2016年02月13日

●青山進出7周年。

7年前のきょう、2009年2月13日に
株式会社SEVENは初めての事務所を北青山2丁目に構えました
外苑前交差点から神宮球場に向かう、スタジアム通り沿い。
わずか3畳しかないSOHOオフィスでしたが
初めて自分で構えた事務所ということで、とても嬉しかったのを
昨日のことのように思い出します。
その年の11月には、南青山2丁目の現事務所に移転。
大好きな青山の街で、きょうも営業しています。

あと数週間で、弊社は第8期を終えて第9期へ突入。
その直後には創立8周年を迎えます。
青山進出当時の目論見は大きくハズれ、なかなか足腰が強くなりませんが
いつか大きく飛躍できるように
音声コンテンツ領域のトップランナーになれるように
これからも頑張ります!

※現在、私のブログは株式会社SEVENのサイトに移転しております。
 お時間ありましたら、どうぞご覧ください。

2014年07月15日

●I ♥ radio!

ラジオ業界に入って22年目。
2014年は、radiko.jpプレミアムのおかげで
自分の中のラジオ愛みたいなものがより強化された。
もう全国各局の番組がとにかく面白くて
耳が空いている時間は殆どラジオを聴いている。

で、同時に
こんなに楽しいものを、もっとたくさんの人に知ってもらって
日常のなかで楽しんでもらいたい!とより強く思うようになった。
何ができるだろう?と考えていたら
じゃあCM作ってよ、とか
雑誌に書いてみたら、とか
次々にチャンスを頂いて
素晴らしいキャストやスタッフに集まって頂いたり
多忙ななか、取材を受けてくださる方々が現れた。
たくさんの方々が手を差し伸べてくださった。
本当に嬉しい。皆さんありがとうございます。

僕や、僕の会社ができることはそんなに多くないかもしれない。
でも、日本でいちばんラジオが好きな会社として
もっともっとラジオの楽しさをアピールできるように
出来ることを増やしていこう。

ラジオサイコー!!!

なので皆さん、どんどんラジオのお仕事ください(←営業w)

※現在、全国のradiko.jp参加局で、弊社制作のradiko.jpのCMが放送中です。
 20秒「あなたのそばに編」「親子編」「プロ野球編」「耳が旅する編」
 そして40秒「転勤編」の全5種類です。ぜひお聴きください。

※また、現在発売中の「日経トレンディ」8月号(日経BP社)にて
 拙稿「radikoの進化が呼び起こす ラジオの地殻変動」が掲載されています。
 お時間ありましたら、お読み頂ければ幸甚です。

2014年03月28日

●上京12年。

140328.jpg
きょう市ヶ谷駅の近くで、この春初めての桜を観ました!

きょう3月28日は、僕にとっての「上京記念日」です。
12年前のこの日。転勤のため、目黒区の八雲に引っ越してきたんですね。
新居には、まだ布団一組と最低限の着替え、そして仕事道具しか無く
家電製品は確かラジオ一台しかありませんでした。
そのラジオでニッポン放送を聴いて、「おお、東京だ!」なんて思ったことを
思い出します。

そうそう。上京12年で思い出したのですが
日本生命の、岡田准一さんが出演しているCMが好きです。
20代から50代の岡田くんが会話するやつですね。

例えば、23歳・33歳・43歳・53歳の僕がいま集まると…

23歳の僕は、長浜でKBCの2年生社員として、あたふたしています。
なかなか仕事が覚束なくて、ため息をつくことが多い時期でした。

33歳の僕は、半蔵門でTOKYO FMの社員になっています。
ようやく病気から復調し始めた頃でしたね。
会社近くの公園で、千鳥ヶ淵の桜を眺めていたのを思い出します。

43歳の僕は、青山で株式会社SEVENという会社を経営しています。
今日は締め日だったので、切手を大量に舐めて、請求書を発送しています。

23の僕も、33の僕も、ものすごく驚くだろうなあ。
そしていまの僕は、53の僕を見て驚くのでしょうか?
10年後が楽しみです。

この春上京して、新しい生活を始める皆さん
ようこそ東京へ。
時に故郷が恋しくなる日もあるでしょうが
精一杯頑張りましょう!

2014年03月25日

●radiko、越境聴取に対応。

0325.jpg
KBCも、TOKYO FMも全国で聴ける!

4月1日から、IPサイマルラジオサービス・radiko
全国60のラジオ局の放送を、全国で配信します。
エリアフリーサービスは有料で、月額378円です。

これまでは、一部の有料アプリで
FMラジオ局の越境聴取が出来ていましたが、
このradikoのエリアフリーサービスには、AMラジオも参加しています。
僕がラジオマンとしてのキャリアをスタートさせたKBC九州朝日放送
現在弊社・株式会社SEVENが「Aloha Weekend」を制作しているLOVE FM
全国でお楽しみ頂けます。

インターネットのおかげで、ラジオはもっともっと面白くなります。
この技術の進化は、眼を見張るものがありますね。
このニュースで、ふと昔のことを思い出しました。

KBC時代、プロ野球の実況音声を携帯電話にサイマルで送る企画を手がけました。
球場からのQテイクでCMバンクを専用のものに自動で切り替えるなど、技術的に大変でした。
権利処理はかなり簡素で、球団への放送権料の付帯としてかなり安く仕切ってもらいました。
(コンテンツの価値が飛躍的に高まった今では、あの条件では絶対ムリだろうな。)

あの時は、営業・編成・技術・スポーツ部がガッチリ手を組んで、
大ヒット企画を産めたと自負しています。
僕がKBCを未だに愛してやまないのは、あのチームワークがあったからこそ。
利用者の平均利用時間を算出し、実況アナは60秒に1度得点経過を入れてくれました。
技術さんは専用機材の開発、回線の交渉などを鮮やかにクリアしてくれました。
あの時、クライアントの通話料収入は、KBCへの支払いを超えるほどだったのです。
iモード前夜。ホークス初優勝の年の忘れられない仕事です。

この件に限らず、KBCの先輩方や同僚は、若かった僕の思いつきを
それぞれの専門領域で具現化してくれました。
上司は危険な企画でも「やってみろ!」と背中を押してくれましたし、
失敗した時は一緒に謝罪に行ってくれて「お前は反省しても萎縮はするな」と励ましてくれました。
本当に素晴らしい局なんです。

いま時々、お客様に「なぜラジオにこだわるの?」と聞かれます。

それは僕がKBCラジオ出身だからですよ。
当時の上司・先輩・同期・後輩のおかげで、ラジオを一生の仕事と決めるくらい楽しめたからですよ…と
心のなかで思っています。

そんなKBCが、4月から全国で聴けます。
どうぞradikoへ!

※ちなみに僕が出演している「週刊 日経トレンディ」は
 今でも、これからも、radikoで無料で聴けますよ。
 毎週月曜日・16:45から。ラジオNIKKEI第1放送です!

2014年03月22日

●ストレス。

IMG_4251.jpg

2月は弊社の期末。3月は多くのお取引先の期末ということで
この2ヶ月間はどうしても忙しくなります。
しかも新年度がスタートしたばかりのこの時期は
事業の先行きだとか、案件の去就などが不安になって
なかなか精神的にはタフな状況が続きます。

加えて、チビと触れ合う時間が不足するのも悩みの種。
夜は起きている時間には帰ることができませんし、
朝は家事や準備でバタバタしているし…

どうにもストレスフルです。
しかし、頑張らねば!

今日は休日出勤したものの、余り仕事が捗りませんでした。
明日・明後日で取り戻さなければ。
甘えてはいられません。
さあ、帰って一眠りして、明日もしっかり取り組みましょう。

2014年03月05日

●Thanks! 6th Anniversary!

newlogo_for_entry.jpg
今年もこのエントリーをお届けすることができました。
偏に皆さまのおかげです。ありがとうございました!


本日、株式会社SEVENは創立6周年を迎えました。
過去最高益となった第4期、そして増収・黒字で終えることができた第5期に続いて
第6期も増収(前年比115.9%)・黒字で終えることが出来ました。
目標であった3期連続の黒字を達成し、心からホッとしています。

以前もこのブログに書きましたが、
第6期は前年同期比で70%を切るという、厳しい第1四半期からスタートしました。
キャッシュフローも逼迫し、これはもうダメか…とまたまた腹を括らねばならない状況でした。

しかしその苦境を救ってくださったのは、やはり皆さまでした。
第2四半期に入った6月から急激にご発注が増え、
2Qは前年同期比で220%という驚異的な売上を記録。
3Qでもその勢いは止まらず、9月には単月での史上最高売上を達成出来ました。
おかげさまで8月には、「31日間無休」という新記録まで飛び出し(笑)
1Qの不安を完全に払拭することができました。

このストーリーを作ってくださったのは
偏に顧客の皆様、パートナーの皆様、スタッフの皆様、そして家族です。
毎年このエントリーを書く度に痛感しますが、
株式会社SEVENが日々前進できる原動力に、私の力量が占める割合は非常に少ないものです。
零細企業とは思えぬ素晴らしいお客様とパートナー、スタッフのお力が殆どです。
このように皆様から大切にして頂ける株式会社SEVENを、本当に嬉しく思いますし
皆様へのご恩返しを日々意識しなければならないと肝に銘じております。

皆様、本当に、本当にありがとうございました。

これからも、皆様に愛される株式会社SEVENであるように
そして株式会社SEVENが、皆様のお仕事における心強いパートナーになれるように。
誠実に、一所懸命、努力してまいります。

この3月から、株式会社SEVENは第7期に突入しました。
会社の名前にリンクする、とても大切な一年であると考えています。
どうか皆様、2014年の株式会社SEVENも、何卒宜しくお願い致します!

【余談ですが】
来年の3月6日には、株式会社SEVEN創立7周年。
この日に、大切な皆様をお招きしてのパーティが開けるように
これも目標のひとつとして頑張ります。
どうぞ楽しみにお待ちください!

2014年03月01日

●御礼


昨日をもって、株式会社SEVENの第6期が終了しました。
前年同期比で60%という厳しい第一四半期から始まったものの
皆様の多大なるお力添えとご厚意の賜物で
通期売上では前年比115%と、良い形で終えることが出来ました。
残念ながら増益は果たせませんでしたが、
3期連続の増収、3期連続の黒字を達成出来そうです。

苦しい時も、忙しい時も支えてくださった
お客様、パートナー、スタッフの皆様に心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
株式会社SEVENは、皆様のお力で存在する会社です。
その感謝を忘れずに、新年度も邁進して参ります。
どうぞ第7期の株式会社SEVENも、宜しくお願い致します。

昨年度、弊社が携わったコンテンツは
国内46のラジオ局から発信されました。
新年度は、より多くのラジオ局とお仕事が出来るように
有益なコンテンツを発信出来るように頑張ります。
皆様からのご相談、お待ちしております!

2014年01月22日

●I love you!

_MG_0594.jpg

ちょうど一年前のこの時間から、僕の日常は全て変わりました。
そして、その日常が例えようもなく愛しいものとなりました。
拓真、1歳の誕生日おめでとう!
パパとママを選んでくれて、本当にありがとう!

2014年01月11日

●また、次の一歩を。

140111.jpg
おつかれさまでした。

株式会社SEVEN創業の記念碑的存在である、初代EeePC
とうとう動かなくなりました。
疾うの昔に引退して、数ヶ月に一度Windows update等の更新だけしていたのですが
無線LAN周りが壊れたようで、何もできなくなりました。

元より、Celelon M(630MHzだっけかな)+RAM1GB+SSD4GBという
今ではiPhone4以下のスペックでしたし、4月にはWindowsXPのサポートも終了しますから
どの道活用のしようも無かったのですが、やはり寂しいですね。

これを購入したのは2008年の2月初め
まさに株式会社SEVENを起ち上げるひと月前でした。
当時はオフィスもなく、これをあちこちに持ち歩いて(渋谷・赤坂のルノアールが多かったなー)
番組の台本や企画書を書いたり、登記のための書類を作ったりしていました。
それ故に、このPCが「創業の記念碑」になっているんですね。

あれからもう6年。
株式会社SEVENも、間もなく第6期を終えます。
第7期に向けて、来週から新しい動きも始まりますし
長く続いている案件も、それぞれに動きが出ています。
それぞれに向き合う時に、6年前の創業の志を忘れずに
フレッシュな気持ちで臨みたいですね。

ありがとう、EeePC。
おつかれさまでした。

2014年01月01日

●新年のご挨拶

20140101.jpg

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

私が正月を過ごす福岡市は、
これぞ日本のお正月!と云いたくなる穏やかな晴天で
寒さもなく、
明るい一年を予兆させる一日となっております。

昨年は株価も大幅に上昇し、
本格的な実体経済の好調を期待させます。
勿論、外交の緊張や増税など、懸念もありますが
先ずは経済的体力を恢復し、震災被災地の復興などにも弾みをつけるため
明るく、元気良く、日々日本経済に参画したいと思います。

一方、弊社・株式会社SEVENにつきましては
いよいよ社名に因む第7期を迎えますが
それ相応しい成長を目指し、一所懸命努力致します。

個人的には、間もなく一歳を迎える我が子の成長を楽しみつつ、
良き父、良き夫としても
悔いなく日々を送りたいと思います。

それらをお支えくださる
私のまわりの素晴らしい皆様には、
日々ご恩を忘れず、幸せを祈り、
仕事などを通じて貢献できるよう
誠実に歩む所存です。
どうぞ本年も、何卒宜しくお願い致します。

末筆になりましたが、
寒い日が続き、暮れにはインフルエンザが流行期に入ったとの
報道がありました。
大切な皆さまにおかれましては、
御身ご自愛くださいませ。

平成26年、2014年も
手を相携え、幸せを築いて参りましょう。
どうぞ宜しくお願い致します!

※写真は、本日午後撮影したものです。
福岡市民の憩いの森、油山から市内を撮影いたしました。

2013年12月30日

●今年もお世話になりました。

20131230.JPG
この日から、僕の日常は一変しました。

福岡での仕事を終え、実家で過ごしています。
この一年を振り返ると、やはり何よりも大きなトピックだったのが、息子の誕生。
あの日、溜池での収録を終え、駅でも空港でも走りに走って福岡の病院に向かったのが
遠い昔のように思えます。

彼のお陰で、一年を一所懸命に駆け抜けることができました。
そして皆様のおかげで、株式会社SEVENも順調に第6期を進んでおります。
本当にありがとうございました。

勿論、日々の暮らしや仕事の中には
楽しいことだけではなく、苦しいことや辛いこと、反省が必要なものもたくさんあります。
それらを振り返り、来年の糧とする年末年始休暇を過ごしたいと思います。

今年もお世話になりました。
皆様に於かれましては、良いお年をお迎えください。
それでは、また来年も何卒宜しくお願い致します!

201312302.JPG
上の写真から11ヶ月強。チビはこんな風になりました。

2013年12月23日

●2013年のラストスパート

20131223.jpg
先日、カミさんに盗撮されておりました(笑)

個人的に「激動の一年」だった2013年も、間もなくゴール。
今年は珍しく、仕事納めは郷里の福岡で迎えます。
吉井和哉さんのファンミーティング会場で、公開収録などを行います。
マリンメッセの年末ライブの後、Zepp福岡で朝までコースです。
放送局の社員だった頃は、会社で年越しをすることが多かったのですが、
ちょっとその頃の雰囲気を思い出したりしています。

その後、東京組のスタッフを見送ったり、
当地のお仕事関係の方との会食などがあって、大晦日からオフ。
折角なので、久し振りに三瀬峠までドライブして
三瀬そばで年越しそばを買って、熊の川温泉にでも浸かるべいか…と
いろいろ考えています。

…とは言っても、チビが生まれて最初のお正月。
孫フィーバーの親や親戚も待ち構えていますから
実際には慌ただしい年末年始休暇になりそうです。

皆さんは、もうご予定はお決まりですか?
残り一週間、一所懸命頑張りましょう!

2013年12月13日

●想いを贈り、喜びを得る。

子どもへのプレゼントを考えることは
こんなにも楽しく、嬉しい時間だったのかと驚く。

もうすぐクリスマスですね。

image.jpg
先日、初めて家族三人で旅しました。
車窓からの北陸の眺めは、息子の目にどう映ったのでしょう。

2013年11月27日

●謹告

2013年11月29日(金曜日)より、12月1日(月曜日)まで
株式会社SEVENは休業とさせて頂きます。
ご面倒をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

2013年11月12日

●長生きの理由。

20131112.jpg
9ヶ月と12日で、チビは自立するようになりました。
気づくとリビングに突っ立って窓の外を観ていたりします。

昨日、43歳になりました。
facebookを中心に、たくさんの方々からお祝いのお言葉を賜りました。
半蔵門のSさんからはすっかりご馳走になってしまいまして、恐縮しきりです。
皆さん、本当にありがとうございました。

実は不惑を過ぎて最近まで、長生きはしたくないと思っていました。
老醜を怖れ…というとまだ格好がつきますが、
人生ってハードだよなぁ。これで歳喰ったらもっと辛いなァ、なんていう
随分ヘタレた考えに拠るものです。
ですから、長生きしたいと曰うお年寄りなんかを見ると
なんで!?と不思議でしかたなかったのです。

ただ、1月に息子が生まれ
日々(誇張ではなく、ホントに!)何かしら成長を見せてくれる彼と触れ合っていると
彼が幼少期、青年期を経て、どんな大人になるのか。どんな人間になるのかを
ずっと傍で見ていたい、と願うようになりました。

子どもの存在は、死生観すら覆すのかと驚くばかりです。

最近は、2020年の東京五輪の頃を夢想します。
秋晴れの空の下、新しい国立競技場のスタンドで
小学校に入ったばかりのチビと一緒に、世界のアスリートの活躍を応援するという内容です。
彼が大人になる頃には、住む場所も働く場所も、国境は関係なくなるでしょう。
だからこそ、世界の広さや素晴らしさを、五輪や様々な機会を通じて伝えたい…
早くもそんなことを考えています。

その為にも僕自身が、一日一日を大事にして、充実した人生を歩みたいと思います。
どうぞ新しい一年も、何卒宜しくお願い致します!

2013年10月09日

●いつの間にか

秋本番。日中暑い日も、朝晩は肌寒いほどですね。

創業以来最高水準の慌ただしい夏を何とか走り抜けたものの
連休を取るほどの余裕は未だ持てない最近。
夏場の出張シリーズ(軽井沢やら福岡やら大阪、浜松など)では
いずれも現地滞在時間が数時間のレベルだったので
先週公開放送を行った「吉井和哉チャンネル」の大阪出張では
なんとか神戸とか名古屋に寄り道したいな…と思っていました。

ところがそうは問屋が卸さない。
打ち上げで1時過ぎまで飲んだ翌朝は6時過ぎに起床して
ハワイのスタッフと電話打合せ→朝食後に企画書を作成、
最後は東京から急ぎの作業要請が…(^O^;)
結局、梅田の阪神百貨店地下・スナックパークで、名物のイカ焼きを食べただけで
新幹線を繰り上げて帰京したのでした。
(しかも新幹線の車内でも仕事…)

流石に「忙しすぎてヘコむ」という珍しい精神状態に陥ったのですが
零細経営者としては、「暇すぎてヘコむ(精神も会社の口座も)」よりは遥かにマシ。
追い回されるくらい、たくさんのお客様にお声掛けを頂けることに
日々感謝・感激しております。
本当にありがとうございます!

最近は、土日出社だけでは時間が足りず
「24時出社」とか「6時出社」といった、最近流行りのエクストリーム出社の仕事版
(それ「エクストリームな時間に出社」じゃんかw)を盛んにしておりますが、
何とかお客様の負託にお応えするべく
自分自身を最大限フル活用して、秋も頑張りぬきたいと思っています。

来週末は、栃木県は佐野市まで出張。
翌土曜日がレギュラー収録のため、道草は食えませんが
気分転換に佐野ラーメンでも食べてこようと思っています。
更にその数日後は、なんとホノルルでCM収録!
…まあ、現地のオペレーションはうちのスタッフにお願いして
僕は東京で編集なんですけどね(笑)
全国を股にかけて働いておりますので、どうぞ各地の皆さま、
株式会社SEVENは東京の会社だ、と決めつけずにご指名下さいませ!

来年こそは、社員を採らなきゃなー。

1009.jpg
最近空いた時間は、すべてチビに注ぎ込む方針です。

2013年09月17日

●師の訃報に接して

熊さん、覚えていますか。
あの、阪神大震災復興支援コンサートが
内々定から一転、ご担当者様の死によって見送られたあの日。

KBCに入社して、あんなに夢中になって企画を建てたのは初めてで
あんなに心を込めて、祈るように企画書を書いたのは初めてで
岸川さんが無理やり1月17日のサンパレスをこじ開けてくれて
代理店の支社長さんも、次長さんも「本当にありがとう」って言ってくださって。

だから、あの結論が信じられなくて、余りにも辛くて、悔しくて
ラジオのフロアで泣き叫ぶ僕を
熊さんは首根っこをひっ捕まえて、会社から引きずり出しましたね。

まだ準備中のモツ鍋屋に無理やり入って
落ち着け、落ち着け、とビールを飲ませましたね。
こんなことはまま有る事。時として諦めることも必要だ。
でも、この仕事に懸けた思いだけ忘れずに胸の中に収めておけばいい。
熊さんはそう諭してくれましたね。

熊さん、俺、あの日の企画書
未だに時々読み返すんです。
この世界で戦い続けるために、仕事に想いを込め続けるために
あの日の記憶を、まるごと胸の中に置いておくために。

「お客のところには一日に三回行け。行く理由がなくても、居場所がなくても行け。」と言われて
最初はなんて理不尽なことをいうオッサンだ、って思いました。
でも、あの大手門の代理店でそれをやり続けたある日、S課長から
「お前いい加減にしろ!この案件くれてやるから会社に帰れ!」と笑顔で発注書を貰った時
熊さんに心から感謝したこと、昨日のことのように思い出します。

別府橋にご自宅があった頃、一度お休みの日にお邪魔しましたね。
奥様が美味しいご馳走を作ってくださって、はにかみ屋さんの娘さんとおしゃべりして。
何を話したかはもう思い出せないけど、あの日の帰り道、
嬉しかったことは忘れません。

熊さん、覚えていますか?
チャリティ・ミュージックソンの企画で、熊さんがデタラメな企画で売ってきて
朝一番でGさんと喧嘩になった時。
「俺は看板ば作るっちゃ言うとらんばい。看板みたいなのば作るって言ったとばい。
G、あんたワープロでチャチャッと打っとかんね」と言い放った熊さんに
僕が吹き出して、Gさんも熊さんも思わずつられ笑いして。
あんなに大笑いしたのもなかなかなかったですね。
結局Gさんが色々無理をして、会場にはちゃんと看板があったんじゃなかったかな。

熊さん、まだまだありますよ。
スポンサーの名前を平気で間違えたり、お客に電話する時、名乗るのはいつも最後だったり
酔っ払うとモツ鍋になんでもかんでも放り込んだり
見た目はその筋の人みたいな強面なのに、テニスが大好きで、奥様ともテニスコートで出会って。
笑うと博多仁和加にそっくりで、誰からも好かれていて、営業部員はみんな熊さんのモノマネして。

俺が熊さんのモノマネで、「ダブルバスターズ」のコントコーナーに出演して
それを聴いていたFさんが脱輪しそうになった時も
熊さんはにやーっと笑いながら
「お前、俺に著作権料ば払わないかんめーもん」と笑ったこと。

熊さん。
熊さんとの思い出は、俺の駆け出し時代の
恥ずかしくて、ダサくて、でもキラキラしていた頃とキッチリかぶってるんです。
嬉しかったことも、悔しかったことも
笑ったことも、泣いたことも
全部全部、その傍に熊さんが居たんです。

熊さん。
僕は熊さんを始め、KBCの先輩方に、ラジオマンの基礎を作って頂きました。
いまこうして、東京で独立してラジオの仕事を出来ているのは
熊さん達大先輩の薫陶があったからです。

でも俺、まだ一人前になれたと思えないです。
あの頃の熊さんみたいに、強くて優しくて、デタラメなのに誰からも愛されるような
そんなラジオマンにはなれてないですもん。
でも、一人で歩いて行かないとダメですよね。
頂いたものを、次の世代に渡していかなきゃいけないですもんね。

熊さん、俺、頑張ります。
熊さんみたいな大人物にはなれませんけど
スポンサーの前で社名を間違っても平然とはできないけど
そんな時の、あの茶目っ気たっぷりの笑顔ができるようには
しっかり頑張ります。

いつか……まだ時間は当分かかるけど
お会いできた時には、またモツ鍋つつきましょう。
でも俺、あんまりお酒は強くないままだから
潰さないでくださいよ。
それまで、俺がサボらないように
くじけないように
見守っていて下さい。

熊さん。
熊さんは、俺のラジオマンとしての
そして人生の先生でした。

本当にありがとうございました。
ゆっくり休んで、旨い芋焼酎を飲んで下さい。

2013年09月02日

●下半期に突入!

9月に入りましたね。
株式会社SEVENは一般的な会社と違い、3月に年度が始まるので
先月末を以って上半期が終了しました。
結果は売上で前年同期比130%ちょっと。
第1四半期の大不振を考えれば、まず合格点を付けられると思います。

とはいえ、利益率はかなり低下していますし
まだまだ頑張らなければなりません。
一応現時点では、第3四半期は比較的好調で
予定通りに行けば前年同期比で100%を超える筈ですが
なんと言っても弊社の場合、各放送局の10月改編を乗りきれるか…という問題があるので
安心は出来ません。
数少ない案件で、業績が大きく左右されるという弊社の悪癖は改善されていませんし、
また、幾つかの大規模案件の利益率が非常に低いのも問題です。

それに第4四半期は、現時点ではかなり厳しい数字。
昨年度は下半期でスコアメイキングしているので、
第2四半期と同等か、或いはそれ以上の努力が必要です。

先週末、久し振りにゆっくり過ごしたからか
却って夏の疲れが出てしまった感のある月曜日の夜。
冷静に数字を分析し、気力と体力を奮い立たせなければなりません。
何としても今年度も前年越え、3期連続の黒字を果たさなければ。
メディア各社の皆さま、株式会社SEVENは下期も皆さまのオファーをお待ちしております!(←営業)

20130902.jpg
最近のチビ。もう歯も生えてきて、
伝い歩きができるようになりました!

2013年08月28日

●波光きらめく果て

20130828.JPG
今月出張で、久し振りに大学の傍まで行きました。
懐かしかったなあ。

…というと、映画か小説のタイトルでしたか。

ここ数日、朝晩の東京は調子が狂うほど涼しいですが
今夏も本当に暑かったですね。
炎暑の中、必死に仕事をしていたらもう8月も終わり。
今月は一日も休みがありませんでした。商売繁盛で幸せと思うようにしています(笑)

で、ふと思い立って
ある曲を引っ張りだして聴いています。
20代の半ば、夏のドライブの時に、カーステレオで鳴らしていた曲です。

もうその時何をしたか、だとか
何を食べて、何を話したか、なんてものは思い出せません。
ただ、夏を迎えて華やいだ気分と、このメロディだけ。
それらが、遠い沖合できらめく波光のように、美しく見えます。

或いは大学最後の夏休み。大はしゃぎのキャンプの夜。
ペルセウス座流星群の流れ星を仰いだことなども思い出したり。

気がついたら、20代の記憶は遥か遠く
朱夏の只中で、夢の浮島のように
心のなかを漂っています。

いまの暮らしに不満がある訳ではないし、
ガッチリと会社や家庭を支える覚悟は持っていますが
一日だけ、あの日に還ったなら…なんてことを考えます。

もうトシなんですかねェ(笑)

2013年08月13日

●古いPCの活用法

20130813.jpg
この快適さは感激モノ。

さて、世の中的にはお盆休み・夏休みシーズン真っ盛り。
とは云え弊社は一切関係なく、大繁忙期に突入中。
いま数えたら、今月作る番組の数が30本を越えておりました。ありがたいことです。
その他にもキャンペーン事務局の運営やらWeb作業やらを抱えているので
限られた時間やリソースを最大限活用するために、様々な策を講じています。

DropboxやGoogleドキュメント、Skydriveといったクラウド
作業データに何処からでもアクセスできるするようにするだけでなく、
SplashtopGoogleリモートデスクトップを使って、自宅やモバイル用のノートPC、
あるいはiPhoneやiPadといったモバイルデバイスからそれらを作業できるようにしています。
自宅も事務所もWi-Fi化し、外出先ではLTEのモバイルルータ。
事務局問い合わせ用の電話はSkype Inを使って、これまた複数の端末から受発信できるようにして
FAXはeFaxでデータ化すると同時に、これもフリーアクセスにしています。

そんなクラウドオタク・モバイルオタクなトライに、強力な助っ人が現れました。
スマホやタブレットで活躍していたリモートデスクトップアプリ・Splashtop Personal
Windowsなどのパソコンでも使えるようになったのです。

自宅や外出先のPCから、事務所の母艦PCにアクセスする…というのは
Googleリモートデスクトップで既に実現出来ていましたが、
このサービス、一部のファイアウォール環境下ではアクセス出来ない問題がありました。
いま、毎週一日だけ某放送局に常駐しているのですが
この会社のファイアウォールは乗り越えられなかったのです。
そこで、母艦にアクセスする必要がある時は、同社のWi-Fiではなく、
自前のモバイルルータを使っていました。

ところがこのSplashtopだと、余裕でアクセスできるのです。これは超便利!
常駐先には、以前使っていたCore 2 Duo(U7700/1.3GHz)を積んだVAIOを置いているのですが
このノートPCから母艦にアクセスし、全画面表示で使っています。
冒頭の写真はその模様。Googleリモートデスクトップに比べて、アクセス中だと知らせる表示が
最小限なので、まるでローカルPCを操作しているかのように母艦PCを使えるのです。

2013081302.jpg
これは事務所の別のPCから、Splashtop Personalで
母艦にアクセスした画面のキャプチャ。解像度は落ちますが、
リモート接続の違和感は少なめです。(画像はクリックで拡大)

回線状況さえちゃんとしていれば、リモート接続だと気づかないレベルのこのアプリ。
何がいいかと言うと、ローカルPCの性能に関係なく作業ができるということ。
C2Dでは難しい音声編集や、大容量ファイルのエンコードなども余裕です。
ネット環境さえ整えれば、古いPCでも、主力機と同等のパフォーマンスで活用出来ます。
(実際に操作しているのは主力機そのものですから当たり前なのですが)
手許のPCには、ネットに繋がることと、モニタしか要求されないわけです。

そのような形でファイルを編集した後は、ファイルをクラウドのフォルダに収容すれば
ローカルでも処理できるようになります。その必要もないかもしれませんが…。

僕のように、自宅、事務所、外出先、常駐先と様々な環境で作業するひとには
このようなシステム構成はお勧めですよ!

2013年08月06日

●Keep on running!

一ヶ月ぶりの更新。最近サボってますなぁ…。
主な理由は最近時計を買っていないからですが(^O^;) 仕事が忙しいということもあります。

前回のエントリーでも書いたように、厳しい立ち上がりとなった今期。
第一四半期は前年同期比で70%を割り込み、特に最初の2ヶ月(3-4月)は
60%を維持するのもやっと、という感じでした。

ところが第二四半期でいきなり持ち直し、この2Qに関しては前年同期比で210%超。
上半期トータルでも前年同期比130%を突破しました。
おかげさまでこの8月はドタバタ。今週後半からは久し振りに出張シリーズが始まり、
福岡や浜松、大阪や軽井沢などを駆けまわります。
たくさんのお客様やパートナーに支えられて、何とか上期はクリア。
本当にありがたいことです。

とは言え、下半期は現時点で60%ちょっと。
まあ、まだ始まってもいないので当たり前といえばそうなのですが
前期(第5期)は下半期で通期売上の6割を稼いでいるので、全体で見ればまだまだ。
可能であれば、今期借り入れた銀行融資を期中に返済してしまいたいので
ここで安心せず、更に加速していこうと決意しています。

現在株式会社SEVENでは、番組制作事業だけでなく
全国のラジオ局のメディアバイイング(スポット/タイム)も積極的に手がけています。
特にいまは、全国で聴取可能な某ラジオ局が非常にコストパフォーマンスが高いので
強力にお勧めしています。
タイムに関しては、弊社が責任制作致しますし、
地方局1局並みのコストで幅広く全国にメッセージを届けることもできますので
全国への商品/サービスのアピールをお考えの皆さま、ぜひ弊社にご相談下さい!

2013年07月07日

●夏を走れ!

20130706_1.jpg
平年より15日も早く梅雨明けした関東甲信地方。
梅雨明け宣言の日の東京の空はこんな感じでした。

きょうは三週間ぶりのお休み。最近バタバタしています。
見込んでいた案件の継続を果たせなかったことで、
SEVENの2013年度第一四半期(3-5月)は久しぶりに厳しい立ち上がりとなりました。
新規案件もなく、5月には早くも運転資金が枯渇し始め、
已む無く追加の銀行融資を受けることになりました。
第4期・第5期と連続黒字を果たし、銀行債務も年内に完済の予定でしたので、
第6期突入前は「新年度は社員を採用して、無借金経営に転じて…」と夢いっぱい状態。
それ故に、無念極まりない決断でした。
ごく少ない案件に大きな影響を受けてしまう、弊社の体質をなかなか転換できないことに
忸怩たる思いが拭えませんでした。

しかし融資が決定し、実行される前後から新規案件が舞い込み始め
あっという間にドタバタモードに。第二四半期は早くも前年を越えています。
まだ安定軌道に乗った訳ではありませんので、気を引き締めなければなりませんが
光明が見え始めたような印象を持っています。
また、いずれの案件も日頃から僕のことを心配し、目にかけて下さる沢山の方々が
努力して持ち込んで下さったものですから、そのご恩を忘れず、真摯に取り組みます。
本当にいつもありがとうございます!

前向きに考えれば、第一四半期の閑古鳥は
その分、1月に生まれた子どもとの時間の確保に繋がりましたし、
それぞれの現象には、功罪両面があるのだとも考えています。
だからこそ慌ただしい現状に感謝しつつ、好事魔多しを胸に留めて
慎重に、慢心無く進めて行きたいと思います。

今夏は、4年連続の猛暑になるとか。
体調管理に注意しつつ、仕事も、子育ても楽しんで取り組みます。
どうぞ皆様もご一緒に、いい夏にしましょう!


20130706_2.jpg
チビはおかげさまで大変元気。父母同様よく笑う子です。
最近は寝返りがマイブームのようで、いつも転がっています。

2013年06月06日

●進化の速度

0606.jpg

写真のパソコンは、ASUSのEeePC 4G-X。
今は無き「ネットブック」の始祖であるマシンです。
Atom第一世代ですらない、Intel Cerelon M(900MHz)を搭載し、WinXPを駆動します。
2008年の1月の終わりに発売され、僕は株式会社SEVEN創業直前の2月に購入しました。
創業時は事務所もなく、渋谷や赤坂のルノアールで
この小さくロースペックなマシンを使いながら、番組の台本などを書いていました。
(当時のこのブログの記事を読むと、福岡のベスト電器本店で買ったんですねー。)

実際にこのマシンが現役だった時間は短く、1年ほど。
その後かなりの台数のPCを購入しましたが、この4G-Xだけは手放さず
月に一度程度電源を入れ、各種ソフトウェアの更新をしています。
バッテリもダメになっていますし、もう実戦稼働することは無いのですが
創業の記念碑的な位置付けになっているんですね。

この5年ほどで、ネットブックからスマホやタブレット、そしてウルトラブックなど
新しい商品ジャンルが登場し、市場に浸透しました。
僕も今は、同じASUSのCore i7のウルトラブックと、iPad(第3世代)が外出時の主力です。
どちらも非常に快適に使えて、番組の編集や母艦PCの遠隔起動・操作まで可能です。
4G-Xは、同じ写真の旧世代Androidタブレット(Acer ICONIA Tab A500)にすら
機能的に及びません。あの頃、よくこんなので仕事出来ていたなと思います。

ただ、事務所もなく、安物のパソコンで喫茶店に籠城していた頃の方が
今よりも真っ直ぐに仕事出来ていたのではないか、などとも考えています。
事務所を構え、機材もひと通り揃え、社用車(三輪だけど)もありながら
現状に強い閉塞感を感じ、同時に久しぶりの危機的状況に焦りを感じています。
それは、「会社を創り、それを大きくしていく」という目的から
「現状維持でも、確実な売上と利益を上げていく」という目的への移行が原因では無いかと
個人的には考えています。

家族も増えたし、組織の拡大は難しいし、資金も無いし…などと
言い訳めいた考えが自分の中に明確に存在している。
それぞれは正しい事情だけど、そこに負けてしまっているような気がします。

前年度末には想像もしなかったピンチに、日々焦燥感と共に過ごしていますが
こんな時だからこそ、今一度創業の意志を確認しなければならないと感じています。
コンピューターの進化になんぞ負けてたまるか!(笑)

創業6年目、42歳。まだまだ進化が必要です!

flag.gif
折角掲げた自分の旗だもの。簡単に降ろせるか!

2013年04月30日

●言霊。


「てふてふが一匹 韃靼海峡を渡つて行つた」

                       (安西冬衛 「春」)


学校の教科書で習ったときから好きな詩です。

蝶は何を思い、飛んでいるのか。
その解釈は、この詩を思い出す度に変わっていくような気がします。

新たな地平を目指すのか。
何かから逃避するのか。
あるいは考えなしに、ただ彷徨っているのか。


いままた久し振りに、この詩を考えています。
今度はどのように解釈するのでしょうか。


2013年04月15日

●まさかねぇ。

20130415.jpg
「実際のところ、どうなのよ?ぼっちゃん。」
「ん?」

さて、我が息子が喃語を話し始めました。
まだ母音+アルファ程度しか発生できず、「あうー」とか「うぇー」などと
むにゃむにゃ言っています。
それに対してオウム返ししてみたり、普通に話しかけたりしています。
特に朝はよく喋るので、家事の合間に会話?したりしているのですが…

数日前にいつも通り「おはよう!」と話しかけたところ
「おあよー!」と言うのです。
驚いて、妻とともに複数日に亘って何度も話しかけているのですが
やはり「おあよー」と言っているような…。

まだ3ヶ月にもなっていませんので、偶然そう聴こえているだけなのかな?と
自分の耳を疑いつつも、やはりそこは親の欲目。この子は天才じゃないか?などとも思っています。
実際のところはどうなんでしょうねぇ…。

【で、久し振りに時計の話題も。】

最近暖かい日が増えて、メタルブレスの時計の出動が増えています。
ラインナップ的にはこのへんと、色違いで揃えているJ.SPRINGSあたりになるのですが、
最近またぞろセイコーファイブが欲しくなっております。
特に2011年に発売された、セイコー130周年記念モデルのSARZ010。
2010年にデビューした新ムーブ・4R36(6振動/手巻き・秒針規制つき)に興味があり…。
実用機械式時計のスタンダード、一本は欲しいなあと。
本来は5,000円程度で買うものですが、折角ならとアニバーサリーの限定モデルに惹かれています。
黒IPの時計って持ってないし。
どうしようかな…。

sarz010.jpg
これです。
ベゼルやインデックスの桃金は、桜をイメージしているとか。

2013年04月09日

●新番組のお知らせなど。

verisone.jpg
Podcastは毎週火曜日11時。
ラジオはラジオNIKKEI第一放送で同日16:45からです!

さて、最近家事&育児に追われ
このブログもあまり更新できておりませんが、仕事も頑張っております。
その中でご紹介するのが、「日経ヴェリタス・曽根純恵のナルホドそーね」。
ご好評頂いた「日経ヴェリタス 大江麻理子のモヤモヤとーく」が、大江アナのNY転勤で終了し、
その「分かりやすさと親しみやすさ」を引き継いで始まった番組です。
日経CNBC曽根純恵キャスターと、日経ヴェリタス編集部の方々による解説で
経済やマーケットの最新動向と、その分析をお伝えして参ります。

パーソナリティの曽根純恵さんは、とても真面目な方。
トーク中の受け答えに、日頃の勉強の蓄積を感じます。
透き通ったボイスに、清潔感溢れる美貌。たいへん美しい方です。
まだ「ヴェリモヤ風のトーク」ほどにはくだけていませんが、
出演者と、リスナーの皆さんが共にリラックスして楽しめる番組にしたいと思います。
どうぞお聴き下さい!

またこの他にも、働くママ=ワーママのための番組
ワーママラジオ・チャンカータイム」(ラジオNIKKEI第一放送・毎月第3火曜日21:30-)や、
ガイドブックに載らない、ディープな北海道情報をお届けする
「北海道探求ラジオ・北海道通への道」(ラジオNIKKEI第一放送・毎月第2日曜日21:30-)なども
担当しております。お時間ありましたらお聴き下さい。

また、すっかり長寿番組となった「週刊 日経トレンディ」も
引き続き、構成&アシスタントを担当しております。こちらもぜひ。

ちなみにうちのチビは、生後2ヶ月半が経過しました。
喃語も出始め、朝起きた時や、帰宅して抱き上げた時の笑顔に癒されております。
寝付きが悪い時や、ママに甘えられない時のギャン泣きには手を焼くことも屡々ですが、
日々の成長を楽しみながら、妻を助け、良き父親になれるよう頑張ります!

20130409.jpg
寝かしつけた時、腕の中で夢を見ているのか、ウフフフフ…と笑う時があります。
それが最高に可愛いのです。

2013年03月06日

●Thanks! 5th Anniversary!

newlogo_for_entry.jpg
毎年このエントリーを書けるのは、日々助けて下さる皆様のおかげです。
私と弊社は、皆様の愛情と誠意で創られています。ありがとうございます!


本日、株式会社SEVENは創立5周年を迎えました。
厳しい結果に終わった第3期から、過去最高益で終えることが出来た第4期を経て
第5期は増収・営業予算達成(101.5%)となりました。
利益についてはこれからの決算作業で明らかになりますが、黒字で終えることが出来ると思います。

この1年間の仕事には、楽しい記憶も、苦い反省もたくさん含まれています。
特に弊社の年度末である2月には、進退を考えるほどの酷い仕事をしてしまい
ご信頼を頂いている沢山の方々にご迷惑をお掛けしてしまいました。
この後悔と反省は、僕がこの仕事をする限り、決して忘れてはなりません。

しかし、会社として「増収・黒字」という及第点を得ることが出来たのは
偏にお客様、ビジネスパートナーの皆様、そしてスタッフの皆さん、家族のおかげです。
無為徒食の私を支え、励まし、勇気づけて下さる皆様の顔が浮かびます。
私と株式会社SEVENは、皆様の愛情と誠意で創られています。
本当にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

今年度は、お客様とビジネスパートナーの皆様、スタッフの皆さん、
そして家族と自身の利益や幸福だけでなく、
社会…日本の経済に貢献できる仕事を必ず創り出したいと決意しています。
弊社だからこそ出来ること。日本の経済を盛り上げていくために出来ること。
これを何としても明確な形として打ち立てたいと考えています。
その過程では、皆様にまたお力添えをお願いすることもあると思いますが
どうぞ何卒宜しくお願い致します。

最近知ったなかに、ダイエーの創業者・中内功さんの言葉があります。

「馬鹿と天才とは、この世に存在することはまれである。
  全てが我々凡人の世界である。
   その中で半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つ事が大切である。」

自身に凡人たるの才があるかさえ、自信が持てぬ時もありますが
半歩前に進む勇気を以って、第6期・2013年も突き進んで参ります。
どうぞ皆様、今年度も株式会社SEVENと縫 崇を宜しくお願い致します。
皆様に価値あるものをお納めできるよう精進し、愛情と至誠を忘れずに邁進いたします!

2013年02月10日

●やっぱり一緒がいい。

三連休ってなんですか?(泣)

…ということで、昨日も今日も休日出勤。
明日は朝から銀座でイベント現場でございます。
しかも木曜日には9時間の生放送特番が控えているので
その準備でてんてこ舞い。
あ、特番、ぜひお聴きの上ご参加下さいませ!
バレンタイン特番なのですが、この番組では番組のTwitterアカウントにメッセージを送ると
可能な限り番組内でご紹介。パーソナリティがあなたに代わって
メッセージを電波に乗せてお届けします。
恋人や夫婦に限らず、友だちや家族、同僚や上司部下、飼ってるペットまで
幅広く「愛あるメッセージ」をお待ちしております。
リクエストも募集していますよ!

また週末には別の生番組などもあり、眼が回りそうなのですが
やはり日々気になるのは子どものこと。
妻も大変なので、2日に1回のペースでFaceTimeで息子を見ているのですが
先ほど仕事の休憩時に繋いだら、空腹で大泣きしている最中。
その泣き方が一週間前とは大きく変化して、本格的になっていました。
一週間前の日曜日、福岡への日帰りを強行した時までは
なんとも頼りない、かそけき泣き方だったのに。
男子三日会わざれば刮目して見よ、よりも速く
子どもは日々成長しているようです。

スケジュールはパンパンですし、会社的には期末ですから
またぞろ福岡に帰る!というのはそうそう出来ないのですが、
あの泣き声で、再び会いたい気持ちが抱えきれないほどになっています。

早く帰ってきてくれないかなあ。
家族三人で、早く毎日を過ごしたいなあ。

130210.jpg

2013年01月30日

●今月3回目の

徹夜がほぼ決定的になったので、半ばヤケ気味で更新(笑)

大変ありがたいことに、最近猛烈な忙しさ。
東京での業務を再開した1月7日から2日間で、5件の仕事が舞い込んで
更にその後もバタバタと案件が。
昨年11月の終わりに、このブログで
今期の売上予算の達成は難しい…と書いたのですが、
期末まであと1ヶ月の時点で、達成率99%に近づいて来ました。
あと一息です!
これも、日頃から僕のことを気にかけて下さるたくさんのありがたいお客様と、
僕を支えて下さるスタッフ・パートナーの皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。

そんな中で、息子が生まれた先週の火曜・水曜と
その週末に福岡に帰ったりしていたので、まあ徹夜は仕方ないですね。
デスクに置いている2台のPCやiPhone、iPadの壁紙を息子の写真に替え
(これまでは全てブレゲの写真でした 笑)
フォトスタンドも用意して、写真の息子に話しかけながら日々過ごしています。

残念ながら、これから暫くは福岡に帰る時間は無さそうですが、
妻と息子が帰ってくるまでの1ヶ月、会社が第5期を終えるまでの1ヶ月を
精一杯走り抜けようと思います。
42歳の春を、人生で一番幸せな春にするために!

tehepero.jpg
いま一番お気に入りの写真です。
「てへぺろ♪」って感じでしょ?(^O^;)

あ、今年の春は
家族3人で、青山の桜を観たいなぁ。

2013年01月22日

●Birth

721075459.jpg

2013年1月22日火曜日 17時38分。

世界でいちばん大切なひと、がもう一人増えました。

生まれてきてくれて、ありがとう。

お父さん、頑張るからね。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages