« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月25日

●お詫び

先日10月18日午前、
私は原付バイクでの通勤中、進路変更禁止違反等の為、処分を受けました。
この件につきまして、先日反則金の納付を含めた手続きを終えました。

一方、私は自身が経営する株式会社SEVENの業務として、
自動車メーカーご提供のラジオ番組のWeb制作に一部参加しております。

安全運転と交通マナーの向上を皆様にお伝えする番組に関わる者でありながら
自身が交通違反を行い、剰えそれを軽々にブログ等に記述する行為は言語道断です。
勿論、業務の内容やブログへの記述云々の前に、
交通違反を行うこと自体が、許されるべきものではありません。

今回の経緯を踏まえ、関係各所の皆様ともご相談の上
当該番組に関連する受託業務を返上差し上げることと致しました。
これを以って私の軽率をお許し頂けるものではありませんが
その責を負うにあたり、第一歩として欠かすべからざることであると思います。

私の軽率により、不快感を抱かれました皆様に、衷心よりお詫び申し上げます。
そして関連する多数の皆様に御迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

この度の愚行を真摯に反省し、今後同様の行為を二度と繰り返さないよう
自らの不徳を省み、厳しく自身の行為を戒めて参ります。
皆様におかれましては、今後とも一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう
お願い申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

縫 崇

2011年10月23日

●ハマギク

sp2130562.jpg
街の露地でもよく見ますね。

先日、皇后陛下の喜寿のお誕生日を報じるニュースの中で
岩手県大槌町産のハマギクを愛でる天皇・皇后両陛下のお写真がありました。
過去、当地から寄せられた種を御所でお育てになったものだとか。
5月に両陛下が、津波被害に遭った大槌町をお見舞いに訪れた際、
被災者の方々に、「ハマギクは美しく育っていますよ」と励ましのお言葉をお掛けになったそうです。

このハマギクは、学名をNipponanthemum nipponicumといい、英名をNippon Daisyと云うそうです。
日本原産、一属一種の固有種。
北方性の菊で、特に青森県から茨城県の太平洋岸に自生しています。
まさに東日本大震災の折、津波の被害を受けた地の花です。

このハマギクの花言葉は「逆境に立ち向かう」というもの。
この植生や花言葉までを含めた皇后陛下のお言葉に、とても感銘を受けました。

華やかさとはかけ離れた、この白く清楚な花は
育てる上で手間も懸からず、放任でも育つそうです。
その強さで、この秋も被災地の沿岸で咲き誇っているとのこと。(岩手日報の記事

僕は花の類には全く造詣がありませんが
このハマギクを庭に植えようかなと思っています。
その楚々とした出で立ちと、強さを自分の励みとして、
そして被災地の人びとの強さを信じ、
それを支えることを忘れないために。

花言葉、なんて柄じゃありませんが
久し振りにことばに震えたので、書き記しました。

2011年10月17日

●C2Dと41歳。

1107.jpg
久し振りに普通に昼休みを取れたので、パチリ。

先週一週間は、複数案件のピークが重なったこともあり
40代に入って最も忙しい7日間になりました。
毎日あさ7時から深夜3時・4時まで作業して、尚且つ家でもガリガリに作業。
もう完徹が出来ないトシなので、土曜の夜あたりにはフラフラになっていました(苦笑)

で、自宅ではDropboxで同期させながら
2台のPCでひとつの提案書を編集するなどしていました。
作業性はモバイル用のVAIO(Core 2 Duo / 1.3GHz・2GBメモリ)の方がいいのですが
音声ファイルや画像の編集などは自宅用のThinkpad(Core i5 / 2.3GHz・4GBメモリ)の方が
圧倒的に上だからです。

そんなヘンテコリンな作業をしながらちょっと思っていたことが
「愛着だけで使い続けることは難しい」ということ。
マシンとしては絶対的にVAIOの方が好きなのですが、生産性を考えるといつまでも使えない。
どれだけチューンナップしても、どれだけ自分好みのセッティングをしても
いつかは新しいマシンに切り替えないと、加速する自分のペースに合わなくなってくるんですね。

それは別にパソコンだけでなく、マンパワーも同じ事だと思ったのです。
今は沢山のお客様や、仲間に支えて頂くことで僕の価値
(この場合は僕の生産額と同義として捉えて下さい)は維持できていますが
どんどん歳を取って生産性の向上を図れなくなれば、市場からはスポイルされる訳です。
今はまだ自分自身のアップデートが出来ているけれども、確実にどこかで陳腐化してしまう…。

そう考えると、僕の会社を僕の価値低下と連動させないように
新しい血を入れて、若さや機動性、新規性を維持しなければいけないなと思います。
特にコンテンツ制作の領域、企画制作領域については
新人の教育から独り立ちまでの時間を考えれば、今すぐにでも対策を打たねばなりません。

株式会社SEVENを僕の個人事務所と捉えれば、僕がリタイアするまで逃げ切れればOKですが、
そのような会社にはしたくありません。
これまでは「まだ40代序盤だし…」なんて思っていた組織化を、本腰をいれて考えなければ。

あとひと月もしない裡に、僕は41歳になります。
減衰する体力、知力を努力で補いつつ、次の一手を考えます。

2011年10月11日

●アフリカ進出計画、とか。

これまでにもこのブログで再三宣伝させて頂いているのですが
株式会社SEVENはハワイ州のホノルル市で日本語FM放送「Hawaii101FM」を運営し、
且つそこで制作した番組を、国内のFMラジオ局に販売するなどしています。

僕が放送業界に入った1990年代初頭は、海外制作や中継は大事業で
凄まじいコストと綿密な準備、大規模な設備が必要でした。
僕が在籍していた九州朝日放送は、業界ではそれなりに規模のある放送局でしたが
それでも海外制作なんて、年に数本しかなかったのではないでしょうか。

ところがIT革命のおかげで、今や海外制作は大して難しいものでは無くなっています。
Twitterで現地のDJやスタッフを募集し、SkypeやFacetimeで面接や打ち合わせをして、
現地の放送局とメールで交渉し、FTPサーバで番組データの遣り取りをする。
否、今やそのFTPサーバすら、Dropboxに置き換えられつつあります。
弊社制作番組「Aloha Weekend」の第2代DJのジューンは、出演契約交渉から卒業までの間、
リアルで会ったことはありませんでした(笑)
番組の制作コストも国内とほぼ変わらず、寧ろ昨今の円高状況で低廉化傾向にあります。
一番痛いのは、銀行の国際送金手数料だったりします。

で、最近iPhoneアプリのTuneIn Radio(これ、Android用もありました)で
アフリカのFMラジオを聴くのがマイブームなのですが
楽しんでいるうちに「うちからアフリカとか南米とか中東とかのラジオ局に、
日本語のラジオ番組を供給できないだろうか?」と考え始めました。
そりゃ言葉の壁とかはありますが、事業構造は福岡やハワイのラジオ局との遣り取りと変わらない。
まあ向こうも僕の英語くらいは理解できるだろうから、お互いに番組を交換するような遊び方は
出来るのではないかと思っています。

それが商売になるのか、と云えば「どーかなー…?」という感じなのですが
「株式会社SEVENは、日米だけでなく、コンゴやブルキナファソやレソトや赤道ギニアに
番組を供給しています!」なんて言うことが出来れば、宣伝としては面白いのかな、なんて。
日本のビジネスマンなどは世界中あらゆる国にいらっしゃいますから、
そんな人達から番組のご感想やリクエストを頂けたりしたら、これまた幸せだな、とか
途方もなく遠くのアフリカの人が、うちの番組で日本語を勉強したりとか…
そんな光景を妄想しています。

とりあえずパイロット版を作ってみて、適当に各国のラジオ局に声をかけてみようかな?
だとしたら、別にそれはアフリカとかアジアに限らず、世界中どこでもいいんだよな。
最近は業務多忙につき、即行動に移すことは難しいのですが、
その分時間をかけて構想を練ってみたいと思います。

ITの功罪は色いろあるのですが
ことラジオ屋の僕には、面白く、好奇心を刺激されることが多いようです。

10102.jpg
目下のお気に入りはアフリカ全土で聴ける(と思われる)「La Radio Africaine」。
これは赤道ギニアでの放送を聴取しています。

2011年10月07日

●【Hawaii101FM】放送枠販売のご案内


kphi20111007.jpg
iPhoneアプリで、日本国内でもチェック可能です!
Android用もありました。(10/9追記)


<2011年10月7日情報公開> コミュニティFM並のコストでハワイでの放送が可能です!

米国ハワイ州ホノルル市で、株式会社SEVENが運営している日本語FM放送・Hawaii101FM
こちらの放送枠が、11月より販売可能になりましたのでご案内差し上げます。
ホノルル市での日本語によるプロモーション活動をご検討の方は、ぜひお問い合わせ下さい

【販売枠の概要】1枠限定販売となりますのでご了承ください。

・Hawaii101FM(KPHI) 毎週土曜日 20:30-21:00・30分枠
・録音完全パッケージ番組のみ受付(生放送はお請け致しかねますのでご了承ください)
・番組のお持込みも可能です。その場合、電波料のみでお請け致します。
・業務及び放送素材の納品においては、株式会社SEVEN東京本社にて執り行ないます。
・当社にて収録・編集をお請けすることも可能です。その場合別途制作費をお見積もり致します。

Hawaii101FMの概要や、聴取チャンネル等につきましてはこちらをご覧ください

続きを読む "【Hawaii101FM】放送枠販売のご案内"

2011年10月05日

●Memorandum

s414691246.jpg
そんなことを考えながら、時計の写真を撮ってました(笑)

人間は簡単にものごとを忘れてしまうのに、
感情を伴った記憶は、忘れ難い。
忘れたくても思念が遺っているから、折節に蘇ってくる。

カフェの座席だとか、コンビニの菓子棚だとか、ラジオから流れてくる歌だとか
帰宅後のニュースだとか、手癖のようなレトリックだとか、街の匂いだとか

そんな些細なものが、忘れようと努力までしている記憶を
態々目の前につき出してくれる。
その努力自体が、記憶と感情をなぞるような作業なんだけど
この期間はなかなかそれに気づかない。

でもある時、不意に
拭いがたい存在だった筈の記憶から、感情の要素が色褪せていることに気付く。
そうなると、記憶はやっと「次第に失くしていくもの」に化けてくれる。


そしていつか、金曜日の朝食はなんだっけ?というのと同じくらいになるのだろう。
その経験の意義すら解らなくなってしまうくらいに。


やっと「ただの記憶」になったものを見つめていると
そこに思念の跡は確かにあるのだけれど
既に僕という人格からは切り離されて、ずいぶん余所余所しい感じがする。

それが、人間の強さなんだろうなあ。
それが、人間の弱さなんだろうなあ。


そんなことを、外苑前のSignで
そろそろ今年最後のアイスティを飲みながら、考えていました。