
後輩だけど、尊敬する部分が沢山ある、いい男です。


なのに彼は、自分を壊すようなことをしてしまった。

生きていれば
まして、僕ら位の年齢になれば
どこにも持って行き場の無い怒りや哀しみ、辛さを感じる出来事が増えてきます。
日々笑っていても、独りになれば涙がこぼれるような夜もあります。

でも、それを背中に押し込んで、背筋を伸ばして頑張る。
それはとても素晴らしいことだと思うけれど

結果自分を壊してしまうくらいなら
みっともなくていいから
無様で良いから、曝け出して下さい。

友人にも、同僚にも、家族にも、みっともなくなりたくないなら
僕が聴くから。
聴くことしかできないかもしれないけれど、
でも、相槌を打って、一緒に怒ったり考えたりは出来るから
だから、どうにもならなくなりそうだったら
青山に来て下さい。
ここなら安全だから。
誰もあなたのみっともない貌を、嗤わないから。


ちゃんと後片付けができたら
一度、遊びにおいで。
なんにも話さなくていいから。

連絡、待ってるよ。