2013年08月06日

●Keep on running!

一ヶ月ぶりの更新。最近サボってますなぁ…。
主な理由は最近時計を買っていないからですが(^O^;) 仕事が忙しいということもあります。

前回のエントリーでも書いたように、厳しい立ち上がりとなった今期。
第一四半期は前年同期比で70%を割り込み、特に最初の2ヶ月(3-4月)は
60%を維持するのもやっと、という感じでした。

ところが第二四半期でいきなり持ち直し、この2Qに関しては前年同期比で210%超。
上半期トータルでも前年同期比130%を突破しました。
おかげさまでこの8月はドタバタ。今週後半からは久し振りに出張シリーズが始まり、
福岡や浜松、大阪や軽井沢などを駆けまわります。
たくさんのお客様やパートナーに支えられて、何とか上期はクリア。
本当にありがたいことです。

とは言え、下半期は現時点で60%ちょっと。
まあ、まだ始まってもいないので当たり前といえばそうなのですが
前期(第5期)は下半期で通期売上の6割を稼いでいるので、全体で見ればまだまだ。
可能であれば、今期借り入れた銀行融資を期中に返済してしまいたいので
ここで安心せず、更に加速していこうと決意しています。

現在株式会社SEVENでは、番組制作事業だけでなく
全国のラジオ局のメディアバイイング(スポット/タイム)も積極的に手がけています。
特にいまは、全国で聴取可能な某ラジオ局が非常にコストパフォーマンスが高いので
強力にお勧めしています。
タイムに関しては、弊社が責任制作致しますし、
地方局1局並みのコストで幅広く全国にメッセージを届けることもできますので
全国への商品/サービスのアピールをお考えの皆さま、ぜひ弊社にご相談下さい!

2013年07月07日

●夏を走れ!

20130706_1.jpg
平年より15日も早く梅雨明けした関東甲信地方。
梅雨明け宣言の日の東京の空はこんな感じでした。

きょうは三週間ぶりのお休み。最近バタバタしています。
見込んでいた案件の継続を果たせなかったことで、
SEVENの2013年度第一四半期(3-5月)は久しぶりに厳しい立ち上がりとなりました。
新規案件もなく、5月には早くも運転資金が枯渇し始め、
已む無く追加の銀行融資を受けることになりました。
第4期・第5期と連続黒字を果たし、銀行債務も年内に完済の予定でしたので、
第6期突入前は「新年度は社員を採用して、無借金経営に転じて…」と夢いっぱい状態。
それ故に、無念極まりない決断でした。
ごく少ない案件に大きな影響を受けてしまう、弊社の体質をなかなか転換できないことに
忸怩たる思いが拭えませんでした。

しかし融資が決定し、実行される前後から新規案件が舞い込み始め
あっという間にドタバタモードに。第二四半期は早くも前年を越えています。
まだ安定軌道に乗った訳ではありませんので、気を引き締めなければなりませんが
光明が見え始めたような印象を持っています。
また、いずれの案件も日頃から僕のことを心配し、目にかけて下さる沢山の方々が
努力して持ち込んで下さったものですから、そのご恩を忘れず、真摯に取り組みます。
本当にいつもありがとうございます!

前向きに考えれば、第一四半期の閑古鳥は
その分、1月に生まれた子どもとの時間の確保に繋がりましたし、
それぞれの現象には、功罪両面があるのだとも考えています。
だからこそ慌ただしい現状に感謝しつつ、好事魔多しを胸に留めて
慎重に、慢心無く進めて行きたいと思います。

今夏は、4年連続の猛暑になるとか。
体調管理に注意しつつ、仕事も、子育ても楽しんで取り組みます。
どうぞ皆様もご一緒に、いい夏にしましょう!


20130706_2.jpg
チビはおかげさまで大変元気。父母同様よく笑う子です。
最近は寝返りがマイブームのようで、いつも転がっています。

2013年06月06日

●進化の速度

0606.jpg

写真のパソコンは、ASUSのEeePC 4G-X。
今は無き「ネットブック」の始祖であるマシンです。
Atom第一世代ですらない、Intel Cerelon M(900MHz)を搭載し、WinXPを駆動します。
2008年の1月の終わりに発売され、僕は株式会社SEVEN創業直前の2月に購入しました。
創業時は事務所もなく、渋谷や赤坂のルノアールで
この小さくロースペックなマシンを使いながら、番組の台本などを書いていました。
(当時のこのブログの記事を読むと、福岡のベスト電器本店で買ったんですねー。)

実際にこのマシンが現役だった時間は短く、1年ほど。
その後かなりの台数のPCを購入しましたが、この4G-Xだけは手放さず
月に一度程度電源を入れ、各種ソフトウェアの更新をしています。
バッテリもダメになっていますし、もう実戦稼働することは無いのですが
創業の記念碑的な位置付けになっているんですね。

この5年ほどで、ネットブックからスマホやタブレット、そしてウルトラブックなど
新しい商品ジャンルが登場し、市場に浸透しました。
僕も今は、同じASUSのCore i7のウルトラブックと、iPad(第3世代)が外出時の主力です。
どちらも非常に快適に使えて、番組の編集や母艦PCの遠隔起動・操作まで可能です。
4G-Xは、同じ写真の旧世代Androidタブレット(Acer ICONIA Tab A500)にすら
機能的に及びません。あの頃、よくこんなので仕事出来ていたなと思います。

ただ、事務所もなく、安物のパソコンで喫茶店に籠城していた頃の方が
今よりも真っ直ぐに仕事出来ていたのではないか、などとも考えています。
事務所を構え、機材もひと通り揃え、社用車(三輪だけど)もありながら
現状に強い閉塞感を感じ、同時に久しぶりの危機的状況に焦りを感じています。
それは、「会社を創り、それを大きくしていく」という目的から
「現状維持でも、確実な売上と利益を上げていく」という目的への移行が原因では無いかと
個人的には考えています。

家族も増えたし、組織の拡大は難しいし、資金も無いし…などと
言い訳めいた考えが自分の中に明確に存在している。
それぞれは正しい事情だけど、そこに負けてしまっているような気がします。

前年度末には想像もしなかったピンチに、日々焦燥感と共に過ごしていますが
こんな時だからこそ、今一度創業の意志を確認しなければならないと感じています。
コンピューターの進化になんぞ負けてたまるか!(笑)

創業6年目、42歳。まだまだ進化が必要です!

flag.gif
折角掲げた自分の旗だもの。簡単に降ろせるか!

2013年04月30日

●言霊。


「てふてふが一匹 韃靼海峡を渡つて行つた」

                       (安西冬衛 「春」)


学校の教科書で習ったときから好きな詩です。

蝶は何を思い、飛んでいるのか。
その解釈は、この詩を思い出す度に変わっていくような気がします。

新たな地平を目指すのか。
何かから逃避するのか。
あるいは考えなしに、ただ彷徨っているのか。


いままた久し振りに、この詩を考えています。
今度はどのように解釈するのでしょうか。


2013年04月15日

●まさかねぇ。

20130415.jpg
「実際のところ、どうなのよ?ぼっちゃん。」
「ん?」

さて、我が息子が喃語を話し始めました。
まだ母音+アルファ程度しか発生できず、「あうー」とか「うぇー」などと
むにゃむにゃ言っています。
それに対してオウム返ししてみたり、普通に話しかけたりしています。
特に朝はよく喋るので、家事の合間に会話?したりしているのですが…

数日前にいつも通り「おはよう!」と話しかけたところ
「おあよー!」と言うのです。
驚いて、妻とともに複数日に亘って何度も話しかけているのですが
やはり「おあよー」と言っているような…。

まだ3ヶ月にもなっていませんので、偶然そう聴こえているだけなのかな?と
自分の耳を疑いつつも、やはりそこは親の欲目。この子は天才じゃないか?などとも思っています。
実際のところはどうなんでしょうねぇ…。

【で、久し振りに時計の話題も。】

最近暖かい日が増えて、メタルブレスの時計の出動が増えています。
ラインナップ的にはこのへんと、色違いで揃えているJ.SPRINGSあたりになるのですが、
最近またぞろセイコーファイブが欲しくなっております。
特に2011年に発売された、セイコー130周年記念モデルのSARZ010。
2010年にデビューした新ムーブ・4R36(6振動/手巻き・秒針規制つき)に興味があり…。
実用機械式時計のスタンダード、一本は欲しいなあと。
本来は5,000円程度で買うものですが、折角ならとアニバーサリーの限定モデルに惹かれています。
黒IPの時計って持ってないし。
どうしようかな…。

sarz010.jpg
これです。
ベゼルやインデックスの桃金は、桜をイメージしているとか。
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages