« 出会いはムズカシイ。 | メイン | ジョージへの道遠く。 »

2011年06月24日

●節電のモチベーション。

Image738.jpg
昨日はこの位まで照明をガマンしてみました。
ブラインド越しに六本木を眺めたら綺麗でした。

今日はとても暑かったですね。
埼玉県の熊谷では、14時過ぎに39.8度を記録して、6月の観測史上最高値を更新。
同時に東京電力の供給余力も一時10%を割り込むなど、梅雨も明けないのにかなり厳しい状況です。
ここ青山も大変な暑さで、ちょっと銀行に…と近所に出掛けただけで汗が流れるほどでした。

巷間節電が叫ばれ、どこに行ってもその話題が溢れていますが
ちょっと心配なのが、お年寄りや小さいお子さん、ご病気の方がいるご家庭。
節電の為に体調を崩しては、元も子もありません。
そういったお宅では、きちんと冷房などを使ってくださいね。

ですので、今夏の節電は
必要としている人々に電力を譲る…という感覚で励みたいなと考えています。
僕らが、「ここはカットしてもいいよな」と思う電力を譲ることで
冷房が必要な方、充分な電力が必要な施設や機関・住宅に余力が回って欲しいと願っています。
自分の祖父母や両親、子どもを想うように、知らない誰かを考えて節電していく積りです。

株式会社SEVENでは、本日はいま使っているパソコンと電話以外の電源はすべてOFF。
普段はラジオを聴いていますが、これもradikoでPCに統合。
日没も遅いので、照明も小さいものを、ギリギリまで待ってから付けようと思います。
また、ありがたいことに弊社は風がとてもよく通るので、空調も当分は不要。
室内の気温は18時現在で31度ありますが、
弊社スタッフは屋外イベントの経験が多く、暑さには耐性がありますし、
デスクワーク時は会社に置いているハーフパンツに履き替えていますので快適です。
TUBEなんぞを聴きながら仕事をしています。

Image739.jpg
弊社流クールビズ。もちろん往訪・来客時は着替えますよ!

(少なくとも東電管内では)節電を強く意識しないといけないのは、午後から日没が中心。
夜間や深夜などの、比較的供給余力に余裕がある時は、無茶な節電には余り意味はないようですので
程々で頑張って参りましょうね。