« 真面目だけじゃダメ。 | メイン | 楽しい週末。 »

2012年10月17日

●6億円は当てられないけれど

totoが好きで、よく買います。
勿論BIG一等の6億円狙いなのですが、今までに末等が一度的中しただけ。
宝くじも公営レジャーもパチンコも、止めて久しくなります。
どうにも博才には恵まれなかったようです。

その他の才能も、いずれも凡百の域を出ませんが
こと人の運については、飛び抜けて恵まれていると感じることが多々あります。
これまでにも色々書いてきましたが、今日も素晴らしい経験をしました。

弊社は今年度末(2013年2月まで)で創立5周年の節目を迎えます。
来年度からの5年間について熟考した結果、新しい経営方針と
それに伴う中期経営計画をほぼ固め、現在はその具現化に向けて作業しています。

その中核案件と位置づけている自主提案の企画があるのですが
ある時、その構想をお世話になっている某誌編集長にお話したところ
「それならこういう人を紹介できるよ」とのお言葉を頂き、今日初対面と相成ったのです。

弊社のような零細が、自主提案で案件を興そうとしても
やはり難しい部分があります。
如何に企画や理念、設計に自信があっても
巨大な競合を向こうに回して単身戦うのは非常にタフな作業です。
その分、今回の編集長のお申し出には期待していましたし、気合いを入れて臨んだのですが…

まったく望外の話をたくさん頂き、感激を携えて帰社することができました。
百万の援軍を得たようなもので、戦いへの意欲がぐっと増しました。
この提案を成立させることで、力を貸してくださった編集長や、きょうお会いした方にも
ご恩返しができるし、それを果たさなければならないと思いました。

数週間前に完成していた企画書は、今回のお話を反映して全面改訂を行い
次の数週間以内に本番の提案に挑む形になるでしょう。
まだ具体的な内容が書けないので、甚だ分かりにくい文章で申し訳ありません(^_^;)
ただ、この感動は文字に残しておきたいと思い…。
僕に6億円を当てる博才は無いけれど、6億円では買えない人の運を頂いています。
本当に幸せなことです。

頂いたご縁やお力添えを無駄にすること無く、確実に形にしたいと意気込んでいます。

株式会社SEVENが10年、20年、50年と続く会社になるために
きちんと理念を持ち、その理念を反映した業務を行うことができるように
目先の忙しさにかまけずに、やり抜きます。

W編集長、Wさん、本当に、本当にありがとうございました。
きょう持たせて頂いた時間が価値あるものとして輝くように
しっかり頑張ります!

…でも、totoが当たってくれてもいいのよ?(笑)