時計趣味者のアーカイブ

ALBA AQGK418

時計蒐集が趣味になって長い。
中学生の頃から始まったそれは、CASIOのデータバンクやPERAといった
デジタル時計から始まり、G-SHOCK(これは然程ハマらなかった)や
Swatch、アナデジ、アニエス・ベーなどのライセンスウォッチを経由して機械式時計に至る。

機械式時計もスイス製からドイツやロシアなどに対象が拡大していき
最後に国産に還り、最近はスプリングドライブだとかソーラー発電とか
ちょっと毛色の違うものを集めている。

振り返ると、私の時計趣味は
・多機能だったり、ユニークな機能が搭載されている系統
・デザインが綺麗な系統
のふたつに大別できると思う。

先日、博多駅の地下街入り口に掲げてあった看板を見て
ハッと立ちすくんだ(というのは言い過ぎか)
その看板に写っていたALBA AQGK418
私が高校生の頃にお気に入りだった時計に非常に似ていたからだ。

おそらくモデルは違うだろうけれど、系譜としては同一線上。
父が愛用していたクレドールに少し似ていて、
その大人っぽさに惹かれて購入したものだ。
普段遣いしていた時計だから、なにか特別なエピソードがある訳ではないが、最後は革ベルトが汗臭くなって処分したのは覚えている(笑)

齢五十を数え、こういった「時計趣味者のアーカイブ」を
また集めてみようか……などと考えている。
10年前に探していた、人生はじめての腕時計はその数年後に入手した。
このALBAのほかにも、いくつか入手したい時計がある。

70年目の民放ラジオ。

日本の民間放送の雄、中部日本放送がこんなツイートを上げていた。

来年の9月に、日本の民間放送と民間放送ラジオは70歳になるのか。
CBCに遅れること2年4ヶ月後に放送を開始した九州朝日放送は、
今度の元日に放送開始67年を迎える……と。

1993年に僕が九州朝日放送に入社したとき
創立40周年の記念写真帳(卒業アルバムみたいなの)が出たんだよな。
僕がいま、ラジオ人として28年目だから、当たり前ではあるんだけれど
ずいぶん長い時間が経ったのだなと思う。

民放ラジオの歴史の約4割に関与してきた年月には
産業構造の激変、社会構造の激変が結構な量あったし
九州朝日放送、TOKYO FM、CROSS FMと
3つの放送局で働けたことも含めれば
振り返るとそれなりに面白いことも書けそうだけれど
今はまだ、その時ではないと思う。
まだまだ前を向いて進まなければならない。

2020年は、ラジオ人として忘れられない年になると思う。
全ての民放ラジオ局が、経験したことのない苦境にあえいでいる。
発想にも体力にも精神力にも衰えが見え始めたなかで
出口が見えない日々を過ごすのは正直言ってただただ辛いけれど
頑張って未来を切り拓かねば、と思う。

民放ラジオはまだまだ70年目。末端の俺は、28年目。
老け込むようなトシじゃないですね。

毎年この日はブレゲを着けております。去年は修理中でGSだったけどw

ひとり焼肉。

肉の仁義なき戦い

天神西通りに「ひとりで行ける焼肉ファストフード」とうたう店があることは随分前から知っていた。
僕は「いきなりステーキ」があまり好きではなかったので
その隣りにあるこの「焼肉ライク」は系列店だろう、と敬遠していたのだけれど、きょう、不意に、どーしても焼肉が食べたくなったので行ってみた。
確かにカウンターは一人席になっていて、タッチパネルで注文するスタイル。「一蘭」ほどのブロイラー感(あれもキライだ)はなく、接客も良かったので安心。
赤身肉のセットを頼んでみた。

これとご飯とサンチュで1,000円ちょっとだった。お肉は200g

あれま。美味しいじゃないの。
これはもうちょっと早くに足を踏み入れるべきだったなー、と調べてみたら、この「焼肉ライク」は、「牛角」(レインズインターナショナル)の創業者が立ち上げたチェーンとのこと。レインズはもう法人としては3代目だもんね。
2018年8月に東京・新橋に1号店が開店して以降、首都圏から九州まで
店舗網を拡大しているようだ。

実際、Web記事になるくらい「いきなりステーキ」と競合するんだけど
だからって隣に出店するのはスゲぇなあ……と若干引いてしまう。
けれど、お肉を食べたいと思っているお客を捕まえて、かつ競合から
客を奪うには、これ以上の方法はないもんね。
コンビニエンスストアの出店も、なかなかえげつないと聞く。

福岡に帰ってくるまでは、焼き肉といえば自宅近所の
プレミアムカルビというお店がお気に入りだったのだけれど
(ここは「美味い食べ放題」が「ほどほどの価格」なのが良い)
こちらではまだそんなにお店を回れていないので
気軽に食べられる焼肉屋さんを開拓してみよう。

ちなみにステーキだと、福岡なら「肉が一番」がオススメ。
美味しいお肉を安く食べられます。
春吉での単身赴任中に見つけて、いまや一家のお気に入りです。
トリスハイボールが99円なのも素晴らしい(笑)

てなわけで、もう随分長いこと放置していたブログを
1,728日ぶりに更新しました。
もうすぐ50歳、知命の齢になるので
FacebookとかTwitter以外に「書く場所」を作ろうかと。
以前ほど熱心に更新はできないかもしれませんが
のんびりやってみます。

青山進出7周年。

7年前のきょう、2009年2月13日に
株式会社SEVENは初めての事務所を北青山2丁目に構えました
外苑前交差点から神宮球場に向かう、スタジアム通り沿い。
わずか3畳しかないSOHOオフィスでしたが
初めて自分で構えた事務所ということで、とても嬉しかったのを
昨日のことのように思い出します。
その年の11月には、南青山2丁目の現事務所に移転。
大好きな青山の街で、きょうも営業しています。
あと数週間で、弊社は第8期を終えて第9期へ突入。
その直後には創立8周年を迎えます。
青山進出当時の目論見は大きくハズれ、なかなか足腰が強くなりませんが
いつか大きく飛躍できるように
音声コンテンツ領域のトップランナーになれるように
これからも頑張ります!
※現在、私のブログは株式会社SEVENのサイトに移転しております。
 お時間ありましたら、どうぞご覧ください。

I ♥ radio!

ラジオ業界に入って22年目。
2014年は、radiko.jpプレミアムのおかげで
自分の中のラジオ愛みたいなものがより強化された。
もう全国各局の番組がとにかく面白くて
耳が空いている時間は殆どラジオを聴いている。
で、同時に
こんなに楽しいものを、もっとたくさんの人に知ってもらって
日常のなかで楽しんでもらいたい!とより強く思うようになった。
何ができるだろう?と考えていたら
じゃあCM作ってよ、とか
雑誌に書いてみたら、とか
次々にチャンスを頂いて
素晴らしいキャストやスタッフに集まって頂いたり
多忙ななか、取材を受けてくださる方々が現れた。
たくさんの方々が手を差し伸べてくださった。
本当に嬉しい。皆さんありがとうございます。
僕や、僕の会社ができることはそんなに多くないかもしれない。
でも、日本でいちばんラジオが好きな会社として
もっともっとラジオの楽しさをアピールできるように
出来ることを増やしていこう。
ラジオサイコー!!!
なので皆さん、どんどんラジオのお仕事ください(←営業w)
※現在、全国のradiko.jp参加局で、弊社制作のradiko.jpのCMが放送中です。
 20秒「あなたのそばに編」「親子編」「プロ野球編」「耳が旅する編」
 そして40秒「転勤編」の全5種類です。ぜひお聴きください。
※また、現在発売中の「日経トレンディ」8月号(日経BP社)にて
 拙稿「radikoの進化が呼び起こす ラジオの地殻変動」が掲載されています。
 お時間ありましたら、お読み頂ければ幸甚です。

上京12年。

140328.jpg
きょう市ヶ谷駅の近くで、この春初めての桜を観ました!

きょう3月28日は、僕にとっての「上京記念日」です。
12年前のこの日。転勤のため、目黒区の八雲に引っ越してきたんですね。
新居には、まだ布団一組と最低限の着替え、そして仕事道具しか無く
家電製品は確かラジオ一台しかありませんでした。
そのラジオでニッポン放送を聴いて、「おお、東京だ!」なんて思ったことを
思い出します。
そうそう。上京12年で思い出したのですが
日本生命の、岡田准一さんが出演しているCMが好きです。
20代から50代の岡田くんが会話するやつですね。
例えば、23歳・33歳・43歳・53歳の僕がいま集まると…
23歳の僕は、長浜でKBCの2年生社員として、あたふたしています。
なかなか仕事が覚束なくて、ため息をつくことが多い時期でした。
33歳の僕は、半蔵門でTOKYO FMの社員になっています。
ようやく病気から復調し始めた頃でしたね。
会社近くの公園で、千鳥ヶ淵の桜を眺めていたのを思い出します。
43歳の僕は、青山で株式会社SEVENという会社を経営しています。
今日は締め日だったので、切手を大量に舐めて、請求書を発送しています。
23の僕も、33の僕も、ものすごく驚くだろうなあ。
そしていまの僕は、53の僕を見て驚くのでしょうか?
10年後が楽しみです。
この春上京して、新しい生活を始める皆さん
ようこそ東京へ。
時に故郷が恋しくなる日もあるでしょうが
精一杯頑張りましょう!

radiko、越境聴取に対応。

0325.jpg
KBCも、TOKYO FMも全国で聴ける!

4月1日から、IPサイマルラジオサービス・radiko
全国60のラジオ局の放送を、全国で配信します。
エリアフリーサービスは有料で、月額378円です。
これまでは、一部の有料アプリで
FMラジオ局の越境聴取が出来ていましたが、
このradikoのエリアフリーサービスには、AMラジオも参加しています。
僕がラジオマンとしてのキャリアをスタートさせたKBC九州朝日放送
現在弊社・株式会社SEVENが「Aloha Weekend」を制作しているLOVE FM
全国でお楽しみ頂けます。
インターネットのおかげで、ラジオはもっともっと面白くなります。
この技術の進化は、眼を見張るものがありますね。
このニュースで、ふと昔のことを思い出しました。
KBC時代、プロ野球の実況音声を携帯電話にサイマルで送る企画を手がけました。
球場からのQテイクでCMバンクを専用のものに自動で切り替えるなど、技術的に大変でした。
権利処理はかなり簡素で、球団への放送権料の付帯としてかなり安く仕切ってもらいました。
(コンテンツの価値が飛躍的に高まった今では、あの条件では絶対ムリだろうな。)
あの時は、営業・編成・技術・スポーツ部がガッチリ手を組んで、
大ヒット企画を産めたと自負しています。
僕がKBCを未だに愛してやまないのは、あのチームワークがあったからこそ。
利用者の平均利用時間を算出し、実況アナは60秒に1度得点経過を入れてくれました。
技術さんは専用機材の開発、回線の交渉などを鮮やかにクリアしてくれました。
あの時、クライアントの通話料収入は、KBCへの支払いを超えるほどだったのです。
iモード前夜。ホークス初優勝の年の忘れられない仕事です。
この件に限らず、KBCの先輩方や同僚は、若かった僕の思いつきを
それぞれの専門領域で具現化してくれました。
上司は危険な企画でも「やってみろ!」と背中を押してくれましたし、
失敗した時は一緒に謝罪に行ってくれて「お前は反省しても萎縮はするな」と励ましてくれました。
本当に素晴らしい局なんです。
いま時々、お客様に「なぜラジオにこだわるの?」と聞かれます。
それは僕がKBCラジオ出身だからですよ。
当時の上司・先輩・同期・後輩のおかげで、ラジオを一生の仕事と決めるくらい楽しめたからですよ…と
心のなかで思っています。
そんなKBCが、4月から全国で聴けます。
どうぞradikoへ!
※ちなみに僕が出演している「週刊 日経トレンディ」は
 今でも、これからも、radikoで無料で聴けますよ。
 毎週月曜日・16:45から。ラジオNIKKEI第1放送です!

ストレス。

IMG_4251.jpg

2月は弊社の期末。3月は多くのお取引先の期末ということで
この2ヶ月間はどうしても忙しくなります。
しかも新年度がスタートしたばかりのこの時期は
事業の先行きだとか、案件の去就などが不安になって
なかなか精神的にはタフな状況が続きます。
加えて、チビと触れ合う時間が不足するのも悩みの種。
夜は起きている時間には帰ることができませんし、
朝は家事や準備でバタバタしているし…
どうにもストレスフルです。
しかし、頑張らねば!
今日は休日出勤したものの、余り仕事が捗りませんでした。
明日・明後日で取り戻さなければ。
甘えてはいられません。
さあ、帰って一眠りして、明日もしっかり取り組みましょう。

Thanks! 6th Anniversary!

newlogo_for_entry.jpg
今年もこのエントリーをお届けすることができました。
偏に皆さまのおかげです。ありがとうございました!

本日、株式会社SEVENは創立6周年を迎えました。
過去最高益となった第4期、そして増収・黒字で終えることができた第5期に続いて
第6期も増収(前年比115.9%)・黒字で終えることが出来ました。
目標であった3期連続の黒字を達成し、心からホッとしています。
以前もこのブログに書きましたが、
第6期は前年同期比で70%を切るという、厳しい第1四半期からスタートしました。
キャッシュフローも逼迫し、これはもうダメか…とまたまた腹を括らねばならない状況でした。
しかしその苦境を救ってくださったのは、やはり皆さまでした。
第2四半期に入った6月から急激にご発注が増え、
2Qは前年同期比で220%という驚異的な売上を記録。
3Qでもその勢いは止まらず、9月には単月での史上最高売上を達成出来ました。
おかげさまで8月には、「31日間無休」という新記録まで飛び出し(笑)
1Qの不安を完全に払拭することができました。
このストーリーを作ってくださったのは
偏に顧客の皆様、パートナーの皆様、スタッフの皆様、そして家族です。
毎年このエントリーを書く度に痛感しますが、
株式会社SEVENが日々前進できる原動力に、私の力量が占める割合は非常に少ないものです。
零細企業とは思えぬ素晴らしいお客様とパートナー、スタッフのお力が殆どです。
このように皆様から大切にして頂ける株式会社SEVENを、本当に嬉しく思いますし
皆様へのご恩返しを日々意識しなければならないと肝に銘じております。
皆様、本当に、本当にありがとうございました。
これからも、皆様に愛される株式会社SEVENであるように
そして株式会社SEVENが、皆様のお仕事における心強いパートナーになれるように。
誠実に、一所懸命、努力してまいります。
この3月から、株式会社SEVENは第7期に突入しました。
会社の名前にリンクする、とても大切な一年であると考えています。
どうか皆様、2014年の株式会社SEVENも、何卒宜しくお願い致します!
【余談ですが】
来年の3月6日には、株式会社SEVEN創立7周年。
この日に、大切な皆様をお招きしてのパーティが開けるように
これも目標のひとつとして頑張ります。
どうぞ楽しみにお待ちください!

御礼

昨日をもって、株式会社SEVENの第6期が終了しました。
前年同期比で60%という厳しい第一四半期から始まったものの
皆様の多大なるお力添えとご厚意の賜物で
通期売上では前年比115%と、良い形で終えることが出来ました。
残念ながら増益は果たせませんでしたが、
3期連続の増収、3期連続の黒字を達成出来そうです。
苦しい時も、忙しい時も支えてくださった
お客様、パートナー、スタッフの皆様に心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
株式会社SEVENは、皆様のお力で存在する会社です。
その感謝を忘れずに、新年度も邁進して参ります。
どうぞ第7期の株式会社SEVENも、宜しくお願い致します。
昨年度、弊社が携わったコンテンツは
国内46のラジオ局から発信されました。
新年度は、より多くのラジオ局とお仕事が出来るように
有益なコンテンツを発信出来るように頑張ります。
皆様からのご相談、お待ちしております!