« 雲上への途遠く。 | メイン | Here it comes! »

2011年07月20日

●雲上への途遠く。パート2

Image766.jpg
ああもうめんどくさいなぁっ!

さて、18日のエントリーでお話ししたヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズ。
文句メールに返信があり、「怒るなよ…11日(現地時間)にちゃんと送ってるから…そろそろ東京だよ」と
やっとこさUSPSのTracking Numberが送られてきたのが19日火曜日の早朝。
(怒るなよ、と2回も書いてあってウザさ倍増。)
だったらサッサと言えやゴルァ!…と思いながらも日本郵便のサイトで確認をしたところ

expo2.jpg
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

既に17日日曜日の朝には東京に到着していました。
なら明日20日の午前中には到着するな♥…などと思っていたのですが

expo3.jpg
保留って何よ。

「通関手続中」の次の、最新のステータスが「通関保留中」となっていたのです。
んで、こりゃ何だ?と思っていたところ、今日の午後に東京国際郵便局から
「輸入(納税)申告を必要とする可能性がある国際郵便物のお知らせ」なる書面が届いておりました。

時計はよほど貴金属使いまくりでも無い限り、関税は掛かりませんが
一定の額を超えると消費税を払わなければなりません。
で、FedExのような国際宅配業者の場合は、勝手に通関手続きの代行をしてくれて
商品到着後、別便で立て替えた消費税の請求書が届くのですが
日本郵便(発局は米国のUSPS)の場合は、「自分でやる?郵便局に委任する?どっちか選んでね」と
わざわざ郵便で訊いてくるそうです。
んで、郵便局に委任する(これが結果一番簡単そうです)為には、必要書類に記入・捺印の上
FAXか郵便で返信→電話等で確認作業→通関→納税→納税確認後配達…となるそうです。
つまり、僕がブツを入手するには、明朝以降東京国際郵便局にFAXを送ったり、税金を振り込んだり
諸々の作業を済ませなければならないのです。一体何日かかるのか…。

さんざ出品者のChrisにメールして、今度は自分が通関手続きの為にゴチャゴチャ作業が必要。
ああもうホントにメンドクサイ。
海外から商品を取り寄せる―特に関税ないし消費税が課されるもの―場合は、
絶対FedExをお使いになることをお勧めします。
僕はChrisからの依頼で、初めてUSPSを使用したのですがもーイヤです。

ということで、オーバーシーズのインプレはもう少し時間がかかりそうです。
セッカチな僕には、正しく苦行です…。