« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月30日

●ノマドワーキングへの挑戦 II

ipad0330.jpg
ノマドワーキングは、100グラムの違いが結構重要です。

さて昨年11月に、「ノマドワーキングへの挑戦」と銘打って
AndroidタブレットであるICONIA Tab A500と、そのアプリであるSplashtop remoteを使った
タブレットによる母艦PCの遠隔操作についてお話ししました。
その後、会社のメインPCがeMachines(Pentiumデュアルコア/2.5GHz / 2GB)から
HP(Athlon IIx4 クアッドコア / 3.1GHz / 8GB)にチェンジし、
更に先日iPad(第三世代)を購入したので、ノマドワーキング用のセットアップを変えました。
Splashtop remoteは、Android/iOS用どちらも販売されています。

新しいiPadは、Retina液晶(2,048×1,536)という高解像度モニターと、A5Xプロセッサのパワーで
実に使いやすく重宝しています。何と言っても652g・厚さ9.4mmというコンパクトさが際立っています。
ICONIA tabは765g・13.3mmで、1024gのVAIO G2から持ち替えた時は驚異的に軽かったのですが
この110g程度の違いが、毎日持ち歩いていると予想以上に効きます。

で、今回は更に生産性を高めよう…ということで
このiPadから、会社のPC2台を「電源のON/OFFまで含めて遠隔操作」できるようしました。
Wake-On-LANという仕組みを使ったんですね。
こちらは単にアプリケーションをインストールすればOK…とはならず、

・PCはBIOS/OSそれぞれをWake-On-LANに対応させて
 →最初からなっているものも多いですが、僕の場合は2台とも設定が必要でした。
  またBIOSはメーカーによって違うので、Web上で探してもドンピシャの解説が出てきません。
  なので、電源管理回りの項目を読み取っていく必要がありますね。これがめんどい。

・各PCのローカルIPアドレスを固定して
 →LAN上に一台しかPCがなければ問題有りませんが、複数の場合は
  LAN上のローカルIPアドレスが接続順に自動で割り当てられていたりします。
  これをOSで固定し、コマンドプロンプトからipconfig/all→イーサネット設定で確認します。

・ルーターのポートを一部開放して
 →こちら、当初はiPad/iPhone用のRemotebootが指定する50000のポートを開放したのですが、
  国産メーカーのルーターは、各PCの個別アドレス(MACアドレス)を一定時間しか記憶しないものが
  多いです。その為、インターネット側からLANに向かって、LAN全体にマジックパケットを
  送る(ブロードキャストする)ことができるように設定する必要があります。
  これをしないと、時間が経つと外部からPCを起動できなくなってしまいます。要注意。

・iPad/iPhoneにRemotebootをインストールし、設定
 →iPad/iPhone側では、各PCのホスト名/MACアドレス/グローバルIP/ポートを指定します。
  グローバルIPは弊社の場合固定されていませんので(家庭用なんかはほぼ非固定です)、
  数時間おきにグローバルIPをチェックして、メールで報告してくれるソフトを導入して、
  それをタスクスケジューラーで起動→作業終了後スリープさせるという作業も行いました。

 →ポートは先述の「インターネット側からLAN全体にマジックパケットを送ることができる
  ポート番号」を指定しています。

・で、最後にPCにSplashtop Streamerをインストールする
 →これは簡単です。

 ※全般的なセッティングについては、このサイトさんのこの記事から順を追って読んでいくと
  解りやすいと思います。但し環境によって色々別の設定も必要です(特にBIOSとルーター)。

…というように、結構ややこしいセッティングが必要で(Macは物凄くラクみたいですが)、
それなりに知識が必要なのですが、3日間ほどトライ&エラーを繰り返してやっと成功。
これまでは外出時に母艦PCを遠隔操作する際には、予めPCの電源を入れっぱなしに
する必要があったのですが、もうこれで電気の無駄遣いをせずに済みます。
現時点ではメインPCをスリープに、サブをシャットダウンにして帰宅/外出しています。

タブレットでPCを操作すると、文字入力などが若干面倒なのですが
iPadのソフトウェアキーボードは非常に出来がよく、ミスタッチはほとんどありません。
ICONIA tabもそうですが、Android端末は日本語入力環境に若干難があって
ミスタッチに苛立つことが多かったので、ここでもiPadの凄さを感じています。
(ちなみにAndroidでは、Google日本語入力を使っていました。ATOKならもっとマシだったのかな。)

これでいよいよノマドワーキング環境も、理想的な水準になってきました。
これでガンガン仕事して、売り上げを増やさねば…!

実はこれがイチバン難しいんですよね(;´∀`) がんばります!

2012年03月28日

●上京10年。

20120328.jpg
日曜日の早朝に撮った、夜明けの六本木です。
何年経っても、東京の春は素敵だなァと思います。

さて、久し振りの更新です。
毎日バタバタしておりますが、元気です!

オフィスのラジオで、TOKYO FMの「シナプス」を聴いていたら
この春上京してきた方々に向けたテーマで放送を行なっていました。
リスナーさんたちの喜びや期待、不安などが詰まったコメントに、ウンウンと頷いていて
ハッと気付きました。

今日、2012年3月28日で
上京してからちょうど10年となりました。
ついこの間までは結構意識してたんだけどな(笑)

10年前の今日、当時の居住地であった都立大学の駅に降り立った時の高揚感だとか
新居に入った時の匂いは、今でも時々思い出します。
最低限の荷物しか送っていなかったので、ガランとした部屋には仕事道具と布団、着替え、
そして小さなラジオしかありませんでした。
チューナーを1242KHzに合わせて、ニッポン放送が聴こえてきた時は
「ああ、東京に来たんだ!」と感慨ひとしおでした。
これはラジオマンならではの感覚かもしれませんね(笑)

あれから10年。
結婚して、転職して、病気して、復活して、また転職して、さらに独立して…
31歳からの10年は、どんなジェットコースターよりも刺激的だった気がします。
いまこうして、この街を終の棲家と決めて
外苑前のオフィスで仕事をしているなんて、
当時の僕にはまったく予想もつかないことでしょう。
「こういう風になるんだよ」と話したら、僕はどんな表情をするのでしょうか?

東京は土曜日から桜が開花し、4月7日に満開になるそうです。
新しく東京での生活を始める皆さんが、桜のように美しく花開くことができますように。
東京は素敵な街ですよ!

2012年03月07日

●しあわせさがし。

%E5%86%99%E7%9C%9F%2012-03-07%2015%2032%2003.jpg
四つ葉のクローバー、見つけられますか?

六本木での打ち合わせから事務所に戻る途中、
乃木坂を過ぎたところにある小さな花屋で、クローバーの鉢植えを買いました。
最初は通り過ぎたのですが、あのクローバー、四つ葉のがあったな…と思い
引き返して購ったのです。
とても小さいクローバーが密集していて、パッと見カイワレっぽいのですが(^_^;)
とても可愛らしいのです。

新しく始まった年度が、たくさんの幸せに巡り会えるものであればいいな、と
机の上に置いた鉢を眺めながら考えています。

子供の頃、福岡の田舎の新興住宅街に住んでいたのですが
まだ開発途中で、近所には空き地がたくさんありました。
そこで時々、四つ葉のクローバーを探していたのを思い出しました。
もう30年以上も昔の話です。

気がつけば、あと二週間ちょっとで上京してまる十年になります。
いつの間にか、福岡で働いていた時間より、東京で働いている時間の方が長くなっていました。
時間が経つのはあっという間ですね。

2012年03月06日

●Thanks! 4th Anniversary

newlogo_for_entry.jpg
今年もこのエントリーを書くことができました。
皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

本日、株式会社SEVENは4周年を迎えました。
4回もこの日を迎えることが出来たのは、偏に皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。
5年目は、飛躍と発展の一年になるよう鋭意努力して参りますので
どうか倍旧のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

今日は期せずして、東京の恩人のお一人と、長いお別れをしました。
その人と過ごした日々を思い返しながら、
僕がこれまでどれだけ沢山の方々のご厚意に支えられてきたか。
どれだけのご迷惑をお掛けしてきたかを考えていました。

不惑を越えたとは名ばかりで、依然迷いながら、手探りで人生行路を進んでいます。
時に立ち止まり、ともすれば後退し、なかなか結果を出すことが出来ませんが
いつか皆様が、僕と知己を得たことをご満足頂けるように、喜びとして頂けるように
心を込めて、日々の業務に邁進致します。
皆様への感謝を忘れず、一所懸命・一生懸命、前進して参ります。

現在弊社では、Terminal.tkを始め、様々な業務に取り組んでおります。
皆様のコミュニケーション上の諸問題を解決するパートナーとして
いつでも皆様からのお声掛けをお待ち致しておりますので
ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

今後共、何卒宜しくお願い致します。
本当に、本当にありがとうございます。