« 青山一丁目駅。 | メイン | Me ka mahalo! June! »

2011年09月17日

●World Watch Fair

s0917.jpg
今週、やっとアエロナバルを着けました。

このブログには、簡単な解析ツールが付いておりまして
「どんな検索キーワードで訪問したか」が分かります。
最近はフランク三浦で検索する人が非常に多かったのですが
今日「三越前ワールドウォッチフェア」というキーワードを見つけ、大笑いしました。
不思議ですね。「前」のひと文字が付いただけで全然印象が違う。
三越の前の路傍で、怪しげな時計を怪しげな人物が売っていて
「これフランク三浦言いますねん。非防水の高級品でっせ。」とか言ってそうな(笑)

で、ここに書くタイミングをすっかり逸してしまっていたのですが
実は今年も、三越ワールドウォッチフェアには行きました。
率直に申し上げて、特筆するべきものは(具体的なアイテム含め)殆どありませんでしたし
何より出展メゾンが減りすぎだよ…という印象が強かったです。

そんな中、とても面白かったのが「今年は高級メゾンに相手にして貰えた」ということ。
パテック・フィリップではカラトラバを数本試着させて頂き、ランゲ&ゾーネでは初めて声を掛けられました。
ヴァシュロン・コンスタンタンでは40分近くヒストリークなどのアイテムを説明して頂き
ブランパンで無視されることもありませんでした。
こんなことは初めてです(そんな悲しいこと、別に書かなくてもいいんですが)。
ブレゲは毎年大変丁寧に接客して頂いているので、余り変化は感じませんでしたが…。
(今年はオーデマ・ピゲのブースはサラっとだけ見てすぐ出ました)

それで判るのは、やはり各メゾンの店員さんたちはお客の時計を見ているな、ということ。
夏のイベントなので、これまで着けていった時計は「汗をかいても大丈夫なもの」だったのです。
そうすると、本当に無視されるんですよね。
3年前だったか、4年前だったか。
ブランパンのブースで、カウンター越しに店員さんの目の前で時計を見ていたのに
僕の後ろにいたお客さん(その方はブランパンのトゥールビヨンを着けていました)に話しかける始末。

今年はヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズを着けて行ったことで
随分お客様扱いして頂いて、気分は良かったのですが若干複雑でした。
所詮eBayで買ったヤツなんだけどなー。

まあ、逆に声を掛けられたくない時は対応しやすいのかも知れませんね。
(僕は服屋などで声を掛けられると、脂汗が吹き出てきて一目散に逃げるタイプです)
面白い経験をしました。